FC2ブログ
全部、思い出。
2017-12-23 Sat 23:25


さてさて。

今日も始める、東京コンサート備忘録。


の前に。


まーちゃん、お誕生日おめでとうございます!

もう、誕生日なんて言わないでという感じでしょうか。

それでも、ファンとしてはお祝いしたいもので。

まーちゃんにとって、素晴らしい一年となりますようにー。

お祝いの羽田空港で見たクリスマスツリー。

P1500948.jpg


という感じで、東京コンサート最終備忘録。

観光もちょこっといたしました。


突然のひとり旅行。

ぽっかり空いた時間に、何をしようかなーと。

フッと、電車の窓から見えた東京タワー。

あ、観に行こう!(マジ)。

ということで、東京タワーどーん!

P1500279.jpg

シーズンじゃなかったのかな。

ほとんど貸切状態で。

東京の上空を独り占め。

どこが何かわかんないけれど。

P1500330.jpg

乃木神社にも行き。

P1500516.jpg

おみくじは引いていないけれど。

P1500555.jpg

乃木大将のお住まいにも行き。

P1500444.jpg

P1500447.jpg

泊まったホテル。

驚いたー!

ここだけ、阪急だったよ。

でも、なんだか関西のようで安心。

P1500574.jpg

そして、浮世絵の北斎さんの美術館にも行き。

P1500601.jpg

ちょっと、規模が小さかったですけれど。

P1500663.jpg

そして、スカイツリーに行き。

P1500694.jpg

運動場が緑だったよ。

P1500719.jpg

すみだ水族館にも行き。

P1500765.jpg

チンアナゴ大好き!

チンアナゴに大興奮し。

P1500880.jpg

NHKショップで、びじゅチューン!クリスマス福袋を買い。

P1500762.jpg

これが重くて、体力を奪われ(あほ)、最後の観光地となり(店内グッズ写真撮影OK)。

P1500756.jpg


浅草も行くつもりでしたが、疲れ果てて空港に行きました。


と、書いてこれでおしまい。


もう少し、ちょこちょこ動いているのですが、

それはいいとして。

こんな感じの東京コンサート旅行。

満喫しておりました。


不安なスタートで、会場でのハプニングや、

ちょこちょこ失敗もしましたが、楽しい東京旅行でした。

それも、一番の目的だった、まーちゃんも出演されたコンサートが、

とても素晴らしかったから。

綺麗な歌声で、笑顔も可愛くて、赤いドレスも素敵で。

最後、ロビーでお会いしたとき。

物腰の柔らかさも、笑顔も見習いたい女性だわと思い。

ちょっとした、紅茶の贈り物をいただきました。

まーちゃんとお話出来た人は、頂けたんじゃないかな。

準備等で、大変だったでしょうに、

こんなに素敵なおもてなしもしていただいて。

とっても幸せでした。

大切に、大切にいたします。

いや、飲めって?

いやー、飲めそうに無いです。

本当に最高に素晴らしいコンサートでした。


長くなった、東京コンサート備忘録も終わり。

今、思い返して何が浮かぶかと言うと。

東京のコンビニに入ったとき。

フッと見た、おでんに見慣れない白い物体が。

あれなに?

多分、はんぺんだと思うけれど。

ちょっと、食べてみたかったなあと。

いや、やっぱりやめとこう。

そんなくだらないことを書いて。

次、まーちゃんの歌声を聴けるのは、3月。

それを、めちゃくちゃ楽しみにして。

めちゃくちゃ、めーーっちゃくちゃ楽しみにしています。

東京旅行でお世話になった方、ありがとうございましたー!

別窓    育藝会コンサート コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ばら。
2017-12-22 Fri 23:56



おー。

スクールのブログにまーちゃん登場ですわよ

三井さんのディナーショーの様子。

すごい写真載せたなあと思いながら。

年に二回もディナーショーってパワフルですなあ。

みなさん、素敵な笑顔です。



さてさて。

今日も始める、東京コンサート備忘録。

第二部が終わり、アンコールに応えて下さり。

ステージの上には、今日の出演者5人が揃ってくださいました。


エレクトーンの清水さんと、バイオリンの益子さんが「きよしこの夜」を演奏しながら、

ほかの3人の方が、少しトークをしたりして。

よく覚えているのが前も書いた、まーちゃんの


「本物を観ました」


という言葉。

ステージに立つ方も、観客席にまわれば、

同じようなことを考えるんだなあと思いながら。

宝塚の本物も観たし、劇団四季の本物も観たし。

エレクトーンの本物も、バイオリンの本物も観ることができた、

幸せな公演でした。


そして、出演者と観客で一緒に、きよしこの夜を歌い。

まーちゃんが優しい表情で客席を観ていらしたのを覚えています。

そして、曲も終わり。

とうとう、コンサートの終わり。

大きな大きな拍手の中、出演者の方がステージを降りて、

楽しかった東京コンサートが終わりました。


と、書いてこれでおしまい。



↑ あっさり書いたね。

やっぱり、急いで書かないと忘れてしまうね。

それでも、いやー。

終わってしまいました。

普段と違う雰囲気で楽しかった。

宝塚のステージも劇団四季のステージも楽しめたし。

帰ろうとロビーに出ると、出演者の方がいらっしゃいました。

まーちゃんもいらして、小さなお子さんとお話するときは、

お子さんの目線に合わせて、屈んだりして。

その雰囲気の優しそうなこと。

屈んでドレスがたわんで、床に薔薇のドレスが広がってね。

とても綺麗でございました。


そして、東京のステージに行くとお見かけする、

まーちゃんファンの方と出会えたことも嬉しかったなあ。

きっと、すごくお若い。

ここでは、まーちゃんファンのエンジェルさんと呼ぼう。

エンジェルさんは、纏うオーラがとてもフンワリで優しくてね。

帰りの電車が危うい私を、乗り口まで送ってくださったりして。

本当にありがとうございました。

また、東京公演のときお会いできることを楽しみにしています。


さあ。

長くなった備忘録も終わり。

あとは、総まとめとちょこっと観光の写真くらい。

思い返しても、楽しかったことばかり浮かんでくるよ。

薔薇の花を見ると、まーちゃんを思い出しそうです。

綺麗だったー。


別窓    育藝会コンサート コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ふんわりトコトコ。
2017-12-21 Thu 23:26






さてさて。

今日も始める、東京コンサート備忘録。


バイオリンの益子さん。

とーーーーっても可愛らしい人だったわー。


ステージを観る前は、宣材写真を見て、

勝手にキビキビした美人さんと思っておりましたが。




(*´∀`*)




ずーーーーーーっと、こんな感じの方で。


やっほーー!

と言ったら、4秒後にやまびこが返ってくるようなテンポの方。

ふんわり、ふんわり。


どれくらいふんわりかというと、山口もえさんが近いかなあ。

勝手なイメージを抱いておりましたが、ものすごいギャップで。

最初、トークの時は少々心配しましたが、

段々と、会場も見守るような雰囲気の益子さんのふんわりが伝わって。

ああ、私も穏やかになりたいと思ったほど。


それでいて、バイオリンはカッコ良かったり、

綺麗だったり優しい音色だったり、子供ちゃんに語るように演奏したり。

客席を歩きながら、美女と野獣の「Be Our Guest」を演奏されたのが、

印象に残っているよ。


熊本さんがちゃきちゃきしてて、益子さんがふんわりで、

漫才コンビみたいだったよ。

よく、テレビでも演奏されているみたい。

平井賢さんと一緒に出ることが多いんだって。

また注目して観なくっちゃ。


きっと、すっごいお金持ちの家の生まれで、

ふわふわの犬を飼っていて、豪邸に住んでいそうだ―。

なんて、勝手なイメージを抱いたりして。

終始穏やかな雰囲気の方でした。

ニコニコ。



と、書いて今日はおしまい。



いいなあ、ギャップ。

私も欲しい。

そういえば、まーちゃんにもギャップにやられたっけ。

宝塚のステージで、すごく素敵に踊られていたのに。

何かの番組で、ふにゃーっとなっているのを観て、

一気に好きになったっけ。



ギャップじゃないけれど、小さなハプニング?があって。

第二部が終わった時に、大きな拍手で。


「これは、アンコールを頂いたと思っていいですか?」


なんて、熊本さんの面白い司会で、

一部で歌った、宝塚のお二人、初風さんとまーちゃんもステージに呼ばれて。

ああ、やっぱり薔薇のお衣装素敵。

とか、思っていると。

なんだか、まーちゃんの様子がおかしい。

トコトコと、ステージの横に行きたそうで。


ああ、マイクだ。

マイクが無いんだ。


「舞風様、どうされました?」


と、熊本さん。

熊本さんが、マイクを渡す段取りだったようで。

謝られておりましたが、

なんだか、可愛らしいまーちゃんが観られたので、得した気分です。


ふんわり、トコトコ。

楽器や役を離れると見えてくる一面。

私は、ひととなりも含めて好きになるので。

いいなあお二人の雰囲気。

と。

なんとか、あの雰囲気を盗めないだろうかとステージを観るのでした。

むりー。

別窓    育藝会コンサート コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
お衣装。
2017-12-20 Wed 23:24







さてさて。

今日も始める、東京コンサート備忘録。



トークも面白かったよ。


熊本さんと益子さんが、衣装をどうしようかとなったとき。

主催者に聞くと、そんなに派手でなくて良いとのことで、

可愛いワンピースでステージに立とうかと思っていたとき。

打ち合わせで、宝塚の方に衣装どうされますか?

と、聞くと。



「これ着まぁす!」



と、わっさーと薔薇のゴージャスなドレスを出されたと。

まーちゃんのことだよね。

ここで、ちょっと笑い。



それを見て、まずい!と思われた二人は、

慌ててお二人で衣装を買いに行ったそう。


「新橋で」


との地名に、会場がドンと笑っていましたが、

東京ネタがわからないのが、地方住みの悲しいところ。

きっと、あんなに素敵なドレスが売っていないところなんだろうねー。

キラキラお揃いの衣装で、可愛らしかったです。


お二人で衣装も合わせて、靴は別にしようと思っていたところ。

お店の方の靴も合わせた方がいいよ!

との言葉に、靴も揃え。

キラキラのイヤリングは、お店の方のサービス品だそうです。

↑ このお話を面白おかしく。

熊本さん、やっぱりトークが上手なのです。



と、書いて今日はここでおしまい。



お衣装のお話で、エレクトーンの清水さんのお衣装は。

と、紹介されようとしても、私はいいですーと、

控えめな清水さん。

ぐいぐい、熊本さんが聞いて行くと、

オペラの舞台の?衣装を制作するような方にオーダーメイドした、

スワロフスキーがたくさん使われた素敵なお衣装だそうです。

そんな素敵なお衣装の写真は、まーちゃんのブログで見られるよ。

衣装を見るのも、公演の楽しみの一つですよね。

まーちゃんの薔薇のお衣装、またどこかの公演で観たいなあ。

ホントに、ホントに、素敵でしたの。

また観られることを、願っておりますー。

別窓    育藝会コンサート コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
本物。
2017-12-19 Tue 23:02




さてさて。

今日も始める、東京コンサートの備忘録。



元宝塚 と 元劇団四季。



こんなにも違うんだと。

おもしろいなあと、感じることが出来た東京コンサートでもあり。



初めに書いておくと、やられました。

元劇団四季の熊本さんに。

やられました。


めちゃくちゃうまい。

でも、素直に認めたくないというか。

既に、熊本さんにどっぷりってことかな。

ぐははは。




熊本さんの自己紹介も、元四季らしいなあと思い。



「劇団四季に12年いました」


「ライオンキングのヒロイン、ナラをやってました」


「キャッツ出てました」


「コーラスラインも出てました」


「ライオンキングのCDキャストにも選ばれています」




ごめんなー。

私が持っているのは、

初演のキャストの濱田さんの方のCDやわーと思いながら。


気が強そうで、自己アピールもうまくて、

トークもめちゃくちゃうまかったわ。

ご本人もしゃべりの方がうまいかしらと、冗談を言うほど。

だいぶと、熊本さんワールド。

若干、今日のステージを全部もって行ったと思うほど。

まーちゃんや、初風さんの自己紹介とこんなにも違うのかとも興味深くて。



「元宝塚歌劇団の初風緑です」


「元宝塚歌劇団の舞風りらです」



という、あっさりの挨拶だった、初風さんとまーちゃん。

お二人だって、経歴を語れば、それはそれはすごくて。

男役スターさんだったり、元トップ娘役さんだったり。

そこには、一切触れず。

まーちゃんのライヴとかに行っていると、

たまにもっと出せばいいのにと思うこともあったりして。



でも、熊本さんも言うだけあって、

これが、めちゃめちゃうまい。

口だけじゃなくて、口以上。

輝かしい経歴も納得の歌声。


一曲目、アナと雪の女王の「生まれてはじめて」を歌って下さいました。

どれくらいうまかったかというと、沙也加ちゃんの歌声を聞いているみたいだったよ。

めちゃうまい。

きっと、宝塚の独特の男役娘役の発声方法(四季も独特だけど)より、

スッと耳に入ってくると思う。

でも、素直に耳に入れないわよなんて、

そんなことを思っていて。



そう思ったのが、リトルマーメイドの「Part of Your World」を歌われた時。

あー、まーちゃんの好きな曲だよ。

救いは、映画バージョンと違い、四季バージョンの歌詞で歌われていたこと。

まーちゃんバージョンじゃなくて、熊本さんバージョンだったってことかなー。

全然違う二人のリトルマーメイドを聞けて面白かった。

セリフがとてもあっさりだったよ。

まーちゃんなら、今日のステージで歌ったら、

どのような表現をされたかなーと思いながら。



と、書いて今日はここでおしまい。



ちゃんと書けているかしら。

私が知らず知らずのうちに、熊本さんを好きになって行ったことを。

ずっと、ニコニコしてらした益子さんの話の時に、

熊本さんがご自身のことを、不機嫌顔だとか、

ぶっちょう顔だとか、生意気そうだとか言われると言った時に笑ってしまいましたよ。

宣材写真より、目の前で動いて笑ってしゃべている熊本さんの方が、

断然、可愛かったです。



まーちゃんが、熊本さんが歌い終えた時に。


「本物を観た」


と、おっしゃって、会場も笑っていましたが。

いやいや、まーちゃんも本物ですからー。

でも、言いたくなった気持ちもわかる。

元劇団四季のスターは、すごい方でした。

また歌声を聞いてみたいです。
別窓    育藝会コンサート コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
マイドリーム。
2017-12-18 Mon 23:29





さてさて。

今日も始める、東京コンサート備忘録。



最後の曲になりましたとのこと。

寂しいと思ったけれど、

初風さんがおっしゃってた、彼女が歌いたいと持ってくる曲が、

大作ばかりだという言葉が印象に残っていて。

午前中のリハーサルで、結構、体力を使ったとの話をされて。



そうそう。

客席で聞いていて、いっぱい、色んな聞きたかった歌や、

大きな公演の歌を聞くことが出来て、

とても濃密で幸せな時間でした。


でも、やっぱり終わるのは寂しい。

聞き逃してなるものかと、次に歌って下さるのは、

ファントムより「HOME」。

やった、これも好きな曲です。



初風さんファントムが、ソファーの上に寝そべって。

寝るんじゃないのよ。

カッコよく、ソファーの上に横になって、目を閉じて。

まーちゃんの歌声を聞いています。


ずーっと目を閉じてらっしゃるの。

まるで、写真みたいだったわ。

時に、目を開けたくなったりしないのかしらと思いながら。

そこは、役に入り込んでいらっしゃるので。


これがね。

私の目が、まーちゃんに夢中で、

初風さんが、いつ目覚めたのか見逃したのが悔しいところ。

きっと、まーちゃんの歌声に反応するように、

目覚めたのかしら?と想像しながら。

まーちゃんの歌声もとても伸びやかで。

夢を歌うまーちゃんの表情が、可愛くて希望にあふれていて。

聞いていて、心地がよい歌声でした。



初風さんが目覚めて、ステージの上で交差して歌ったり。

見守るように、彼女は誰だろうと歌ったり。

途中のまーちゃんの、ああああ~♪

と音階を上がって行くのも、ものすごかった。

それでいて、ハーモニーは綺麗で、

最後のぐぉぉぉぉー!!は、大迫力で。

あんな小さな体で、すごい声量だなーと聞き惚れながら、

歌い終えたお二人に、心から拍手をするのでした。



と、書いて今日はここでおしまい。



ああ、終わってしまいました。

ホント、すごい歌声でした。

濃厚な1時間でした。

去っていく、まーちゃんの背中に拍手を送って、

薔薇の衣装も、まーちゃんと連れ添ってステージを後にして。

会場の拍手も大きくてね。

本当に幸せな時間でした。

でも、備忘録はまだ続くんだな。

早いもので、東京コンサートから1週間以上経っているのねえ。

でも、あの薔薇のお衣装、

素晴らしい歌声は、しっかりと覚えています。

ステージはまだまだ続くよー。


別窓    育藝会コンサート コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
夢の世界。
2017-12-17 Sun 23:27





さてさて。

今日も始める、東京コンサート備忘録。



続いてお二人で歌って下さるのは、

悲しみのコルドバより、「エルアモール」。

やった、好きな曲です。



まーちゃんが初風さんと出演すると決まった時、

初風さんに歌いたいとおっしゃった曲だそうで。

初風さんが、新人公演の主演を務めた公演。

阪神淡路大震災で、宝塚大劇場での上演が出来なくなってしまった公演。

初風さんが、倒れて入院してしまった公演。

非常に思い入れの深い曲なのですね。

客席で、心して聞いておりました。



もうもうもう。

本当に、お二人ともうまい。


気持ちがこもっているし、伸びやかな歌声だし。

歌詞もはっきり聞こえて、聞いていて心地よくて。

それでいて、最後のぐぉぉぉぉ!という盛り上がりは、

すごい声量で大迫力で。

いやー、良い歌を聞きました。

非常に素晴らしかったです。



初風さんの倒れてしまったエピソードを聞いたからかな。

公演をするにあたり、様々な思いで舞台に臨まれるんだなと。

新人公演でその日の為にお稽古を頑張ってきて、

主演が出来ないって、もう絶望意外考え付かない。

やり場の無い怒りは、ご自身に向いてしまったのだなあと、

初風さんを観ながら思い。

ホント、綺麗な心地よい歌声でした。



と、書いて今日はここでおしまい。



お二人は、宝塚の歌詞の世界観が好きだと。

トークになると、恥ずかしくなる言葉の並びでも、

歌になると、綺麗だな素敵だなと歌えると。

確かにそうだなー。

宝塚の歌で、こういう日本語があるんだと勉強にもなったりね。

それと今回の選曲は、まーちゃんの御意見がよく通っているんだなと。

それだけで、初風さんいい人だなと思い。

後輩に、のびのびとさせてあげているわけでしょ?

優しくて繊細で、器でもでかくて、

なんでも出来る器用な方という印象です。



あと、フッと思い出したのが、

宝塚のお衣装も素敵だとか、

可愛い役柄だとかなんとかの話だったと思うんだけれど。

まーちゃんがご自身を指して、


「キツイですね」


とおっしゃっていましたが。

ちょっと、ふふっと笑ってしまい。

全然、全然。

素敵な薔薇のお衣装、似合っていましたとも。

お姫様みたいだったわ。

女優は、みんな24歳。

ステージは、夢の世界です。

別窓    育藝会コンサート コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
 HOME  NEXT