FC2ブログ
虫の知らせ。
2016-11-12 Sat 23:59



さてさて。
ジュエリーのショーの備忘録も終わりましたが、
ここで番外編。
というより、どーでもいい話。
くだらなーい話。


虫の知らせ。
とか。
偶然の一致。
とか。
たまに、面白いなあと思い。


しばらくずっと、頭に浮かぶメロディがあって。

「ららららーらららららー♪」

何の曲だろう?
決まって浮かぶのは、家の掃除をしている時で。
誰の曲だろう?と思っていたら。

「あなたの~せいじゃない~♪」

芝翫香コレクションで、中西圭三さんの歌声を聞いて、
これや!!

と、思ったり。

↑ 自分で思っていただけで、ブログにも書いていないので、
後出しジャンケンですねえ。



じゃ・・じゃあ、これは?

私のブログの、8月27日の日記
「大鳥神社」に初めて行ったときの記録。
そうしたら、芝翫香コレクションで大鳥さんを拝見した!

芝翫香コレクションの発表が、9月19日あたりかな。
ほらほら、なんか偶然の一致。
これも弱い?



もう一ついうと、芝翫香コレクションで聞いた、
「Choo Choo TRAIN」。
天海さんのドラマで、天海さんが歌いながら踊ってた!


なーんて。
無理やりですねー。

人間は、一日に何百も、何千も、何万も考え事をしているらしい。
それが、たまたま自分が気になるキーワードと重なると、
とても印象に残るそうで。


時計の「1時11分」とか、「22時22分」とか。
一日に何回も時計を見ているけど、印象に残る数字だから、
ゾロ目を見たとか、不吉だ!
とか、考えてしまうそうで。


まあ。
いいじゃんね。
ちょっと、意味があるかも!
って考えて楽しかったから。


じゃあ、芝翫香コレクションで、
まーちゃんに関する虫の知らせは?

ない!

そんなもんです。
ショートカットのカツラも、あのジャンルのダンスも、
想像できなかったよ。
だから、新鮮で嬉しい驚きでした。

これで、まーちゃんのショートカットのイメージも脳にインプットされたよ。
私の虫の知らせコレクションに、ニューアイテムね。
しかし、ぐるぐるあの歌が頭を回る。
ときめきを~運ぶよ~きしゃぽっぽ~♪
梅おにぎりが食べられるように、なりますようにー。
虫の願いです。

別窓    芝翫香コレクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
最高の輝き。
2016-11-11 Fri 23:57


まーちゃんブログこうしーん!


熊本復興チャリティー公演のお話。

ほかの共演者の方のブログを見ていて、
おお、まーちゃんがお稽古場にいらっしゃると思い。
まーちゃんのブログで、日帰りお稽古だったのかと知って。
大変だなあ。
たった一日、たった一回の公演ですが、
こうやって作り上げて行くんだなと、
共演者の方のブログや、まーちゃんのブログを読んで思い。

そしてそして。
まーちゃんが、国歌を歌うとのこと。
すごいなあ。
あの大きな大阪府立体育館で、
(今はエディオンアリーナ。
 相撲もバレーもバスケもプロレスもできる、
 とっても大きな会場)
まーちゃんの国歌を聞くなんて。
私も今から、緊張しています。

体調がすぐれないとのこと。
昨日、寒かったもんねえ。
今日の大阪は、暖かかった。
この寒暖差にやられるのね。
どうか、気をつけてくださいませませ。
公演事務局から、チケットも届いたよ。
楽しみにしています!


さてさて。
芝翫香コレクション備忘録。
これが最後。
まあ、実質の終わりは昨日だけれども、
最後の感想ということで。

振り返って、一番に思うことは。
楽しかったーーーー!
ということです。

会場へ向かう前。
仕事は、一ヶ月のうちで一番忙しい日。
でも、毎日神様にお願いしていたからかしら。
それほど、てんてこ舞いになることもなく、
気分も害することなく、華麗に穏やかに、
仕事を終えることができました。

仕事を終えた、ロッカー室では、
着替える私と、若い後輩ちゃんを見て、

「どうした?なにかあるの?!」

なんて、驚かれて。
あーでもない、こーでもないと手伝ってくれたりね。
なかなか、楽しかったです。

しかし。
↑ 素敵なジュエリーの世界に、
こんな私が行ってもいいのだろうかと。
優雅なマダムが、車で会場に乗り付けてくるようなイメージだなあ。
まあ、色んな背景の人がいるということで。
この日、この時の輝きを見るのを楽しみに頑張れるのです。


会場は、素敵な人が多くてね。
普段、触れられない(いや、私が触れようとしていない)
ジュエリーの世界は、とても新鮮で楽しかった。
豪華なステージに、華やかな客席。
そんな空間で、とっても間近に観るまーちゃんのダンス。
最高に幸せでした。

最初から最後まで、
書きたいことを書いて、終わった備忘録。
普段、触れない世界を見て、知って、感じることって大切だな。
若い後輩ちゃんのミュージカルの世界の反応も新鮮でした。
若い後輩ちゃんは、ベリーダンスを習っているから、
出演されていた、ベリーダンスの方に釘付けだったよ。
どの方も、最高に素敵でした。

さあ。
日常の生活に戻ります。
ジュエリー、ちょっと欲しくなったり。
新作の「IZANAMI」。
月のデザインのものとか可愛いの。
私も、背伸びをすれば買える価格で。
ジュエリーって、やっぱり魔力があるわ。
なーんて。
思いながら、若い後輩ちゃんと感想を言いながら帰るのでした。
ありがとうございましたー。

別窓    芝翫香コレクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ちゅーちゅー。
2016-11-10 Thu 23:28



さてさて。
今日も始める、芝翫香コレクション備忘録。


備忘録の順番が、ぐるぐるしちゃったけど。
素敵な一日の記録はしたいのです。


ということで、だらだらと。


⚪会場。

当日、どんなステージになるか想像がつかなくて。
どんなかなーと、並んで待っていたら、
素敵なお客様がたくさん。
漏れ聞こえてくる音楽に、テンションが上がったりね。
一応。
ちゃんとした服装で行ってよかったです。
若い後輩ちゃんは、さすがの可愛さでした。


⚪オープニング。

中西圭三さんとヒューマンノートさんたち。
アカペラのグループさんで、どんな方たちかと思っていたら、
めちゃくちゃ人数が多かったわ。
だから、前から聞こえてくる歌声に、
パワーがあってね。
みなさん、素敵な笑顔。
自然とこちらも笑顔になります。
ファンキーな髪型で、素敵な笑顔の方が居てね。
笑顔って大切だなーと実感です。


⚪サックスの演奏、藤野美由紀さん。

めちゃくちゃカッコよかった!
あんなに近くで、サックスの演奏を聞いたのが初めてで。
演奏される曲は、Wham!の「ケアレス・ウイスパー」。
姉がWham!の大ファンで。
家で、この曲がずっとかかっていた思い出。
サックスがカッコいい曲ですよ。
ブログとかで見るより、実物の藤野さんがカッコよくてね。
今日の音楽は、しっとり系の音楽だったけど、
ガンガンと、攻撃的な演奏も聞いてみたい。
演奏を聞いていると、夜景とか浮かんできて、
お酒飲みたいなあと思ったり。
飲めないけどね。
サックスの音って、カッコいいんだね。
またゆっくりと聞いてみたいな。
ベースが、元チェッカーズの方というのもびっくりです。


⚪中西圭三さん。

やっぱり、歌がうまいなあ。
「眠れぬ想い」。
聞いていたよ。
まだ、カセットテープとかにお気に入りの音楽を入れていた時代。
「woman」とか「You & I」とか。
いっぱい聞いたなあ。
その方が、今目の前にいて、歌声を聞いているなんてね。
不思議な感じです。


⚪「美香女」の方々。

今回のコレクションのために出演される、
美しい女性たち。
おいくつぐらいの方たちなんでしょうね。
綺麗な方がいっぱいで、美容とか私もしなくっちゃなーと反省するよ。
黒いドレスの方が素敵だったなー。
お衣装とか、ご自分で用意されたのかなあとか興味津々。
美は一日にしてならずです。


○歌劇に出演された方たち。

夢はいかが~♪
の歌が、若干違ったような気がして。
まあ、ここに書けるほど元の歌を知らないのですが。
ホントに、今回のまーちゃんの髪型もメイクも好きなのよ。
ショートっぽいのも新鮮だし、メイクも似合ってたしね。
あとは、やっぱり笑顔が可愛いのさー。
夢をいっぱいもらいましたよ。


○まーちゃん。

とても細いけど、やっぱりダンスをされる方なんだなと思ったり。
ダンスで鍛えた筋肉で、シュッと締まってらっしゃるのね。
ショーに出てこられた、モデルさんとはまた違う細さ。
どちらも美しい女性の姿です。


○最後の「Choo Choo TRAIN」。

まーちゃんとサックスの藤野さんが、隣同士だったかな。
演奏も観たいし、まーちゃんも観たいし。
そして、ランウェイの方たちも観たいし、
大忙しでした。
「Choo Choo TRAIN」、久しぶりに聞きましたが、
歌詞も覚えているもんですね。
懐かしかったです。


さてさて。
ざっと、今浮かぶことはこんな感じで。
次で、最後になりそう。

しかし。
「Choo Choo TRAIN」の「ちゅーちゅー」ってどういう意味なのかしら?
と調べたら。
日本語でいう、きしゃぽっぽみたいなことを、
英語で、ちゅーちゅーというんだって。
なんとー!
ときめきを~運ぶよ~きしゃぽっぽー♪
というわけなのですね。
このコレクション、新しい発見ばかりです。
きしゃぽっぽ~♪

別窓    芝翫香コレクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
Choo Choo TRAIN。
2016-11-08 Tue 23:30


さてさて。
今日も始める、芝翫香コレクション備忘録。

もう書きながらなんだかわからなくなってきたぞ。

とにかく、ショーというものは、
視覚と聴覚で観るものだなと感じて。
言葉なんていらないなと。

ということで。


プロのモデルさんのお写真。
ミュージカルに出演された方が、
弾けるような笑顔なら。
こちらの方は、一切笑わず、
その対比も興味深くて。
色んな表現の仕方があるんだなと。
みなさん、スタイルがすごい。
美しいです。
(撮影・わたし)

P1390058.jpg

途中、ウェディングドレスで出てこられた、
モデルさんが可愛くてね。
きっと、10代か20代そこそこの方。
やっぱり、「若さ」というものは、
これまたすごい輝きで。

そして、自ら放つオーラは、
アンミカさんや大和悠河さんは、
やっぱりすごくて。
悠河さまに視線を頂いた!
……気がします。
(撮影・わたし)

P1390082.jpg

アンミカさんと大和さん。
(撮影・わたし)

P1390090.jpg

最後は、中西圭三さんが歌う「Choo Choo TRAIN」で、
盛り上がって。
ショーに出られた方は、ランウェイに出てこられて、
客席と盛り上がって。
ミュージカルに出演された方は、ステージの上から。
桜花さんが可愛らしくて。
歌舞伎の衣装のまま、ピョンピョン跳ねてらしたよ。
まーちゃんは、ニッコニコの笑顔。
やっぱり、可愛らしいお方です。
(撮影・わたし)

P1390094.jpg

ささーっと、まーちゃんの出演部分を書くと、
こんな感じで。
まだまだ、書きたいことはあるのですが、
終わった瞬間は、めちゃくちゃテンションが上がっていました。

すると、若い後輩ちゃん。

「なんでChoo Choo TRAINなんですか?」

Choo Choo TRAINはね。
中西圭三さんが作った曲で、
「ZOO」というグループがいてね。

「動物園?」

と、今の若い子は、Choo Choo TRAINは、
あのグループの歌の感覚があるようで。
なぜか私が本来はねと、熱弁を振るうのでした。

別窓    芝翫香コレクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
夢はいかがー?
2016-11-08 Tue 23:24

まーちゃんブログこうしーん!

クレラップちゃんのお話。
あら、可愛らしい。
普通の人がクレラップちゃんの髪型をしたら、
大火傷だけどね。
まーちゃん似合っております。

そして、手には梅のおにぎり。
梅かあ。
まーちゃんが持っていても、苦手な食材なんだな。
でもでも。
美味しい梅を食べてみたくなってきた。
和歌山行ったら食べてみよう。
きっと、苦手を克服出来るはずなのだ。


そしてそして。
まーちゃんが大阪に向かわれたのは、
来月の熊本チャリティコンサートのお稽古のためのよう。
もう、出演者の方のブログ更新で溢れかえっておりますが。

まーちゃんと同期さんの美乃さんのブログをえいっ
素敵な笑顔のお二人です。


さてさて。
芝翫香コレクションの備忘録。

話がわからなかったと書いたけど。

出演者のみなさまは、それはそれは素敵でしたのよ。


元OSKの桜花さんと沙月さんの踊り。
めちゃくちゃ美しかった!
顔も小さくて、指先まで綺麗でうっとり。
(撮影・若い後輩ちゃん)
moblog_2f5b17d3.jpg

(撮影・わたし)

P1390012.jpg

男装の麗人・鳴海さんと、鹿鳴館の女の大鳥さん。
大鳥さんの歌声を聞くのは、初めてかも。
近くで、聞くことが出来て幸せでした。
夏に「大鳥神社」に行ったことを思いだしながら。
女神様がこんなところに。
そして、鳴海さんはなんでもこなす方。
なんでも、うまいなあと。
こんなに、ハードなスケジュールなのに、
ブログもTwitterもありがとうございますと。
心の中でお礼です。
(撮影・若い後輩ちゃん)

moblog_b515a1ca.jpg

(撮影・わたし)

P1390022.jpg

そして、まーちゃんの写真ももう一枚。
今にも動き出しそう。
クレラップちゃんは、素敵なモダンガールに。
相手役さんを見つめる姿は、現役時代を彷彿とさせて。
素敵なお二人のダンスでした。
(撮影・若い後輩ちゃん)

moblog_c67c34f2.jpg

最後、夢はいかがー?♪
と、ランウェイを客席まで来て下さった写真は、
一枚もないんだなー。
だって、手拍子したいしね。
若い後輩ちゃんも、ノリノリでございました。

ちょうど、ショーを観たのは1週間前かな。
1週間前の今頃、夢の世界だったなーと思いながら。
会場も素敵だったし余計にね。
こうやって、歌劇を見返すと、
普通のカッコの人が誰もいないのねえ。
歌劇に出演された方が身に着けていた、
ジュエリーやバック。
私が持つことはないだろうなあ。
ジュエリー、やっぱりちょっと遠い存在だなあと思うのでした。
夢はいかが~希望はいかが~♪
別窓    芝翫香コレクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
エミリー・サンデー。
2016-11-07 Mon 23:45






さてさて、今日も始める芝翫香コレクション備忘録。


見つけたー!
やっと、見つけました。

大和悠河さんがショーでウォーキングされていた曲。

マドンナかなあと思って、全曲聞いたりしたのですが。
懐かしさのあまり、全然進まなかったりね。
曲を聞くと、昔の記憶が蘇るよ。


マドンナ全曲聞いてみて。
どうも違うと。
似ている感じの歌手の方を聞いてもダメで。
これは、CDショップで歌うしかないかしら。
と、探していたら。

鼻歌で見つけてくれるアプリがあるとのこと。
本当に?
と、インストールしてみたら1発!
イギリスの歌手、エミリー・サンデーさんでした。


見つけた瞬間に、これよこれこれ!
と、テンションが上がり。
カッコいい姿にもしびれたのでした。
ロンドンオリンピックの開会式で、
歌ったすごい方みたい。
もう、ずっとリピートしています。

英語が聞き取れたなら。
歌詞から検索するアプローチもあったんだけどねえ。
「deep、deep、deep、deep」
が。
「d、d、d、d」
としか聞こえなかったからねえ。
だいぶ、特徴のある部分よ。
ピンと来てないし、英語のセンスもゼロです。

だからこそ、なのかなあ。
この音楽が悲しくとも、力強くとも聞こえて。
そしてなんと!
今週、四年ぶりのアルバムが発売になるそうではないですか!
買うぞ、かうよ。

聞いていると、大和さんの素敵な姿か思い浮かぶよ。
カッコよかったもんなあ。
頑張って、この歌を覚えるぞー。
CDショップで歌うはめにならなくてよかったです。






別窓    芝翫香コレクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
んー。
2016-11-05 Sat 23:23



まーちゃんが、新幹線に乗られたのは。
やっぱり、京樹さん系のショーだったようだよ。
京樹さんのブログで、その様子がわかるよ。
名古屋の大学であったみたい。
美乃さんのブログにも
踊ってる、髪の長い方はまーちゃん?
観たかったなあ。
京樹さん、いつか外部の客にも開放してほしいなあと。
ちょっと祈ります。


さてさて。
そろそろ、宝塚OGの方が出演されたヒストリーのお話を。

んー。
書いてしまうと。

話が、わからなかった。

というより、頭に入ってこなかったのです。
鳴海さんのブログを読んで、初めて理解したという。
わー。


最初、いきなり、初代 中村芝翫の口上。
よく聞いていると、芝翫香の始まりを話していたのかな。
近くで観られることに感激して、頭に入って来ず。

そこから、着物姿の女性と踊りを踊り。

いきなり、タキシードの鳴海さんが話しだし。

大正時代の衣装の大鳥さんが歌い。

モダンガールで、モダンすぎる衣装のまーちゃんと鳴海さんが踊り。

最後、みなさんが出てきて、

「盛り上がる曲を一緒に歌いましょう!」

と、夢はいかが~希望はいかが~♪

と、歌って終わる。

↑ 私の目に映ったのはこんな感じでした。
このシーンに命かけて来たのに。
私の頭が、悪いのだろうかと思ったのですが。
若い後輩ちゃんも、同じ感想でした。


やっぱり、数分で歴史を演じるなんて難しいし。
ストーリーテーラの成海さんが、
一番初めに出てきてたら、話がよくわかったかも。

ランウェイを歩きながら、触りの芝翫香の話をしたりして、
「びんづけ油」とかも見てみたかったな。
最初は、歌舞伎の方のお店だったんだよと。
こんな風にと、歌舞伎の口上が始まれば・・・。

大正→モダンガール→【現代】 くらい流れていれば。
ほかの場面で、ウエディングドレスを着て、
結婚式をする場面があったのですが、
それこそ、そこに繋がったり。
「モダンガール」のゴージャスな衣装のジュエリーで、
流れが止まるから、

「いつの時代も、あなたの寄り添っている芝翫香」

みたいな言葉にも、いやいや、やっぱり高すぎて手が出ないよ。
遠い存在だよなんてことを思い。
芝翫香さんが、カバンも取り扱ってるから、
歌舞伎役者から、モダンガールへカバンを渡すんだけど、
それも意味不明で。
全部、ストーリーテーラの鳴海さんが、
時代の節目のジュエリーやカバンを渡せばよかったのに。
大正時代の大鳥さんにだけつけてたね。
なんでかしら?

歌も印象に残らない。
二年前?
の桂由美さんのヒストリーミュージカルは、まだ頭に残っているんだよ。

「パパが理想の結婚相手♪」
「~それを作ったのは~桂由美~♪」

強烈だったからね。
一回きり、客層の目当てはジュエリーなら。
強烈な印象が残るものではないとねえ。
まあ、芝翫香の歴史と言いながら。
話らしい話はなかったかな。
歌が上手い、みなさん美しくて眼福、ジュエリーはすごく綺麗。
宝塚、OSKはさすが。
なんて、私、ちょっと偉そうです。


そして、客席側も興味が他に飛ぶことがいっぱいだったからなー。
すごく近くで観ることができたし。
カメラを撮ってもOKだったし。
それが、私の気の散った原因だろうな。
しかも、なんで最後、

夢はいかが~希望はいかが~♪

だったのだろう。
芝翫香さんが、夢を売る、希望を売るということなんだろうけど。
演じる時間も短すぎたんだよ。
ひとつのジュエリーを、歌舞伎役者から大正時代、モダンガール、
そして、現代とつないでもよかったね。
それが、今回の新作の「SAZANAMI」に繋がるとかね。
とにかく、わかりませんでした。


と。
文句ばかり書いてしまった。
珍しいことだよ。
明日は、ちゃんとしよう。
それに、今回は備忘録の締めくくる言葉も浮かばず。
ミュージカルの歌が、まったく印象に残らなかったからねえ。
無理やり作るなら・・・・。
大和さんのショーの音楽はなに?
マドンナかなあ。
ずーーっと探しております。

別窓    芝翫香コレクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
 HOME  NEXT