必殺、雑記!
2013-08-19 Mon 23:24


さてさて。
備忘録終了といいながら、
やっぱり、ぼーっと考えてしまう、
素晴らしかったショーのこと。
ディナーショー&東京旅行超絶番外編。
だらっと、ムダムダ雑記。


○まーちゃんのマイクの持ち方が独特で。

 持ち方が独特のひとを考えてたら、
 ヒムロックにたどり着きました。
 きーすみそのくちびる♪


○左利きのまーちゃん。

 右手でマイクをもってることが多かったようなー。
 やりやすい方向なのかなー。


○まーちゃんのドレスを観ながら。

 これが、ブログで書いてたドレスかなーとか。
 やっぱり、ブログっていいなーと。
 公演まで、まーちゃんがどんなに苦労して作り上げたステージか、
 わかりますもんね。
 まーちゃんのブログ、大好きです。
 あの赤いドレス。
 またみたいなー。
 本当に、素敵でした。


○まーちゃんのお家の衣裳部屋は、すごいだろうなー。

 ドレスに靴に、アクセサリー。
 アリエルの海底の、秘密の部屋みたいなイメージ。
 宝物の宝庫です。


○まーちゃんが、今までライヴで歌った曲。

 ディズニー。
 ジブリ。
 ボサノバ。
 宝塚。
 ミュージカル曲。
 中島美嘉さん。
 平原綾香さん。
 演歌。
 アニソン。
 カーペンターズ。
 有名な映画の曲。

 と、考えてて。
 次に来るのは?

 マイケル。
 ホイットニー。
 「ハイスクールミュージカル」
 「ヘアスプレー」
 「ドリームガールズ」
 「ノートルダムの鐘」

 とかとか、考えてて。
 最終、たどりつくのは。
 あむろちゃん!
 なのでした。
 まあ、無いな。
 バラードも一杯、いいのあるよー。


○↑ リストに足りないのはなに?

 オリジナル曲よ!
 (A Little Flower は除く)


○まーちゃんのディナーショーで聞いた、【シェルブールの雨傘】がお気に入りで。

 色々と聞いて回ってるけど、石丸幹二さんの歌うのがお気に入り。
 ピンポイントで、その歌だけでないので、
 アルバムごとご紹介。



 いいですわー。
 「半沢直樹」で、ますます好きになったし。
 まーちゃんの歌詞とも似てるようなー。
 美川憲一さんとかも歌ってらっしゃるのね。
 いい歌ですわ。
 シェルブールの雨傘、またまーちゃんの歌声で聞きたいです。


○また聞きたいと言えば。

 カーペンターズの【青春の輝き】!
 ホルモンバランスの歌。
 あれは、まーちゃんが訳したのかなあ。
 いつか、聞いてみたいです。


○空港で疲れきって。

 飛行機を一本早くしてもらうのに、
 追加料金4800円払ったわけですが。
 払わないと、二時間空港でぼーっと、
 一本あとの飛行機。
 払っても、早く帰れるだけで、
 お姉ちゃんと席は遠く。
 さあ、どうする?!
 と、会社で聞くと、
 聞いたひと100%、二時間まつとのことでした。
 ありゃま-。


○ まーちゃんファンのお姉ちゃんと、
 旅行の清算をしているとき。

 私の勘違いで、ひたすら、「2で割ってー」と言ってた私。
 2で割ると、私が損をする計算なのに。
 根気強く、お姉ちゃんが説明をしてくれて。
 やっと、間違いに気がついた私。

 「経理部・・・だったよね?」

 と、お姉ちゃんが笑いながら。
 部署だけねー。
 業務はしてないけどねー。
 こんな私でも、お給料もらえる会社だから大丈夫!
 でも、私がひたすら主張していたことが、
 私が損になることでよかったです。
 朝で頭が働かないんだよ。

 「起きて随分経ってるけどねー」

 その通り!
 楽しい旅行でした。


別窓    トークディナーショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
旅の終わりに。
2013-08-18 Sun 23:20


さてさて。
今日も元気に、ディナーショーの備忘録。

の前に。

山梨の公演の練習が、山梨であったみたい。
まーちゃんは、欠席かな。
やっぱり、スクールの公演かな?
山梨のはどんな公演になるのか、楽しみです。
当たればねー。


さてさて。
旅の備忘録開始。

東京二日目の朝。
私が持ってきた、電子機器の音で目覚め。
今日が、平日だということをすっかり忘れてて、
アラームを解除するのを忘れてて、
いつもと同じ時間に鳴ったのねえ。
5時20分。
しかも、私が持ってきたあらゆる電子機器が鳴って。
まーちゃんファンのお姉ちゃん、笑ってたけど、ごめんなさーい。
以後、気をつけます。
はい。


そして、ホテルでの朝食。
メルパルク東京に宿泊決めたのも、朝のバイキングがついてたからなのねー。
半沢直樹のロケがあったのもこのホテルねと思いながら。
ホテルでは、まーちゃんファンのお姉様ともご一緒していただいて。
お姉さま、朝から優雅でございます。
いつも、会話も面白くて、
立ち振る舞いもスマートで、勉強したいことたーくさん。
どうしたら、お姉さまみたいになれる?
もう、生まれ持って違うんだなー。
少しでも近づけるようにがんばります。
これからも、よろしくお願いいたします。
そして、ありがとうございましたー。


そして、グダグダと用意をして。
どこに行ったかというと。


東京駅どーん!

tokyos2 (2)

新しくなったから、見てみたかったの。
だって、前に行ったときは、工事中だったし。
観光は、ベタなことしたいのだ。

しかし、私もつまらない大人になったと実感したのが。

このスコーンと、抜けた気持ちいい場所。

tokyos2 (1)

ここ気持ちよかったわー。
若い頃の私なら、見える一番端に行って、
飛んでる写真撮ってたね。
えいっ!って。
このときは、そんなことする気もなく。
暑くて暑くてー。

じゃあ、何をしたかというと。

上島珈琲二回目。
何度も言うけど、神戸本社です。

ueshima2.jpg

東京の素敵なカフェに行けば?
って、話なのですが、
暑くてコーヒーが飲みたくて。
効率よく、美味しいコーヒー飲むなら、
いつもの慣れた店だよと。
一番、大きなサイズのアイスコーヒーうまー。

体も休憩できたので。
次の観光地。

浅草寺どーん!

sensouji2 (2)

やった!
ちょうちん見れて嬉しいです。
先輩が旅行に行ったときは、ちょうちんが修復中で見れなかったとか。
それもある意味、すごい思い出だぜと思いながら。

最近のテレビで、よく浅草寺の番組があったから観てみたくて。
どこに行っても、人がすごいわー。
外国から来られてる方もたくさん。
五重塔も美しいです。

sensouji2 (1)

おみくじもひいたの。
私は、大吉!
お姉ちゃんは、凶。
おみくじ結んでたかな。
外国の方が、不思議そうにくじを引いていたのが印象的でした。

隣の浅草神社も行ったよ。

meron1 (2)

隣なのに、みなさんこちらには来ないのね。
静かで、素敵な神社でございました。
ご朱印もいただいて、満足満足。

満足したなら、何か冷たいもの。

カキ氷とところてんどーん!
どんな組み合わせだと思いながら。

kouri1 (1)

冷たいもの食べたいし。
ところてんは、関東はお酢だというので、食べてみたかったのです。
まーちゃんファンのお姉ちゃんは、アイスとお雑煮だっけ?
食べてたぜー。
店内は、満席だったけど、
回転がとても早かったわ。
見所一杯の浅草、満喫しなくっちゃね。


ということで、春のうららの隅田川。
東京スカイツリーどーん!

sky1.jpg

やった!
こんなに近くで初めて見ました。

でも、スカイツリーよりも。
そばの金のうんこさんなに?
インパクトあるわー。
子供と大人の境界線のひとつに、
うんこさんで笑えるかどうかというのが、
あると思うのですが。
ニヤニヤした私は、まだ大丈夫のようてす。
っていいのか?
横のビルも、パンチパーマのおばちゃんに見えます。
違うか。


このあと、若干気持ち悪くなり。
金のうんこさんのせいではないけれど、
暑さと疲れですなあ。
私もひ弱になったと思いながら、
空港に着くと、なんだか人だかりが。
なに、この可愛くないゆるキャラ!

meron1 (1)

北海道のゆるキャラ、メロン熊だそうで、
おつきのおばちゃん、食べてたよ。

meron2.jpg

早くて写真ぶれぶれです。
この写真を会社の人に見せると。

「なぜ食べられて来なかった!」

と、怒られましたが、
もう疲れてそれどころではなく。
飛行機も、お姉ちゃんより一本あとの飛行機でしたが、
カウンターで同じのにしてもらい。

早割で取っていたので、追加料金、

「4800円です」

と、言われましたが、
帰りたい一心の私は、素直に機械仕掛けのように素直に支払い、
給料日前の今、若干後悔をしています。
金欠、おけつです。


すごいもんで、飛行機の座席に座って、
次に気がついた時には、
神戸空港に着陸した、どーん!と言う音。
ぐっすり熟睡ですが、空港に着いたということは、
まーちゃんファンのお姉ちゃんとバイバイです。

本当に、色々とありがとうです。
今回の旅行も楽しく過ごせて、
最高のいい思い出になりました。
しかし、まーちゃんファンの長老だと思うのに、
よく私の相手をしてくれるなあ。
感謝、感謝です。
本当にありがとう。
これからも、よろしくお願いします。


ポートライナーに乗りながら、
見えてくる神戸の街。
安心して、ホッとするんだけれど。
いよいよ現実に帰ってきたかーと、寂しくもなり。

本当、ディナーショーに行ってよかったです。
人生二回目のディナーショー。
一回目もまーちゃんです。
あは。

歌声も伸びやかで、力強くて、素敵で。
カッコいい、ツーステップも観れて幸せ。
本当は、サイドステップだけれど。


「ありがとうございました」


まーちゃんの笑顔が焼き付いています。
こちらこそ、ありがとうございました。
いつか、ご本人に言いたいですね。
まーちゃん、大好きです。


さて。
長くなった、ディナーショー備忘録もこれでおしまい。
今回は、忘れてることが多くて。
というより、フワフワした気分で、ディナーショーを見ていたのですな。
最高に、幸せな時間でした。
最高に、楽しい東京旅行でした。
関わった、全ての方に感謝。
明日から、日常愚痴ブログに戻ります。
ありがとうございました!
ツーステップ、ツーステップ♪

別窓    トークディナーショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
心は上天気。
2013-08-17 Sat 23:44



さてさて。
今日も元気に、まーちゃんディナーショー備忘録。
旅の備忘録をしつつ、気がついたことでもー。


今回も飛行機で東京に。
すっかり、飛行機嫌いも治っちゃって。
まあ、乗らなくていいなら乗りたくないけどねー。

空港で、朝ごはん。
上島珈琲。
一番さん。

ueshima1.jpg

神戸本社の上島珈琲。
街のいたるところにあって、空港でも見つけてなんだか安心したり。
ここのチーズのパンが美味しいのね。
写真撮る前に食べちゃったけどー。

そして、前回の幕末ノ丘の公演の時、
まーちゃんファンのお姉ちゃんと待ち合わせをせず、
空港でばったりあって、目が飛び出るくらい驚いたけど。
今回は、なんとなく待ち合わせをして、
なんとなく、無事に会えてよかった。
いつも、待ち合わせもゆるーい感じで。
そうそう。
旅行で、「なんとなく」とかゆるい感じは大切なのです。
飛行機は、二人を乗せて東京へ!


東京に行ってしたかったことのひとつ。
長らくの夢かな。
それを叶えるために、電車を乗り継いで行って来ました。

フレンチトーストどーん!

pan.jpg

おお!
これが念願のフレンチトースト!
まーちゃんが、ブログで紹介していたやつですね。
しかし、私はちょっと不満。
お皿が、銀のプレートに乗ってないのですねえ。
まーちゃんと、同じので食べたかったよ。
ぶつぶつ。


ランチは、違うのかな?
できれば、同じので食べたかったと思うなら。
サラダセット頼めよ!
と、思いつつ。
ごろんごろん野菜が入ってスープうまー。
フレンチトーストが美味しくて、スルスル食べれる感じなので、
スープでおなかを満たす感じかな。
店内は、若い女性がたーくさん。
美味しくて、このお店が流行っているのにうなづけます。
ホント、美味しかった!
またいつか来たいです。
道はもう覚えてないけどね。
あは。


天気が悪くて、写真は最悪だけれど。
歩行者天国を歩いた記念。

P1080016.jpg

あんまり、歩行者天国って歩いたことはないんですねえ。
まあ、近所の道路なら、
その気になれば、真ん中歩けますけどー。
東京の街の道路の真ん中歩いて気持ちいいわー。
お酒もそんなに飲めないけれど、
ビール屋さんに入りたいと思いながら。
それにしても、駅前のエレベータの、
散らし配りの方の数にびっくり。
割と、街ではもらうほうなのですが、
多すぎるわー。
おばちゃん困るわー。
さすが、東京です。


そして、なんじゃかんじゃとホテルについて。
まーちゃんディナーショーの準備準備。

meruparuku.jpg

東京暑かったわ。
会場のホテルに泊まって、大正解と思いながら、
準備完了会場へ。

今回、まーちゃんの看板載せてる方。
ででーんと、画像が大きいのは、
周りの色んなものが写ってしまうのですねえ。
終演後に撮ればよかったです。
まあ、そんな時間もありませんでしたが。
角度の違うものをえい。
素敵なポスターです。

kanban2.jpg

そして、夢の時間が始まったわけですねー。
ああ、本当に素敵な時間でした。
家に帰ってきてから、【イミテーションドリーム】を聞きまくり、
【シェルブールの雨傘】の音源買ったり。

やっぱり、ショーの1曲目と最後が印象に残るのは毎回の事で。
しっとりと、【シェルブールの雨傘】を歌うまーちゃん素敵だったな。
最後に、【イミテーションドリーム】を歌うまーちゃん最高だったなー。
ディナーショーで、お見送りをしてくださるとは夢にも思わず。
綺麗し、細いし、可愛いし、カッコいいし、素敵でした。
同期の方たちを集合写真を撮るのを遠めに見ながら、
やっぱり、まーちゃん大好きです。
と、思うのでした。


そして、終演後。
まーちゃんファンの方々とおしゃべり。
みなさんの視点や感想を聞いていると、
とても勉強になります。
終演後のふわふわした気分の、
フリーダムの私の発言が失礼ではなかったかと、
ひやひやしながら。
ひとつの「まーちゃん」という共通点が、
色んな広がりを私に与えてくれて。
本当に感謝しております。
それに、まーちゃんファンの方はいい人ばっかりなんだ。
まーちゃんの人徳です。


それから、綺麗な東京タワーを見ながらホテルに帰って。
写真撮ればよかったと、ここでも後悔。
部屋に入ってからは、ぐだぐだーと開放感。
今までの緊張感が、ぱーっとなくなります。
そこから、まーちゃんファンのお姉ちゃんと2時くらいまで話してたかな?
正確には、私の記憶があるのが2時くらいということですが。


心地いい疲れと、夢見心地で起きたら朝で。
ぎゃ。
長くなったので、今日はここでおしまい。
二日目の旅の備忘録と締めくくりは明日にして。


ピアノ、弾けたらいいなあ。
【シェルブールの雨傘】の楽譜を探してみながら、
あ、弾けなかったわと冷静になり止めたり。
メールマガジンのあの曲は、何かな?と未だに考えてたり。
もう、ディナーショーのことを書き出すと止まらないので、
ストップだ。
思い出せば、今でも夢見心地です。
「ライヴコレクション」だって思い出せちゃうよ。
やっぱり、記憶の定着に書く作業っていいもんですなー。
ツーステップ、ツーステップです。


別窓    トークディナーショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
やばい。
2013-08-16 Fri 23:03

さてさて。
今日も元気に、まーちゃんディナーショーの備忘録。


の前に。

今度の日曜日は、まーちゃんのスクールの公演。
今は、その準備で忙しいのかなー。
まーちゃん、がんばってくださーい。


さてさて。
備忘録。
ディナーショーのセットリストを追い終えたので、
雑記でも。
完全なる、雑記です。


○会場に入って。

 完全に舞い上がっていた私。
 目の前のナイフとフォークに一瞬固まり。
 美味しく食べたらいっか!
 と、開き直ったディナーは美味しかったです。
 いいのか?


○最近、『謎解きはディナーのあとに』にはまっている私。

 『まーちゃんのショーはディナーのあとに』
 とか、一人で考えて、ナイフとフォークでお肉を切っていたという。
 とうもろこしスープうまー。


○まーちゃんのショーのディナーの写真をアップにされている方たちをみて。

 チケットとディナーを、上手に写されてるのねー。
 チケット、ちゃんとまーちゃんの顔が印字されてるの。
 私も、あんな風に写真を撮ればよかったー。
 と、後悔中。
 次は、綺麗に撮るぞー。


○受付で名前を言ったとき。

 すぐに把握して、お待ちしておりましたといわれると嬉しいですね。
 今度、真似っこしよう。
 できるかしらー。
 無理だなあ。
 ホテルの方は、すごいです。


○ホテルの方が、何度もドリンクを交換に来てくださったのですが。

 何か、タイミングがあるのかな?
 グラスの水滴とか?
 テーブルを良く見てらっしゃるなーと、
 ここでも尊敬。


○座席は、割とスピーカーの前の席。

 嬉しいな。
 ライヴとかで、音が心臓にズンズン来るのがすきなんですねー。
 今回も、まーちゃんの声がズンズンきました。
 しあわせー。


○テーブルを周ってくださったときは、

 生声も聞こえたよ。
 うっとりです。


○テーブルを周ってくださったとき。

 ライトが客席を照らすわけですが。
 まぶしくて目を開けられなくて。
 芸能人の方は、あの光の中で目を開けてるのはすごいですね。
 まあ、私はブルーライトを浴びすぎですな。
 パソコン中毒です。


○【イミテーションドリーム】のとき。

 斉藤先生が、さっと立ち上がってシンセサイザーの前に。
 半田さんが、ピアノの前に。
 なんの演奏だろうとワクワクして、
 イントロが流れてきたとき・・・!
 ガッツポーズでした。


○まーちゃんの同期の方。
 「え?いきなり?」
 とか。
 まーちゃんが、うたかたの恋はちょっと悲恋物でー。
 と、説明したとき、
 「ちょっとだけ?」
 とか、ちょいちょい、突っ込みされてたOGの方はどなただろう。
 ナイス突っ込みでした。


○全てのOGの方の名前がわかっていた。

 さすが、まーちゃんファンのお姉ちゃんです。


○まーちゃんの靴。

 ドレスのたびに違ったと思うの。
 アクセサリーも。
 そういうのも覚えてたらなあ。
 普通、女性ならそういうのを覚えているのか。
 いやいや、セットリストを追いたくて。
 と、言い訳。
 どれも素敵でした。


○まーちゃんのかつら。

 今回も素敵でしたのよ。
 でも、書けるほど記憶が鮮明じゃなくて・・・。
 書くのを断念。
 無念じゃ。


○いつか、まーちゃんの男性ファンの方のお話も聞いてみたいな。

 あの鋭く揺らぐヤバイ目線。
 焼きついております。
 うひょひょ。


○まーちゃんのお見送りの列に並んでいたとき。

 ホテルの方が私に近づいて来て、
 「○○さんでいらっしゃいますか?
  ○○です」
 と、おっしゃったことにとっても驚いて。
 なぜ、私だとわかったのかしら?
 ホテルの予約の際に、お世話になった方。
 声と関西弁かなあ。
 ご自身の名前をおっしゃられて、私も電話口の声の方だと思い出したり。
 それにしても、すごい!
 また、絶対にメルパルク東京に宿泊します。
 

○まーちゃんのお見送りの列に並んでいたとき。

 めちゃくちゃ緊張したけれど。
 ホント、げらげら笑ってたなあ。
 おつゆの話したり、となみちゃんのパート歌ったり、
 そのほかいっぱい。
 テンションが、最高潮だったわけですね。
 楽しかったです。


○その列で見た東京タワーは。

 最高に綺麗でした。
 すごーく、いい思い出。


○まーちゃんと一緒に写真撮影をするOGの方々。

 豪華すぎますー。


○近くで見るまーちゃんは、可愛すぎる!

 あー。
 なんて、素敵な方でしょうと。
 ニコニコ笑顔と、まばゆいオーラ。
 メロメロです。


○まーちゃんと一緒に撮っていただいた写真を見ると。

 ホテルの方が、なぜ私の方に回りこんだかが判り。
 後ろで、男性が不思議そうにこっちを見ているのが写ってるのねえ。
 それを、写さないように回り込んでくれたのね。
 私は、巨大になってしまったけど、
 いい特撮映像・・じゃなくて、
 いい思い出です。


○少しだけ、少しだけまーちゃんとのお話の内容を。

 「ありがとうございました」

 と、目を見て言ってくださって。
 舞い上がってた私は、何を言ってたかな?
 とにかく、素敵だったと。
 【イミテーションドリーム】最高でしたと。


 「ヤバかったでしょ?」


 と、ニコニコ笑顔でまーちゃん。
 ニコニコ笑顔だったので、反射的にうなずいた私ですが、
 頭には、少々「??」マークが浮かんだり。
 色々お話させていただいて、幸せでございました。
 うっとりでございました。
 ホント、ツーステップしてエレベータに向かう感じで。
 ふわふわ、宙に浮いておりました。
 素敵なショーを、ありがとうございましたー!
 と、気持ちがトップラー効果のように、
 エレベータの扉が閉じるまで思い。


 それから、まーちゃんファンのお姉ちゃんに、
 なんで、まーちゃんは、「ヤバイ」って言ったのかな?
 全然ダメじゃない。
 めっちゃ素敵だったよねー。
 というと。


 「あれは、【演奏が素敵だったでしょ?】

  ってことじゃないの」


 と。
 そこで、はっ!
 とした私。

 そうか。
 東京の人は、「ヤバイ」という言葉を、
 「ダメ」という意味合いではなく、
 「すごい」とかいう意味で使うのか!
 調べてみたら、既に90年代から肯定的な意味合いで使うとか・・!
 なんたる不覚。


 「先生の演奏、素敵だったでしょ?」


 と、まーちゃんはニコニコして下さってたのかー。
 もう、ここで声を大にしていいます。

 はい!
 斉藤先生と、はんださんの演奏素敵でした。
 そして、まーちゃんの歌声も最高で、
 最高のイミテーションドリームでした!

 と、伝えたいですねえ。
 周りでは、「ヤバイ」は、
 否定的な意味で使う人ばかりなので、すっかり取り違えておりました。
 一生の後悔でございます。
 もっと、言葉の勉強しますー。
 でも、きっとデレデレの私から伝わっていたはずなのだ。
 素晴らしい、最高のショーでした。


あー。
本当に、素敵なディナーショーでした。
あまあまの、備忘録の感じは、
いかに、私が舞い上がっていたかだなあと思います。
本当に、夢見心地でした。
素晴らしい、ディナーショーでした。
またぜひぜひ、まーちゃんのディナーショーを開催して欲しいです。

あとは、旅の備忘録だぜい。
まだまだ続くよー。
ツーステップ、ツーステップ♪

  
別窓    トークディナーショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
いみてーしょんどりーむ。
2013-08-15 Thu 23:12

さてさて。
今日も元気に、まーちゃんディナーショーの備忘録。


の前に。

まーちゃんがゲスト出演する、
汀夏子さんのホームページに、公演情報が出たよー
気になるのは、その情報のすぐしたの大阪のディナーショーの文字。
汀さん、毎年ディナーショーをされていて、
東京と大阪で、ゲストが同じ年もあったり。
ちょっと期待。

てかてか。
まーちゃん、12月に何かしてくれたらー。
と思ったり。



さてさて。
備忘録開始。

アンコールの拍手に答えて、みなさんが舞台の上に戻ってきてくださいました。
ほっ。
よかった。

そして、まーちゃんと彩海さんとで、
ベルサイユのばらより、【愛あればこそ】。
これを聞くと、本編より、
カウントダウンで、上手く数を数えられなかったまーちゃんを思い出すという。
ぎゃ。

お二人で、見つめあっての歌。
恥ずかしそうなんて、全然見えないよねえ。
なんて言うんですかねー。
歌い終わった後、
もう、胸が熱くなっちゃちゃって。
ぽーっとしながら、拍手。
まーちゃんも、すーっと手を差し伸べて。
彩海さん、ありがとうー!


拍手が鳴りやまない中、彩海さんが舞台から消えていって。
すぐに聞こえてきたイントロ。

タカラヅカ・ドリーム・キングダムより、【IMITATION DREAM】。


イミテーションドリーム来たーーーーー!


もう一度言う。


来たーーーーー!


私が初めてかった、宝塚CDの曲です。

イントロで感涙、ガッツポーズ!
最高に嬉しいです。
斉藤先生の生演奏で、CDの音源の人が歌っていて、
私が初めて買った宝塚CDを、
目の前でまーちゃんが歌ってくれるなんて。
これほどの贅沢が他にあるのでしょうか。
感涙。

CDよりも、何倍もよかったわ。
生演奏の上に、まーちゃんの地声だもんね。
娘役の声でもない、地声でもあるし。
歌声も最高!
力強くて、のびやかで、カッコよくて。
間奏のステップが、超絶めちゃくちゃカッコよかったのだ!


前を見て、ただその場で聖子ちゃんステップ(サイドステップ)を踏んでるんだけど、
それがカッコいいんだなー。
うっとりホレボレしました。

スッと前をみたまま、
肩を出したドレスで、肩もドレスもカッコよく動くの。
肩をあんなに、カッコ動かすってなんなのさー。
ホンの10秒くらいのことなのに、
ものすごく、ものすごーく、印象に残っています。
カッコいい。
この人、好き!
と思いました。
あは。


最後の最後。


イミテーション ドリーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーム♪


って、ものすごーく長くのばしてたの。
曲の終わりの方まで、ピアノの、「ちゃんちゃかちゃん」ってとこ(わかる?)
まで伸ばしてたよ。
すごいなー!
綺麗だし、聞いてて心地よいし、
すげーーーーー!
ってなりました。

どや!
これが、舞風さんのすごいとこや!

とか、勝手に思ったり。


あー、ものすごくよかった。
それに、最後に【IMITATION DREAM】が来るとは思わなかった。
割と、今までのライヴは、
しっとりとして終わるのが多かったように思うので。
まさかまさかの、アップテンポの曲。
しかも、斉藤先生との演奏で、
私の好きな曲!
拍手をしながら、体が熱くてほわほわしていました。
あー、まーちゃん最高です。


「本当にありがとうございました」


と、まーちゃんが去って行きます。
あー、終わってしまった。
と、拍手をしていたら。


ばん!


と、会場のライトが全部ついて。
まーちゃんのディナーショー、強制終了です。
あと一回、出演者のみなさまで出てきてほしかったんだけどね。
開始の時の、ばん!と落ちたライトといい、
ライトだけ、ちょっと心残りだけれど。


それでも、もう客席で抜け殻になりました。
本当に、頬が高揚した感じになりましたよ。
一滴も飲んでないのにね。
同じテーブルの方と、きゃきゃしたり。
幸せな-、幸せな時間でございました。


それに、まーちゃんがまたお見送りをしてくださるって!
しばらく動けなくて、まーちゃんファンのお姉ちゃんとおしゃべりしていたんだけど、
フッと出てくる、口ずさむ曲は、最後の【IMITATION DREAM】。
勝手に、となみちゃんのパートを歌って、お姉ちゃんに笑われたり。
ライヴ音源聞きすぎました。
まーちゃんの「ゆーめーぇ♪」もしっかり覚えています。
あは。


あー、最高のディナーショーでした。
ホント、行ってよかったなー。
うっとりです。
でも、まだ備忘録は続くー。
まーちゃん、大好きです。
ツーステップ、ツーステップ♪

↑ どーでもいい話。
最近、この備忘録でしめているいる言葉、「ツーステップ」。
これは、まーちゃんの【IMITATION DREAM】を聞いて、
最高に印象に残ったので、書いてたんだけど。

会社で、このステップなに?と披露したら。


「サイドステップや。

 しかも変」


そりゃ、私のツーステップ・・じゃなかった、
サイドステップなんて見れたもんじゃないですよ。
まあ、訂正されたのだけれど、
後に引けないので、ツーステップで締めくくるのでした。
ちなみに、ツーステップは縦だったーーーー。
ツーステップ、ツーステップ♪

別窓    トークディナーショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
私が選ぶ。
2013-08-14 Wed 23:15

さてさて。
今日も元気に、まーちゃんディナーショー備忘録。


まーちゃんが、【ひまわり】を歌い終わって。


「彩海ちゃーん!」


と、彩海さんを呼んで。
次が最後の曲なんだって。
ああ、この時が来てしまった。
ライヴに行って、最後の曲だと言われると、
寂しくなる瞬間。
あむろちゃんみたいに、次が最後?って、
わかんないのもドキドキするけどね。


また、話し出すと大変だからと、進めちゃおうって。
でも、大変な曲を選んでしまった。
でも、やりたいこと全部やらなくっちゃ!
みたいな、会話が印象に残っています。



エリザベートより、【私が踊るとき】

ピアノの低い音が、でーん!と。


「だれ?」


・・・・・・・・!
この時のまーちゃんの表情見た?!


もう一回言うわ。


ピアノの音が、でーん!と。


「だれ?」


・・・・・・・・!
この時のまーちゃんの表情見た?!


何回でも言うわ。
ピアノの音が、でーん!
この時のまーちゃんの表情最高!


トートが歌い出した瞬間に、


「だれ?」


と。
カッと見開く目、スッと背筋がピーン!と伸びる姿勢。
見えない声の主を、威嚇するようにも、
迎え撃つようにも見えて。
入る瞬間を、いや、すでに役に入ってたけど、
更に入る瞬間を目撃。
最高でしたわ。
これを見ただけでも、来たかいがあった。

まーちゃんが、カッ!と目を見開くの好きかも。
「ARATANA」の光の光源を見極めようとするとき。
「ブレインストーム」の瞬きをしない、黄色いドレスの女を見たとき。
そして、今回のエリザベート。
あの、スッと変わる瞬間を観れただけでもうれしい。


この瞬間だけじゃないわよ。


「あなた」


と。
なんやねん、声の主はトートかよ。
って。

フっ、と。
ぷいっ、と。
つーん、と。
スッ、と。

が、全部合わさったような表情で、
すーーーっと歩いて行くまーちゃんエリザベート。
気高いですわー。
もちろん!彩海さんのトートもたたみかける感じで。
気迫と気迫のぶつかり合い。
ええなあ。


「邪魔しないで!」


もいいなあ。
あー。
まーちゃんって、本当に表情がクルクル変わってすごい。
それでいて、トークのふにゃーっと可愛い感じも好きだし。
この曲、すごかったです。
いいもんみれました。


お二人のすごいデュエットが終わって、
会場、大きな大きな拍手。


「エリザベートは観るのが好きです」


とかなんとか言うのがすごく印象に残っていて。
そうかなあー。
すごく、すごーーーく素敵でしたよと、
拍手を一杯するのでした。


歌い終わって、舞台の上から、誰もいなくなってしまいました。
会場も少し暗くて。
もちろん、アンコールの拍手です。
幸せな、気持ちで一杯、
たくさんアンコールするのでした。


と、書いて今日はここでおしまい。
役者さんって、すごいもんですね。
面白いトークをしていたかと思えば、
こんなに、すごいステージを作りだしたり。
その、ギャップがたまらんのだなあと。
いまだに、思い出に浸るのでした。

あと、姿勢って大事ね。
まーちゃんエリザベート、超スッとしてたわ。
私もスッとしようっと。
変な仕事もってこられたら、スッと気高く突き返してやろう。
邪魔しないでー♪

そして、まだまだ続くよー。
ツーステップ、ツーステップ♪


別窓    トークディナーショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ひまわり。
2013-08-13 Tue 23:08




さてさて。
今日も元気に、ディナーショの備忘録。


私の知らない宝塚シリーズ。
彩海さんのソロ。
スカーレット・ピンパーネルより、【ひとかけらの勇気】。
この作品も見ていないので、彩海さんの素敵な歌声で教えてもらう。


客席で歌う、彩海さん。
たぶん、テーブルは、彩海さんのファンの方の近くかな。
配席とか登場の仕方とか。
この辺も計算に入ってるのかなーとか、
冷静に考えたりとかとか。


私は宝塚に関して知識が乏しく、くるくるぱーなので、
娘役たるもの、男役たるものとか、
語ることもできないのですが。

まーちゃんと彩海さんのお二人。
いい感じだなーと。
そうそう。
「いい感じ」という言葉がぴったりの気がします。

宝塚は、ばばーんと男役さんがキラキラしているイメージを持っていますが。
今回のこのディナーショーは、
まーちゃんが主役で、でも、彩海さんのことも自然に立てていて。
逆に、主役のまーちゃんを、学年が年下の彩海さんも立てていて。
その二人の感じが、いい感じだなーと。

宝塚の曲を歌うんだから、
娘役っぽいまーちゃんも見たいし、
でも、主役なんだから、どどーーーん!としてるまーちゃんも観たいじゃない?
ゲストの彩海さんを初めて見るんだから、
どどーーん!と素敵なところを観たいし、
男役さんの姿も観たいじゃない?
それが全部観れた、素敵なディナーショーだったと言いたいわけで。
彩海さん、カッコいいし、
上級生だらけの客席で緊張しているだろうに、
一生懸命なところも可愛いの。
彩海さんが歌い終わって、ありがとうと思いながら拍手をしていました。
上手く書けなくて、なんのこっちゃーですけどね。
次は、彩海さんがバリバリ踊るところも観てみたい。


さてさて、次はまーちゃんのソロ曲。
悲しみのコルドバより、【ひまわり】。


宝塚ホテルで、まーちゃんが曲に「入る」、
最高の瞬間を見た曲ですね。
今も覚えてますよ。
曲に役に入る瞬間を観るのが好きなんです。
今回のまーちゃんは、どのように入ったかというと。


忘れた。


ぎゃ。
もう!
入る瞬間フェチとして、何たる不覚。
本当に、スーパー記憶力が欲しいです。


この時のまーちゃんは、前を見つめて歌っていて。
私はよく、ライトでできる、
まーちゃんの影と、まーちゃんを見ていました。
影が二つできてたよ。
もの悲しい歌に、影が演出にも見えて。
動きださないかなあ。
まーちゃんの歌の本音の部分として。
悲しく歌って、恋人を忘れられるものなのかなあ。
ギターもいい感じなのですよね。
悲しさがいっそうと増します。

この曲の終わりも、表現の仕方がわからないのですが、
消え入りそうに、思いを残すのか手放すのかのように、
歌声が消えて行って。
あかん、美女と野獣の「HOME」聞きたいと。
やっぱり思います。
拍手をしながら、うっとりです。


そして、まーちゃんの曲の紹介なのですが、
婚約者に、別の人が出来て、
別れるってなんなのかしら?
叫び声もあげずに、身を退けるものなのかー。
【ひまわり】という曲のタイトルが、せめてもの意思表示ですかねえ。
「あなたを思い続ける」という、花言葉もあるというひまわり。
この歌、好きですわ。
この舞台を観る機会もあればなあ。
まーちゃんが好きな歌っぽいんだもの。
いつか、お話を観れますように。


と、書いて今日はここでおしまい。
やっぱり、備忘録は急いで書かないとだめですねえ。
忘れてる部分が、大きくなってきます。
まあ、それでもマイペース。
まだまだ続くよー。
ツーステップ、ツーステップ♪


別窓    トークディナーショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
 HOME  NEXT