FC2ブログ
ぜっちゅ♪
2014-05-17 Sat 23:32


テレビを見ていたら、まーちゃんが行った栃木の藤の特集があったわ。

すごーく綺麗な藤にもびっくりしたけど、
ものすごーーい車の数にびっくりしたわ。
行くときは、ものすごい気合を入れなきゃと思いました。
取材、大変だったろうなー。
日本の知らないいいところを知れる、アラカン大好きです。



さてさて。
名古屋講座備忘録。
観光もしてきたよ。

今回の名古屋行きで、頭に浮かんだのが、
次の日は、会社があるということ。
できれば、早く帰りたい。
じゃあ、朝から行動だ。
ということで、早朝から熱田神社どーん!

P1080680.jpg

お天気も最高!
朝の空気も気持ちよくて、清清しい神社でした。
でも、いかんせん時間がない。
足早に神社の中をすり抜けて。

大きな大きな、ご神木。

P1080670.jpg

P1080673.jpg

樹齢1000年以上だとか。
神社のご神木って大好きなんですよね。
ご神木の木の周りを、ぐるりと一周。
木の上に祠があったりしてすごいわ。
時間の経過を忘れそうです。

神社の中で、一番好きだった場所。
清水社に湧く水。

P1080698.jpg

なんだか気持ちよかったわ。
遠くの岩に、水を三回かけてお願い事をすると叶うとか。
でも、この水がなかなかうまくかからないのね。
水が真っ直ぐ飛ばない。
私の根性が曲がってるからだわと思いながらも、
手を合わせて。

織田信長が戦のお礼に奉納した土塀。
兵庫県の西宮神社の大練塀、京都三十三間堂の太閤塀とともに日本三大土塀の一つとして有名だとか。
保存状態がすごいわ。
そして、残りの土塀が関西にあるとは、これも観にいかねばと思い。

P1080708.jpg

そして、思わずパシャリのにわとりさん。
普通に神社になじんでました。

P1080715.jpg

これからの行動を考えて、お腹に何かを入れておいたほうがいいなと。
ということで、熱田境内にあるきしめんうどん屋さん、
宮きしめん」どーん!

P1080725.jpg

とっても、とーーっても濃厚なうどんをいただく。
神社の中で、食事をしているのが不思議な感じだったけど、
おうどん美味しい。

P1080720.jpg

神社の中は、無事に観ることができたけど、
本当は、宝物庫も行きたかったし、お土産も買いたかったんだけど、
泣く泣く足早に、神社を後にして。

名古屋の講座へ行くために、地下鉄に向かうと。
なんだか、地下鉄の張り紙が怖いのね。
歩くな、走るなって。
もう、うるさいぐらいに貼ってあったよ。
過去に事故があったのかなあと思いながら、
名古屋もエスカレーターは、左に乗るのかと、
ちゃんとみなさんの真似をして。

会場どこどこ?
と、遠くに見えたテレビ塔どーん!

P1080734.jpg

なんだか、嬉しかったわ。
すぐに会場がわかって、よかったしね。

そして、ここから夢の勉強の時間を終えて、
家路に着いたわけですが。
振り返ると、名古屋での滞在時間短いですねえ。
今度はゆっくり、まーちゃんオススメの味噌カツのお店に行きたいです。

本当に行ってよかったなー。
初めての講座で、かってがよくわからなかったし、
初名古屋だったので不安だったけれど。
とても楽しい、勉強になる時間でした。
舞風先生、美苑先生、京樹先生に感謝です。
もっと、宝塚の勉強をするぞー。
ちなみに、舞風先生退団後の授業なら、
優等生だぜとか考えたり。
素敵な時間をありがとうございました。
先生の優しい雰囲気、優しい笑顔。
見習います。

ここから、お土産を買って、
帰りのバスの中から、大きなビルどーん!

P1080743.jpg

綺麗だわー。
何のビルかは、わかんないけど。
遠いと思ってた名古屋。
近かったわ。
これなら、いつでも来れる!
講座楽しかったもの。
またぜひ、講座をしてください。

そして、大阪に帰ってきて、スカイビルをパシャリ。

P1080744.jpg

動き出しそうよねー。
勝手にガンダムみたいと思ってるけど。
さあ、ここからもまだ遠い。
でも、気持ちはるんるん。
最高の名古屋講座でした。
おわり。


別窓    宝塚の魅力に迫る コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
心はいつも。
2014-05-16 Fri 23:11


まーちゃんブログこうしーん

アラカンの更新お知らせのお話。
本当に藤の綺麗な写真でございます。
そういえば、幼稚園の校庭にあったなー。
幼稚園の園歌にも、藤棚の歌詞が入ってたり。
藤を切ってしまった、まーちゃんパパさんは、
どうやって仲直りをしたのか気になったり。
やっぱり、花っていいな。
そして、おそば美味しそう。
いつか、食べに行くぞでございます。


さてさて。
講習会備忘録。
4回目。

娘役のお話もありましたよ。
聞いていて、なるほどと思い、
受講生のみなさんの頭も、うんうんと揺れていて。

嬉しかったのが、現役時代に使っていた、
鬘や髪飾り、お稽古着を見せていただいたこと。
綺麗でこれが手作りとは、びっくりするほどで。
観たことあるーと嬉しくなったり。

一番前に座ってらした方が、
ちょうど、髪飾りが似合うお団子の髪形をしてらして。
舞風先生と美苑先生が、つけて生徒によく見えるように、
実演してくださいましたよ。
モデルになった方が、髪飾りが重いとひとこと。
「とても重い~♪」
と、即座に歌った美苑先生さすがでございます。

そろそろと、講座の方も終わりが近づいて来て。
宝塚とは何か?との京樹先生の問いかけに、
舞風先生は、「夢」であるとおっしゃっていました。
本当にそうだなーと。
お話を聞きながら、思いました。
とても長い言葉で、とても気持ちのこもったお話で。
聞いていて、すごく納得しておりました。
舞風先生すごい。
そして夢を観させていただいて、本当に感謝しております。
ありがとうございます。


そんな中歌う、舞風先生の「心はいつも」。
先生方、歌を5曲かな、歌ってくださって。
舞風先生の歌う、「心はいつも」がすごく好きでした。
今まで聞いた「心はいつも」の中で一番好きかも。
決していいとは言えなかった音響の中、
とてもとても、丁寧に歌っておられて。
じーんと、心に歌詞が入ってきて。
この歌、やしきたかじんさんの歌なんだなと。
フッと思ったり。
とてもとても、素敵な歌。
とてもとても、有意義な時間でした。

最後は、みんなで歌ったりして。
うんうん、講座っぽい。
講座の終わりは、大きな大きな拍手。
楽しかったなー。
こんなに楽しい勉強は、久しぶり。
先生方の授業なら、優等生になる自信があります。
またぜひぜひ、授業をしてください。
と、笑顔で講義を終えられる、
3人の先生方に思うのでした。
あとは、旅の備忘録へ続く。


別窓    宝塚の魅力に迫る コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
二人の先生。
2014-05-14 Wed 23:56

まーちゃんブログこうしーん

味噌カツのお話。
そうそう。
名古屋でご飯食べようと調べた時、どこがいいかわからなくてー。
次に行く時は、まーちゃんお勧めのお店で食べよう。
お店の名前、忘れずにいます。


さてさて。
名古屋の講座のお話。
3回目。

そうそう。
歌もたくさん歌って下さったのですよ。

京樹さん、歌がとっても素敵!
めちゃくちゃ好みの歌声。
さすが、ボーカルレッスンの先生でございます。

京樹先生と美苑先生が、名古屋でボーカルレッスンをされてるご縁で、
今回の講座が実現したそうで。
納得、納得。
お二人の先生方、とても素敵てす。

京樹先生が男役になって、舞風先生と歌うデュエットすごくよかったわ。
とても好きになったので、京樹先生のこと検索したら、
割りと早くに退団されたのね。
なんで?残念、もったいない!

スタイルも、顔が小さくてシュッとしてカッコいいし。
途中から、内山理名さんに似てると思って見てたけど。


美苑先生も可愛らしい素敵な歌声。
今回、歌の時はコーラスパートを歌ってらしたけど、
聞こえてくる歌声素敵。
歌を聞いてるとき、コーラス部分を聞くのも好きなんだな。
お話される声も可愛らしい。
ふんわりふわふわ。
マシュマロさんです。


舞風先生をサポートされる姿もさすがでございましたわ。
3人で歌う時に、舞風先生のマイクがあんまり入ってないから、
自分のと交換されたり。
音響は、あんまり良くなかったかな。
ひとつのマイクが爆音だったのだ。
それでも、三人の先生の歌声は素晴らしかったです。

舞風先生が立ち上がって説明する時に、
全身にプロジェクターの光が当たってて。
美苑先生、しゅたたたーと走ってきて、
ライトを消したり。
さすがでございますわ。
会場に時計も無かったので、
時間の経過がわからない舞風先生に、
きゅーのサインを出されてたりしましたよね。
娘役さんだなあ。
なんだか、いいなあと見ておりました。

京樹先生は、マイクを持って舞風先生の話のサポートをされていて。
次のコーナーへ移るタイミングの話を、
さりげなく振ったりね。
現役時代の使った品を、受講生に見せて周る姿も素敵だわなんて思ってたり。
お二人の先生のサポートで、舞風先生安心してたなあという雰囲気。
生徒といい先生といい、素敵な会場でございました。

舞風先生も素敵でしたのよ。
常に、生徒の方を見てられて、顔の表情がクルクル変わって。
首をキリンさんにして、後ろの方まで気にしてくれたりね。
もちろん、お二人の先生への気づかいも感じましたわ。
色んな舞風先生を見れたのでございます。
後は、舞風先生の座る椅子が、壇上で一段上だったらなあ。
もっとよくお顔が見えたのにと。
講義を聞きに行ったのに、ミーハな気持ちが出てしまいます。
あは。

三人で、ライヴも出来たらいいなとおっしゃって。
ぜひに、ぜひに!でございます。
必ず行きますよと。
舞風先生の歌う曲が流れた時、
ちょっと前の方が、「ん?」となっていて。
色んなパターンがあるのに、曲が間違ってたことに気がついててすげー。
私もイントロでわかるくらい、宝塚の歌を覚えるぞと思うのでした。
つづく。


別窓    宝塚の魅力に迫る コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
授業中。
2014-05-13 Tue 23:05


さてさて。
講座の備忘録二回目。


公演やディナーショーのように、割と詳細に備忘録するのではなくて。
ぼんやりと、自分の感じたことを備忘録。
なんとなく。
講座って先生の手法がそれぞれにあると思うので。



舞風先生の登場曲。
ズンチャズンチャの音楽は、おー宝塚♪ のやつ。

おお。
ぜっちゅ♪ の歌だわ。
起立、礼、着席 の始まりかなと思っていたので、
いきなりの歌からの講座の始まりに、テンションあがる!
京樹先生、舞風先生、美苑先生が前でマイクを持って、
三人で歌われてるよ。


いいわー。
テンションあがるわー。
客席のみなさんも、手拍子で盛り上がって。
舞風先生、客席に来てくださったのよ。
私も、心の中で歌うわよ。
でも、まだ「R」がどこにあるのかわからんと思ったり。
やっぱり劣等生、予習不足ですね。
今度は、完璧に覚えてきます。


前回のこだま愛さんが、きっちりきっかりと、
宝塚、娘役講座をされたそうで。
なので、舞風先生は、ご自身の写真を紹介しながらの、
リラックス宝塚、娘役講座。

舞風先生を長く、ずっと応援されてきた方には、
非常に懐かしい時間だったのではないでしょうか。
先生と一緒に振り返る宝塚の歴史。
客席が、とてもあったかい雰囲気で。

舞風先生が、「機械が苦手」とおっしゃったように、
パソコンが思うように動いてくれなくて、おろおろする先生が可愛かったりね。
まあ、パソコンのメンテナンスも悪いと思ったけどね。
舞風先生は悪くないのです。


スクリーンに写真が映ったとき、スクリーンに当たってる、
ライトを消したほうがいいなーと思ったら、
美苑先生が、しゅたたたーと駆け寄って長い棒でライトを操作して向きを変えて、
舞風先生に当てて。
さすが、美苑先生。
サポートがすごかったわ。
それに、なんかマシュマロみたいで可愛いの。
ふんわりふわふわ。
失礼かしら?
お二人の先生のことも、後にたっぷりと。


時々、舞風先生が写真を見ながら、
これなんの公演だっけ?
というときがあり。
客席から、

「レコラージュ」、「ペガサス」、「ペガ子」

などなどと声が飛んで。
舞風先生が、恥ずかしいので写真を飛ばそうとしたら、

「観た観た」

とのフォローが入ったり。
そこから芽生える、先生と生徒のいい雰囲気。
とても、なごやかな雰囲気だったのよ。
やはり、みなさん優しくて詳しいわと思いながら、
「ペガ子」って何よと思ったり。

でも、ファンからのお手紙とか言われたことで、
本当にジェンヌさんが、その場面を呼んでたりすることもあるそうで。
名古屋という土地での講座。
コムさんとの「しゃちほこリフト」の名前誕生もファンからの言葉だったそうで。


私が舞風先生の言葉で、一番印象に残ってるのが、
音楽学校生の制服の紹介で。
憧れの帽子と言いながら、帽子のことを「洗面器」と言ったのがものすごい印象に。
わかりやすくて面白い先生です。
あとは、実演勘違いポンタちゃん。
面白かったです。


そして、舞風先生のリラックスストレッチ講座の時間。
やった♪
先生のストレッチの授業を受けたかったので、
めちゃくちゃ嬉しい。
先生のわかりやすい指示の通りに、体を動かして。
本当に先生と生徒になってて嬉しいわ。

そして、体を動かして血の巡りが良くなったところで、
10分間の休憩。
なんたか、ぼーっとして。
このぼーっとする感じは、体を動かしたから?
舞風先生の授業を受けているから?
と、心地よいいい気分になるのでした。
つづく。

別窓    宝塚の魅力に迫る コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
学生。
2014-05-12 Mon 23:56



さてさて。
夢の講座の時間から一夜明けて。
少しだけ。
備忘録をしたいと思います。


初名古屋。
大都会だわー。
人も多いし、街も綺麗で近代的。
知らない場所なので、なんだかソワソワ。

そして、名古屋の方はみなさん親切丁寧。
変な予定の組み方をして、とにかく、時間がなかったので、
地図を予習していても、
ポイントごとに、人に乗り換え方法を聞いていた私。

聞いてみたお姉さん。

「私の中のメジャーな行き方としましては」

と、行き方を教わり、無事に目的地に着いてホッとして。
お姉さんのマイナーな行き方は、どんな方法だったのかと思いつつ。


観光をひとつ終えて、さあ講座の会場に着くと、
大きな大きな立派なビル。
エレベーターも、係りの方に開けてもらったりして、なんだか緊張。

着いた会場もとても広い。
勉強という雰囲気ではなくて、お客様いらっしゃいませとういような雰囲気。
記念に、看板をパシャり。

P1080738.jpg


披露宴会場のようなところに、なが机がびっしり。
会場の前方には、大きなスクリーンとプロジェクター。
勉強が始まるっぽいわ。

驚いたのが、勉強するのに最適な前方の席は受講生でびっしり。
忘れてました。
山梨の国文祭で、宝塚ファンの熱心さを学んだはずだったのに。
新米ファンなら、早く来ないとね。


しかも、みなさんなんだかとても上品なマダムの方が多くて。
宝塚観劇歴も長そう。
多分、この中で私が一番宝塚のことを知らないだろうなと。
一番の問題児。
なんだか、劣等感も芽生えてきて。
来てよかったのかしらと。

学生時代、席替えの時に、
進んで後ろの窓際の席を望んだように、
身を隠すように、今日の席も選んだりして。
ここなら、先生に当てられることもあるまい。
と、マダム方に埋もれて肩をなでおろす。


講座ということで、ちゃんと筆記具も持ってきたよ。
みなさんも、机の上に筆記具をスタンバイ。
いつもとは、ライヴやディナーショーとは、
違う雰囲気。
どんな勉強するんだろう。
ちょっと緊張。

そうしていると、いつの間にか会場も満員で。
そろそろかなと思っていたころに、
司会の京樹さんがマイクを持って話されて。

「舞風りらさんです」

と、言うと楽しげな音楽が、ズンチャズンチャ♪と流れてきて。
扉がばーーん!と開いて、ニコニコ笑顔のまーちゃん登場!

その笑顔を見た瞬間。
来てよかったと。
急に、このクラスで一番の優等生になる自信があり。

いや。

落第して補習を受けるのもいいなと。
ニコニコ舞風先生に思うのでした。
つづく。




別窓    宝塚の魅力に迫る コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
余韻。
2014-05-11 Sun 23:00


まーちゃんブログこうしーん


宝塚講座のお話。
みなさん、素敵な笑顔。
会場にいる人も、みなさんすごくいい笑顔だったのですよ。
だって、本当に楽しかったもの。
先生が楽しそうにしていると、きっと生徒にも伝わるんだな。
本当に、面白くて勉強になって、
楽しいひと時でした。


でも、ちょっと今グロッキー。

乗り物に弱いので、酔い止め薬を飲んで、
新幹線もバスも快適に乗り切ったのに。

最後の阪急電車で来た。
なんでだろう?
毎日乗ってるのにね。
慣れてる路線だから、油断したのかな。
乗り物に乗ると、寝るかボーっとするしかないのはつらい。
遠征は、家に帰るまでが遠征です。


ということで家に帰ってきて、死んでました。
ぐったり。
ということで、早めに寝るとします。
まだまだ余韻の真っ只中。
今日は、いい夢を観ることができそうです。
おやすみなさい。


別窓    宝塚の魅力に迫る コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
 HOME