FC2ブログ
メタルスライム最高
2007-12-09 Sun 23:30


ふらふら~っと入ったフランフラン。

ぬぁ!

と目に入った一品。
思わず購入ちょうちょうさん。

cho.jpg

似てる~似てる~。
蝶の道行で、まーちゃんの頭に乗っていたちょうちょうさんに似てる~。
それだけで買いました。
ブルーとピンクのちょうちょうさん。
健様とまーちゃんの化身。
そんなわけもなく。
無駄な衝動買い。
あほーあほー。


後ろからライトをあててやると、綺麗になる。

cho2.jpg

似てる~色がピンクならな~。


しかし。



私はこれを買ってどうするのでしょう。

店頭では、めっちゃかっこいいスタンドライトに綺麗に止まっていたちょうちょうさん。
私の部屋で、一体どこに止まるというのか。
結構、それなりのお値段がしましたよ。
夜中に目が覚めて、こわっ!というのがオチですな。
大切にしまっておこう。

それと一緒に購入したおさるさん。

saru.jpg

誰も、まーちゃんに似てる~とは言ってないポケットモンキー。
なんだかかわいかったので購入。
これも一体どうするのさ、私のばか。
だから、目的無く、フランフランに行ったらダメなのよ。
更にこれに加え、ヴィレッジヴァンガードへ行けばえらいことになる。
グッと我慢して帰ったよ。


まあ、いいか。
勝手に、金さんの思い出ということで、
これを見るたびに公演を思い出すことにします。


saru2.jpg

あ~あ~蝶の道行㌧㌧。

別窓    遠山の金さん コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ロケットランチャー
2007-11-30 Fri 23:36

遠山の金さんを楽しんだ後に、書いてみる超雑記。


お題:たたけボンゴ。



マツケンサンバⅡは、紅白でも見て知っていました。

マツケンサンバII
マツケンサンバII

マツケンサンバⅢは、劇場で初めて聞きました。

マツケンサンバIII(通常盤)
マツケンサンバIII(通常盤)

というか、マツケンサンバって全部聞いたら
あんなに長いんだーと思っていたおばかさん。
そこで何を最初に思ったかというと。



バリー・マニロウが見える。


なんてあほなことを考えていました。



コパカバーナ歌ってる人ね。

スコアーズ~コパカバーナ&ハーモニー
スコアーズ~コパカバーナ&ハーモニー

前にもちょっと書いたけど、似てるなーって。

通常版を聞くとそうでもないんだけど、ちょっとアップテンポにしたらというか。
こんな感じで。




びばびば。
ハーネイムワズローラ しーわずしょーがーる。

真ん中辺で出てくるダンサーさんは、ぜひまーちゃんで

かしげさんの舞台があって、そのときに知ったコパカバーナの曲。
劇場で聞いて「おっ!」と思ってました。


バリー・マニロウが舞台で踊ってる。

ウィッキーさんが舞台で踊ってる。

ウイッキーさんのワンポイント英会話。


検索してみたら、作曲家の方がコパカバーナをイメージして作ったという
文字をチラチラ見かけ、私の耳も捨てたもんじゃないなと。

マツケンサンバⅡもコパカバーナに似ていて。
マツケンサンバⅢもコパカバーナに似ていて。
でも、マツケンサンバⅡとⅢは似ていなくて。

マツケンサンバⅡ ≒ コパカバーナ

マツケンサンバⅢ ≒ コパカバーナ

マツケンサンバⅡ ≠ マツケンサンバⅢ

作曲家さん、すごいぜ。
なんにせよ、この曲大好き。
マツケンサンバⅡより好きだ。
ボンゴはサンバで使わなくても。
おーれーおれー。
別窓    遠山の金さん コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
君が通り過ぎたあとに
2007-11-28 Wed 23:17


遠山の金さんを楽しむために、勝手な語り番外編。


お題:おやびん、メシだメシだ!


難波は、めったに行きませんでした。
アウェーです。
そんなところへ行くと、求めてしまう美味しい店。
ということで、ご飯も食べてました。
三軒ほどだけど。


一軒目。
未知の土地。
失敗はしたくないということで、有名どころ。
メントレで健様が美味しいと紹介していた
お好み焼き屋さんの『福太郎』に、大食いの先輩と後輩と突撃。


hukutarou.jpg


サイドメニューも3つくらい頼んでから、それぞれお好み焼きをぱくっ。
ブタ玉。

buta.jpg

写真はないけど、先輩が食べたいというので、有名なねぎ焼きもオーダー。
そうしたら、さすがに食べ過ぎたのか、途中で先輩がギブ。
結局、私が最後まで食べたよ。
余裕で容量オーバー。
うっぷ。

十三の有名なねぎ焼き『やまもと』が濃い醤油味なら、こちらはあっさり目で。
お味は、まずまずかなー。

生まれも育ちも関西で。
朝昼晩おやつと、お好み焼きを食べ。
お好み焼きと白いご飯なんて余裕。
何十枚と食べたお好み焼き。
そうそう簡単に、好みのお好み焼き屋に出会えません。
ということで、星二つ。
☆☆
オムそばが一番美味しかったです。
どんだけ食べたんだか。

omu.jpg

二軒目。

検索してたら、必ずヒットしたご飯屋さん『清起』。

kanban.jpg

新歌舞伎座の真裏。
テレビで赤井秀和さんも美味しいと紹介していました。
劇場から近すぎてびっくりしたけど、

入り口にはもっとびっくり。


iriguchi.jpg

自販機にはさまれ、入っていいのかどうか迷いました。
先輩とオロオロしてたら、いらっしゃーいってご主人。
無事にに店内に入ることができました。


ハンバーグをオーダー。
でかっ。

bagu.jpg


白いご飯の量も半端ではなくて。
真ん中の白いのは、トロトロの目玉焼き。
お料理の仕込み風景をみながら、カウンターで食べるハンバーグは
うまー。
うちのばあちゃんのハンバーグを思い出します。
生きてるよ。
星、2・5!

難波にいたら太ること間違いなしです。
他にももっと美味しい店があるんだろうなー。
後、一軒は、観劇前に必ずいたパン屋さんです。
ふつーのパン屋さん。
でも、開演前のドキドキを時計を見ながら
後何分とかって、過ごしたので、結構思い出のパン屋になりそう。
今度は、夏に難波の美味しい店を探索しよう。
冬は太る。
グルメツアーに向かない体質をうらみます。



別窓    遠山の金さん コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
どうしたの来ないの?
2007-11-27 Tue 23:19



㌧㌧㌧㌧。


遠山の金さん 唄う絵草紙の千穐楽に行ってきました。


071127_114045.jpg



さて。
ランダムに、適当に、思ったこと書いてみる。



蝶の道行㌧㌧。


・黒子さん、ちょうちょさんを、後ろのセットにぽいっ。
 毎回どうなったか気になる。
 健様とまーちゃんの化身が。
・あの扇子が売ってたら買います。
・健様が扇子を勢いよくクルクルクル~。
 まーちゃんは、恐る恐るクルクル。
 どちらも観ていてハラハラします。
・着物捌きもしっかり堪能。
・いつもはまーちゃんのニッコニコ笑顔が好きなのに、
 蝶の道行では、切ない表情の方が好きです。
・私と同じ年齢くらいの、健様ファンの方とおしゃべり。
 最後、健様がまーちゃんの上に重なるとき。
 一度、階段一段、ずり落ちた日があったらしい。
 まーちゃんが一段、ずずずーっと。
 会場がどよめいたらしい。
 うーん、ちょっと観たかった。
・鬘を乱すところ。
 どうなってるのか、ジーッと観たけどわからなかった。
・最後、まーちゃんの反り返り㌧㌧が長かった!
 健様がいつもより長く片手で、まーちゃんの全体重を支えてた。
 健様、頼もしくてかっこいい!
 まーちゃんがゆっくり、5~6回㌧㌧出来るくらいの時間だったよ。
 私の望みが叶った気分。
 まーちゃんの長い見せ場を堪能できました。
 健様、ありがとう!
・大好きな蝶の道行。
 しっかり記憶に留めました。
 宝物です。



お芝居㌧㌧


・新歌舞伎座、マスターしました。
 地下鉄難波の出口以外。
・おみつさんの包みの中は何かしら?
 観音屋のケーキ?
 21世紀の時代に、関西に、神戸にお立ち寄りの際は、
 元町本店でお召し上がりくださいませ。
 仏像と店内の怪しい雰囲気が、より一層ケーキを引き立てまする。
・姉妹ケンカの真ん中へんが聞き取れなーい。
・金さんとおいとちゃんのデレデレ。
 「きんこー、きんこー!」
 と、何回呼ばれてもデレデレで面白かった。
・「油問屋と墨問屋。さぞかし燃えてオアツイ二人でしょうね。」
 のところで、金さんの持ってる二つの荷物
(なんていうの?何が入ってるの?)が、カチン!
 と音を立ててた。
 いいねー、それ好きっす。
・平手打ちばっかり食らってる悪い人かわいそう。
・なんで古着屋にしたんだろう。
 怪しすぎます。
・おまきさん綺麗。声も好き。
・各役者さんの見せ場で拍手が入って、気持ちいい舞台だった。
・おくみちゃん、お兄ちゃんとの場面で涙流して、女将さんとの場面で涙流して。
 お白州の場面でも涙を流して3ヶ月。
 宝塚時代から思うけど、まーちゃんの涙腺は凄いっす。
・「荒れに荒れたぜい。」
 ちょっと観てみたいね。
・かわら版屋さんとおやびんのお芝居の、アドリブがどれだかわからなくなりました。
 毎回楽しませていただきました。
 かわら版、売ってくれい。
・銀パチさんたちの罪状はなに?
 いつも聞きとれん。
・これにて一件落着。
 魔法の言葉。


ショー㌧㌧。



・ちょっと!
 パラパラのコック帽子のお兄さん、めっちゃかっこいい!
 さわやかで背も高いし。
 なんで千穐楽に気がついたんだ。
 わーん、私のバカ。
・ハイテンションチャンピオン。
 一位、踊る巫女さん。
 きゃわいい。
・さすが千穐楽。
 ペンライトが一杯で綺麗でした。
・幕間にかかってる「恋する人よ~♪」の曲は何?
・横の席のおばあちゃま。

 「からあげ食べるか?」

 からあげ?!

 何も食べない私を見ての一言。
 いやー、あめちゃんやみかんは、今まで言われたことあるけど・・・。
 「うそや。やるかいな。」
 と、がはははと笑われた。
 しまった・・・突っ込むところだったのか。
 「おねーちゃんが観ても、金さん、楽しいか?」
 めっちゃ、楽しんでます。
 「そうか、そりゃよかった。」
 と、嬉しそうで。
 可愛らしい、おばあちゃまでした。 
・同じ歳くらいの健様ファンの方に、まーちゃんの実年齢をいうと、驚いてはった。
 みえなーいって。
 しまった。
 女優はみんな24歳だった。
・「顔が小さいし、お白州の場面とかで手を見たけど、細くて綺麗でー。」
 うんうん、ありがとう。
 って、私のことじゃなかった。
・「蝶の道行大好きです。」
 って、健様ファンが言うとめっちゃ嬉しいのはなぜでしょう。
・「じゃん!」
 のまーちゃんがかわいすぎます。
・「腰を振って~♪」
 の女性ダンサーさんの踊りが好きです。
・マツケンサンバってすごいな。
 観てると自然に笑顔に幸せに。
・3階席まで手ぬぐいどーん。
・今日は料理の本の宣伝がなかった。
 知ってるよ。
 売店で売り切れてたもんねー。
・「僕の年金どうなるのかなあ。」
 笑い事じゃないけど、健様が言うと笑ってしまいます。
・カーテンコールないのかあ。
 結構、客席拍手で呼んでたんだけどね。
 「公演は全て終了しました。」
 のコールを何回聞いたことか。
 新歌舞伎座の勝ち。



最後のご挨拶。
唄子師匠が涙を流されて。
舞台上のみなさんの表情を観てたり、
まーちゃんのシンミリした顔、みどりさんの大粒の涙にグッと来ました。
観てる観客の私が、千穐楽寂しいんですもの。
3ヶ月もずーっと一緒に公演をしてたら、
それはそれは寂しいものでしょうね。
観劇したときは、いつも楽しい挨拶をしてくれるので、
今日の師匠の涙は、本当にしんみりと心に伝わって来ました。
唄子師匠、舞台上のみなさんに頭を下げて、ありがとうと。
健様は、唄子師匠をねぎらうように、肩をもまれてました。
ほほえましい光景。
それでも要所、要所の笑いは忘れず。
唄子師匠、大好きです。


あー終わってしまった。
一点集中型なので、ぽっかり穴が開いた気分です。
バーンアウト症候群。
でも、すっごい幸せです。
色んな人にも出会えましたし。

今日、お話した健様ファンの方。
これがこれが波長が合いまして。
色々教えていただいたし、しゃべってて本当に楽しかったです。
でも、お互い、名前も連絡先も知らないまま、

「また、健さんの舞台でお会いできたらいいですね。」

と言ってお別れしました。
社交辞令とか言うやつは誰だー?
それでもいいんです。
楽しかったし。
私は、なんだか会えそうな気がします。
だって、私と顔が似てたもの。
ぎゃは。
本当に楽しい三ヶ月でした。
また、時々思い出したように語っていると思います。

お白州の場面に掛かっていた言葉。

「至誠一貫」

しせいいっかん。
真心を持って一生を生きていくという意味だそう。
金さん、おっかさん、千吉さん、おくみちゃん。
そして、金さんの舞台を生きた皆さん。
たくさんの真心のこもった舞台、愛のこもった舞台をありがとうございました。
また、劇場でお会いできる日を楽しみに・・・。
現実問題、会えるように貯金しておきますー。
ありがとうございました!
おーれおーれー♪㌧㌧♪




別窓    遠山の金さん コメント:2 トラックバック:0 ∧top under∨
きのつらゆき
2007-11-26 Mon 23:57



グラタンコロッケバーガーを頼んで美味しいと食べ尽くして。
包み紙を先輩が指差して、

「それ、グラタンコロッケチーズバーガーやん。」

との指摘に、世の中気がつかないほうが幸せなこともあるとようやく気がついたすずらんです。



さて。


遠山の金さんを楽しむために勝手な語り パート4。


お題:おいとちゃんとおまきさんの姉妹ケンカ。

   いーとーまきまき。




お姉ちゃんのボケナス!





どてかぼちゃ!





きんぴらごぼう!





からしレンコン!





風呂吹きダイコン!






だんだんうまそうになってきたぞー。



かつおのたたき!




アジのひらき!




やきふぐ!






探せばあるものねーと、ふざけてみました。
合ったのかどうか、なぞな物がありますが。
順番がどうなのか、はたして合ってるのかもわからないけど。

おいとちゃんと、おまきさんはどれくらい年齢が離れてるんでしょうねー。
勝手に、両親が早く亡くなっておまきさんが、おいとさんの母親がわりと想像しております。
美人姉妹でうらやましいっす。
どてかぼちゃが一番言われたらいやかなー。
本当に姉妹ってこんなケンカするのかな?
血族人とは、歳が離れてて、ケンカをしたことがないからわかんないや。
しかし、これを全部作れちゃう金さん。
なんでもできて、素敵です。

とうとう千穐楽っすねー。
寂しいな。
でも、悲しんでばかりもいられない。
しっかりと目に焼き付けて、楽しんで来るぞー。

休暇届も出した。
チケットOK!
オペラグラスOK!
あとは・・・何がいる?
ちゃんと起きれますように。
晴れますようにーー!

別窓    遠山の金さん コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
忘却のかなたへ
2007-11-23 Fri 23:19


もなかうまー。

071123_170912.jpg

ということで、またまた遠山の金さん 唄う絵草紙を観てきたよー。



そんで、昨日の日記訂正。

3千両の金額は、最初にお金を奪われた呉服問屋でございました。
女将さんが千吉さんを助けるために用意した額は、千両。
今日、お芝居を観ながら、なんと私の記憶力は適当なことかと反省しておりました。
まあ、それにしたってやはり超セレブでございます。
おくみちゃんめ。


このままの流れで、最初に遠山の金さんお芝居語り。

なんて、だらっと書くだけですが。



・あ。
 コースケさん発見。
 最初の料理屋さんで、大工さんのハッピを着てるわ。
 京橋の炭問屋のご子息だったはず。
 おくみちゃん、だまされてるわ!
 破談よ、破談!

 なーんて。

 色々お顔を覚えてくると、色んな役をされてる方を見つけるのも面白いね。
・おいとちゃんと金さんのやり取りが長かったよ。
 「金さんのお嫁さん!」
 と、おいとちゃんに腕を回されるところ。
 金さんデッレデレで、面白かった。
・「油問屋と炭問屋。
  さぞかし「燃えて」オアツイ二人でしょうね。」
 台詞の微妙な違いに敏感な私。
・でも、全然やらしく聞こえないのは、
 「コースケさーん、早く早く~。」
 の愛い二人のせいなのか。
・「婿を迎える。」
 ということは、コースケさんは婿養子か。
 マスオさん。
 おくみちゃんめ。
・あの財布の中身は幾ら入ってるのかな。
・今度何かの演目で、千吉さんの悪役観てみたい。
・おくみちゃん、うわーんって泣きながら去らなくなったのね。
 あれ?そもそもそんなことしてなかったかな?
 全国ツアーのみだったかな?
 最近、記憶の薄れが早くて困ります。
・殺陣は、やっぱり金さんを観てしまいますが、
 きっと回数を重ねてくると、
 あの人の斬られ方かっこいいなー。
 死に方かっこいいなー。
 という風に観れるんだろうな。
・千吉さんは、人の身代わりで刑務所に行ったのか。
 どこまえもいい人なのに、かわいそうじゃのう。
・おくみちゃんの服が若干乱れてた。
 もっと乱しちゃえ。
・全国ツアーの時は、おくみちゃんの発声が宝塚の娘役っぽく、
 甲高いと思っていたのですが、
 今はそんな風には感じないや。
・おまきさんの忍者姿とかみたいねー。
・今日は、かわら版屋さんがぐだぐだーー。
 おやびんに、「おまえ、今忘れただろ?!」と、突っ込まれ、
 会場は笑いに包まれました。
 その後もアドリブでお芝居してくれて楽しかった。
・お白州の場面の、部屋にかかってる言葉が読めない。
 意味を知りたい。
・金さんと名指しされた人の演技ばかり見てしまうけど、
 その他の方も、細かい演技をされていて見るのが面白い。
・お白州の場でも、気高い表情のお紺さん。
 素敵。
・そういえばおくみちゃん、お父さんは?



蝶の道行、ちょっとだけ、だらだらおふざけ語り。


・初めて新歌舞伎座でみた時の蝶の道行の、黒子さんが持つ蝶の落下。
 まーちゃん側の蝶の落下。
 今思えば。
 健様だけ蝶の化身になれて、まーちゃんはなれなかったのか。
 こらっ。
・今日は、健様の一人舞いのベスト席。
 うっとり。
・健様の一人舞いを観ているまーちゃんが、
 小さく、ちいさーーーーーく感じる。
・ゴロゴロ~そこでゴロゴロ~。
 で、健様がまーちゃんをひょいっと飛び越えるけど。
 
「ぐちゃっ」

 と踏んだらどうなるだろうと考えてしまった。
 この場面で初めての邪念。
 語りすぎたか。
・ゴロゴロ~そこでゴロゴロ~。
 になった原因。
 助国さんの肩が、小槇さんにガンッ!って当たってるのか。
 こらっ。
・まーちゃんが反り返る少し前、
 健様の帯にそっと手を置くのね。
 メロッ。
・最後の二人の死の場面。
 「サナギ?」
 とつぶやいた後ろのお客様。
 なんでやねーん。
・助国さんは、小槇さんに何をあげているのだろう。
・まじで写真が欲しい。
・蝶の道行、やっぱ大好き。


ショーだよ、ショーだよ、唄う絵草紙だよ。


・客席がハイパー豪華でした。
 眼福、眼福。
・自分の隣の席の方は、サンバ棒フリフリの
 ガンガンに乗ってる人がいいと気がついた今日。
 次に観るときは、ノリノリパワーに便乗したいっす。
・チャイナ服の方が好きだと書いたけど。
 コースケさんやーん。
 気がついたら目で追いかけてるコースケさん。
 おくみちゃんは恋敵。
・リーマンの方いた?
・ハイテンション巫女さんに釘付け。
 やっぱかわいい。
・舞妓さん綺麗。
 なんか、一杯目が合った気がする。
 うん、気のせい。
・さのさの、三人のウエーブが大好きです。
 もっとお一人ずつみたいな。
・健様、ピンクのキラキラの足袋を履いてるー。
・「じゃん!」
 の一瞬を逃したくありません。
・今日は、サンバのまーちゃん観るのに良席。
・最前列の方に、紙テープが大量に絡まって。
 唄子師匠とまーちゃんに笑われてました。
 うらやまー。
・手ぬぐいを遠投するのかと思いました。
・「三階席、元気ですかー?」
 を聞くと、知念里奈氏の、
 「みんなーやる気あるー?」
 を思い出してしまいます。
・最後のご挨拶。
 唄子師匠がノリノリでご挨拶。
 健様の相手役にして欲しいというと、健様寝たフリ。
 「色んなことしてくれるから好きですわー。」
 うん。
 貴重なお二人を見ました。
・しゃべりすぎて、健様が唄子師匠からマイクを奪うフリ。
 結構面白い方なんだなーと客席もニッコニコ。


三連休のスタートを幸せな気持ちで切ることができました。
冬の夜空のせいか、公演が終わりに近づいたせいか。
帰り道が寂しくてねえ・・・。
凹んでおります。
冬の寒さが、一人観劇の寒さが身にしみたのでございます。
でも千穐楽、観にいきまっせー。
本当に寒くなってまいりました。
寒さに気をつけて、残りの公演がんばって。
私もテンションあげて観にいきます。
気分意外は元気なすずらんより。

別窓    遠山の金さん コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
とか㌧㌧
2007-11-22 Thu 23:27


遠山の金さんを楽しむために勝手な解釈語りパート3。

知識のなさ、誤解を解消するために。


○お題その1:一両って一体、今のお金で考えると幾らなのか?

 知ってて当然なのかもしれませんねえ・・・。
 大金なんだろうなーっていつもボンヤリ聞いてるんだけど。
 一体、幾らなんだよと。
 昔のお金の価値は、今のお金に換算するのは難しいらしい。
 大体の目安として・・・。


・一両・・・・・6万円 
・一分・・・・1万5千円
・二朱・・・・・7千5百円
・一貫文・・・1万円
・一さし・・・・千円
・四当銭・・・・50円
・一文(一銭)・・・10円


 一両は、6万円とのこと。
 これで計算してみると・・・。


 6万円 X 3千両 = 1億8千万!



 1億8千万円。




 千吉さんに300両も用意しているので、

 6万円 X 300両 = 1800万円

 1億8千万円 + 1800万円 = 1億9千8百万円。


 1億9千8百万円!



 キャッシュでぱーーーーん。



 ひゃー。 




 おくみちゃんは、ハイパーお嬢様。
 女将さんは、超セレブなのであーる。

 そりゃー、千吉さんが尋ねてきたとき警戒する。
 お金もちだからね。
 お金目当てに過去に何度も危ない目にあっているのかもしれない。
 あの冷たい態度も納得なのであーる。

 あの悪い人たちだって、千両屋さんに目をつけるのが遅いくらい。
 おくみちゃん誘拐事件は、遅かれ早かれ、起こるべくして起こった事件だったのであーる。
 セコム入れよー。
 ㌧㌧。




○お題その2:私のあほの証明。

 会社での会話。

 
 昔の刑罰って残酷ですよね。
 遠山の金さんね、悪い人たちに

 「しちゅうひきまわし」

 って言うんです。
 金さんも容赦ないですよね。
 残酷に死んじゃう。


 「しちゅうひきまわし」じゃ死なへんやろー。


 死にますよー。

 
 死なへんって。


 痛いじゃないですか。
 だって、こんな感じでしょ?


              
              (・∀・)
            / ̄ ̄ ̄ ̄\
        ≡   |) ○ ○ ○ (|
       ≡  /″        \
         /________\
          ̄ ∪∪ ∪ ∪ ∪ ∪  ̄
                  /
             /
               /
           /
             /
       ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!
        (  )
        / ヽ


 というと、先輩が笑いながら説明をしてくれました。

 「市中引き回しの上打ち首獄門」は、これだよと。
 精神的苦痛のほうが大きいのよと。

 てっきり、西部劇みたいに投げ縄に縛られて、
 町中を馬で、あーれーと、ひっぱりまわされるのかと。
 それで首が飛んじゃって死ぬのかなー。
 怖いよー痛いよーなんて思ってました。
 あほすぎ。

 これじゃあ 「市中引きずり回し。」だな。
 でも、私と同じように思ってたヤツいたんだから!
 同期と新入社員だけど。

 ということで、明日また金さん観てきまーす。
 引きずり回しの知識も訂正して、ちゃんと観なくっちゃ。
 そしてそして、明日の目標は、もなか食い。
 おなか痛くなりませんように。
 ㌧㌧。
  
別窓    遠山の金さん コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
 HOME  NEXT