FC2ブログ
めくってもにゃー(*´ー`*)
2016-09-30 Fri 23:11




さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴ備忘録。

一応、あのライヴハウスにいた時間のことを記録し終えて。
思い出すのは、本当に素敵な時間だったなあと言うこと。
照井さん、本当に人柄のいい素敵な方だなあと。

思い出したお話。
照井さんが、ミュージカルを嫌いだったのに好きになったきっかけに。
観に行った舞台が、関西弁の歌があるミュージカルだったそうで。

照井さんが、関西弁が抑揚のある言葉で、
その響きが面白いとか、音楽に聞こえるというような話をされて、
その時に主演をされていた方に憧れて、同じ劇団に入ったそうで。
関西弁って、そうなのかなと思い。
まあ、会社でひとりで電話でミュージカルをしている上司がいますが。
あんな感じなのかなあ。
普段、自分が使っている言葉なので、よくわからないんだけれど、
なんだか、嬉しくて。
関西弁って、嫌いな人嫌いだもんね。
私も、東京に行った時とか、言葉が伝わるように普段と変えたり、
テレビの真似をして話したりするときもありますが。
自分の言葉を褒められるのは、嬉しいものです。
照井さん、今度その憧れの方と同じ舞台に立つんですね。
すごい方だなあと改めて思います。


備忘録をするときに。
舞台を観に行った空間で、記憶に残ったり、
フッと頭に浮かぶ言葉で、ブログの記事を綴じていたりするのですが。
今回の、

「めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)」

まーちゃんが、照井さんの印象を聞かれて答えた言葉が浮かびました。

照井さんは、どんな印象かと聞かれ。
照井さんの中身を、めくってもめくっても、
穏やかな人柄しか出てこず、怒ることがあるんだろうかと。
その、「にゃー」の時のまーちゃんの顔がおもしろくてね。
ふにーとも、へぇーともなんとも言えない顔をされて。
とても印象に残ったので、勝手に書いておりました。

別の方も(また名前ド忘れ)照井さんのことを、

「神様みたいな子やで!」

と、おっしゃっていたそうで。
私の印象だと、「舞風りら」さんもそうなんですけどね。
お二人共、穏やかな印象です。


それに。
ご自身のライヴなんですから、
最後、照井さんがお一人で歌ったってよかったのです。
照井さんのファンは、そう望んでいたかもしれません。
でも、まーちゃんと一緒に歌ってくれた。
それが、まーちゃんファンとしてとても嬉しくて。
ゲストを立てて、そのファンのことも考えてくれたような気がして。
とても、とても嬉しかった。
備忘録をしながら、仕事が決算でめちゃめちゃ忙しかったのですが。
照井さんを思い浮かべて、落ち着こうと思っていましたよ。
めくっても、にゃー。
めくっても、にゃー。
魔法の言葉になりそうです。


そして、まーちゃんのことを思い出すと。

ほんと、不器用な方で。
この情報溢れる、デジタル時代に生まれたのが気の毒なくらい、
なんの情報も発信せず、消息もわからず、
「舞風りら」は、消えたのかと思う時期もありました。
まあ、プライベートの変化でしょう。
今もね、消えてるけど。

「アナログ人間なので、ブログで精一杯」

と、おっしゃられて、
暗に、Twitterもインスタもフェイスブックも無理と聞こえましたが、
絶対に、ブログ以外しないで!
無理だから!
と、念を送っておりました。
あは。


照井さんとライヴの情報があったときもね。
行くと決めて、色々と東京に向かう道中も気持ちがぐるぐるぐる。
関西から観に行くと、交通費や宿泊費。
その他いろいろかかるのだ。
そこまでして、私はなんで観に行っているんだろうかと。
あんなに、危うい人なのに。


そして、ライヴでまーちゃんを観たときに。
全部、吹っ飛んだ。

ああ、やっぱり大好きだーーーー!

なんて、思っておりました。
私の疑問、即解決。
やっぱり、死ぬまで好きです。
待つのもだいぶ慣れたわよ。
これからも、勝手に好きでいます。
ねー。


まーちゃんが好きだと言うことと、
贔屓目を抜きにしても。
好みはあれど、タイプの種別があったとしても。
本当に歌の上手い方だと思います。
(↑ だいぶ、抜いたな)
ミュージカルのような気持ちを載せる歌い方も素敵だし、
表情がくるくる変わるのも魅力的。
そして、人柄とのギャップよね。
あとは、踊る姿がたっぷりと観られたら最高でしょうか。
わたくしの夢でございます。
そうそう。
まーちゃんは、モールス信号なのよ。
手旗信号を見逃さず、
聞き逃さず、耳を澄ませておきます。
トンツー、トンツー、トントンツー。


さてさて。
長くなった、トーク&ライヴ備忘録も終わり。
あとは、東京観光をちょっと記録して総まとめ。

ライヴ終演後、照井さんとまーちゃんが客席に降りて、
お見送りをしてくださいました。
近くで拝見するまーちゃんは、
人間にして、天使、妖精、憧れの女性です。
ほんと、可愛いわあ。
(*´ー`*)
↑ 私、この顔になってたと思う。
まーちゃんのオーラで。
ありがとうございましたと、心からのお礼です。
幸せでございました。

今日、めちゃくちゃ長くなってしまった。
まあ、たまにはそんな日もあるさー。
楽しかった、ライヴハウスを出て行く時のさみしいこと。
また、ここに来たいな!
と、願望を込めて。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)
別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
あーあーあー♪
2016-09-29 Thu 23:51




さてさて、今日も始めるトーク&ライヴの備忘録。


まーちゃんが、「天上の夢」を歌い。
照井さんが、「マイフェアレディ」から歌い。
一度、ショーが終わり、ステージには誰もいなくなり。
アンコール、アンコール♪


再びステージに戻られたお二人が歌ってくださるのは、
順風満帆オリジナル曲、「春夏秋冬」。
← YouTubeでもアップされている曲。
やった、大好きな曲です。


この曲が始まる前に。
照井さんがどんなお話の曲かを話して下さるのですが。
照井さんの説明に合わせて奏でる、
秋山さんの即興ピアノが絶妙。
照井さんがだーっと、早口で話すのも面白いんだけどね。
だいぶ、話の筋を言ったんじゃないかなあ。
結構、ぶっ飛んだお話で、
どのようにこの名曲が歌われるのか想像できず。
いつか、観ることが出来たらいいな。
照井さん、よろしくお願いします。


会場があたたかい笑いに包まれて。
それでもお二人は、演奏が始まると、
すっと歌の世界に入られて。
すごいなあと思います。

この曲の歌詞が綺麗なのはもちろんなのですが。
私が好きなのは、まーちゃんの「あー」でございます。

あ~あ~あ~♪

あ~あ~あ~♪

あ~あ~あ~♪


↑ の部分のまーちゃんの歌声の美しいこと。
しかも、文字に書いたら全部一緒だけれど、
歌声は全部違うんだよ。
その歌う時の手の動き。
ご覧になりました?
優しく胸元で、小さく美しく、
まーちゃんの中から、音符が出てくるような。
それこそ、カサノボーさんが以前におっしゃっていた、
「カップソーサを優しくおくように」
とても、美しいまーちゃんの仕草です。


そして、サビに入る前のバイオリンがカッコいい。
ぐわーっと、盛り上がって行く感じで、
照井さんとまーちゃんの視線も、
鈴木さんの演奏をそっと見つめていて。
めっちゃカッコいいね。
ここの部分になると、鈴木さんも体が大きく揺れて、
「見せる」演奏といいますか、「魅せる」演奏といいますか。
やっぱり、バイオリンっていいなあ。
鈴木さん、めっちゃカッコいいです。


と書いて今日はおしまい。
今日でトーク&ライヴの備忘録を終えるはずが終わらなかった。


まーちゃん、歌っている時は切なげな表情で。
歌い終わると、ぱーっと明るい表情で。
くるくると色んな表情が観られるライヴハウスの公演。
最高でございます。
幸せでございました。


照井さんによる、メンバー紹介。
みなさんに、ありがとうございましたと、
精一杯、拍手いたしました。
まーちゃんが、ブログに書かれていた言葉。

「あたたかい何かが伝わったらいいな」

もう、充分過ぎるくらい伝わっております。
客席から伝える方法って、拍手くらいかなあ。
ほんとにありがとうございましたと。
楽屋に帰っていくまーちゃんに思うのでした。


さて。
備忘録も明日で区切れるかなあ。
予定は未定。
気の向くままにです。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
お二人。
2016-09-28 Wed 23:47


さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴ備忘録。

終幕に向かう前に、だらだらっと箇条書き。
流れを忘れたので、覚えている部分をよっこらしょっと。


〇宝塚音楽学校の入学試験のエピソード。

歌の審査があることを知らず、
歌えませんと言ったエピソード。
私なら、合格やで。
オーディションで、芋に彫刻して
芋のハンコを作った北川景子ちゃんくらいすごいわ。
まあ、そうもいかず。
当時、まーちゃん15歳かな。
今だから笑えるけど、ショックだったろうなあ。
正直ないい子です。


⚪キラキラ。

まーちゃん、デコルテ辺りにキラキラ魔法の粉。
いやいや、まーちゃんがキラキラなのよ。
なーんて。
素敵なオーラです。


⚪勝手な観察。

まーちゃん、お痩せになったか。
照井さんも書いてらしたよう
躍り込まれているんだろうなと。
まーちゃん、緊張されると脇をグッと締めて、
マイクを持つ印象で。
二の腕をフニフニしたくなったりしたのですが。
シュッとしてらしたわ。
何歳になられても、体型を維持されていてすごいです。


⚪ド忘れしたけれど。

MCの立花さんが他のお仕事で、
退団された宝塚OGの娘役さんと話した時、
今度、舞風さんと仕事をすると言ったら、
まーちゃんのことをすごく尊敬できる方だと、
おっしゃっていたそうで。
まーちゃんが、その娘役さんが入団した年のトップさんだそうで。
いっぱい、モヤがかかって私を見ていたんですよ。
と、まーちゃん。
ほんと、照井さんもまーちゃんも謙虚さんです。


⚪照井さんも、ソロの曲をもちろん歌われていて。

「マイフェアレディ」から、タイトルを忘れちゃったけど、
素敵なあまーい歌声で。
照井さんは最初、ミュージカル嫌いだったんだって。
歌の発声方法もわからず、オーディションを受けたこともあるって。
こんなに、美声で歌のうまい方が?とびっくり。
びっくりエピソードでした。


⚪MCの立花さんが。

まーちゃんに照井さんの印象を聞かれたか、
動物に例えたらか、忘れたけれど。
小さなカラカラを回している、小動物みたいだと。
二人が共演した「マウストラップ」で、
照井さんがまーちゃんの弟的存在部分もあったからだそうで。
そこから、照井さんがもうハムスターに見えて困る。
カラカラ回している姿が可愛いのです。
カラカラ、カラカラ。


⚪逆に、照井さんからまーちゃんを見てどんなイメージかと。

忘れたぜ。
なんて言ったか、忘れちゃった。
やっぱり、備忘録は勢いが大切です。


と、書いて今日はおしまい。

照井さん、まーちゃんが話している時も、
人柄の良さがあふれでていて。
ちょこっと、座って客席と一緒に、
まーちゃんのエピソードを聞いている感じで。
それで、まーちゃんが照井さんに話を頑張って振ったら、
なんか、無茶振りっぽくなったりね。
お二人の人柄溢れる、
あたたかいトークショーでございました。
また、思い出したら備忘録。
さあ、そろそろ終幕へ向かいます。
ほんとに素敵なお二人です。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
10年。
2016-09-27 Tue 23:50



さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴ備忘録。

歌の記録をしているのでもう一曲。
まーちゃん歌う、最後の曲とのこと。
終わりが近づいてきたよ。
まーちゃんが歌った曲。
宝塚の退団公演「堕天使の涙」より「天上の夢」。

MCの立花さんに、簡単にどんなお話ですかと聞かれ。

「考えていなかった」

と。
どんな話かと聞かれたのは、想定外だったみたいで。
上手に、まとめて簡潔に説明をされておりましたよ。
私が説明するなら、どうなるかなあ。
神様に怒られて、天上界から人間界に追放されて。
ちょっとスネてるイケメンの堕天使が、
盲目の少女に出会って、少しだけ気持ちが変化するお話。

その盲目の少女、リリスがまーちゃん。
私は、この堕天使の涙のお話が結構好きでございます。
もちろん、まーちゃんの役のリリスも。
書くと、長くなるので止めておきますが。


やっぱり、まーちゃんうまーい。

最初の歌詞って、絶望しかなくて。
切ない雰囲気なんだけど、
まーちゃんがゆっくり上を見上げると、
リリスが夢見ている世界が広がる。
踊ることだけが、神様が与えてくれた愛。
踊っているリリスが見えるもんね。
私の夢でもございますのよ。
また、踊るまーちゃんを観たい。


バイオリンの音色で、
コムさんの歌のパートを演奏されていたのですが。
心の中で歌った人は、宝塚ファンだろうね。

心とかして~♪

ホントに、バイオリンの音色が素敵でうっとり。
ここのライヴハウス、音もすごくよかったのよね。
ライトも素敵だったし、またここに来たいなあ。

高音も伸びやかで、聞いていて心地よかったわ。
そして、やっぱりこの歌は切なくなるねえ。
と、書いて今日はここでおしまい。

本当に歌がうまいなあ。
この歌に入る前に、MCの立花さんが、
退団したのは何年前ですか?と。
何年前だっけー?とまーちゃんがなっていたら、
客席から、

「10年、10年」

10年前かあと、改めて思い。
宝塚時代と歌い方が変わったせいで感じるのもあるけど、
10年前よりうまくなっている気がする。

別の話で、宝塚時代はがむしゃらだったと。
あの時は、あれが精一杯みたいな話をされていて。
10年前の歌も、今日の歌も大好きだと。
ありがとうございましたと、歌い終えて去っていく、
まーちゃんに心から拍手をするのでした。
まだまだ続くよー。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
なんとかなんとか。
2016-09-26 Mon 23:58




さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴ備忘録。

話を追わずに、歌のこととか書いているから、
では、歌のことを。

照井さんとまーちゃんが歌う、「ミー&マイガール」。
照井さんが、東宝バージョンの歌詞を歌って。
まーちゃんが、宝塚バージョンの歌詞を歌う。
二回目ですよね。
このごちゃ混ぜの歌詞で歌う、ミー&マイガール。
照井さんが、歌詞を覚えるのが面倒なんじゃないよと。
ちょっと疑ってごめんなさいね。


曲の出だし、照井さんが歌いだして。
続いて、まーちゃん。


「なんとか なんとか ためになる~♪」


ちょっとだけ。
あら。
こんな歌詞だったかしら。

一箇所、「なんとか」ならわからなかったけれど。
「なんとか なんとか」
と続いて、
おや?
と。

まーちゃん、今までも歌詞の間違いはありましたが、
すごく自然に、歌詞を作られたり、
ひとつの言葉を間違えたりする程度でしたが。
派手にやりましたなー。
出だしのソロ部分なので、ちょっと変かもというのは、
私にわもかったよ。
宝塚ファンの達人の人なら、すぐにわかったかもね。
まーちゃん、歌詞を度忘れです。


まーちゃん、正面を向いて、あちゃーっと。
客席も、やっぱりー?
今、何かおかしかったよねーと。
あたたかい笑いが起こり。
ハッピーな曲だから、いいじゃないですか。
やっちまったーの顔も可愛いのです。

照井さんとまーちゃんもすごいと思うのよ。
東宝バージョンの歌詞と宝塚バージョンの歌詞。
お互いの歌詞を聞いて、いつもと違うなーとならないのかしら。
まあ、まーちゃんは聞いたから歌詞が飛んでしまったのかもしれないけれど。
会場で、次第に手拍子が起こり。
この曲は、明るくていいね。
小さなこと、吹き飛ばす力があります。

と、ここまで書いて今日はおしまい。

照井さんもまーちゃんも、ニコニコ。
ジムとデラのブライトン劇場の公演も、
こんな感じになりそうだわ。
まーちゃん、この曲はよく客席をご覧になっていた印象。
ニコニコ笑顔の素敵な方だわ。

歌い終わって、照井さんとMCの立花さんと一緒に、
まーちゃんが間違えた部分の正しい歌詞を検証。
まーちゃんの正しい歌詞を、美声で聞けてラッキー。
客席で私も前向きです。
ひたすら、まーちゃんは謝っていたけどね。
ハプニングも生のライヴならでは。
また、ぜひぜひ。
ライヴしてくださーい。
こんなこと書いたけど、備忘録はまだ続く。
なんとか、なんとか、なんとか、にゃー(*´ー`*)


別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
突っ込み。
2016-09-25 Sun 23:58



さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴ備忘録。

細かいことは、あとでだーっと書くとして。

まーちゃん、トークの登場の時に、
楽屋から水のボトルを持ってきていて。

「もってきちゃったと」

なので、机の上には照井さんの分の水と、
まーちゃんのために用意された水と、
まーちゃんが持ってきた水の三本。
別にね、大した問題じゃなくて、
そのままトークも進んで行って。

しばらくして、トークの隙間に、
まーちゃんがお水を飲もうとして。
なんか、一瞬動きが固まって戸惑って。

「今、チャンスだと思ったんだね」

と、照井さん。
まーちゃん、トークの隙間のチャンスに水を飲もうと思ったけれど。
どれを飲んでいいかわからず、迷っていたら、
すかさず、照井さんの優しい突っ込み。
そう、照井さんツッコミも優しい。
ニコニコで最終的に、これだと教えてあげていたし。
まあ、手前の2本がまーちゃんのなんですけどね。
会場も笑い。
無事に飲めてよかったです。

ヒストリーを聞いていくわけですから。
お二人のすごい経歴を聞いていると、
自然と褒める言葉も多くなり。
照井さんもおっしゃっていましたが、
ちょっと、恥ずかしくなるのかしら。
まーちゃんもちょっと反応が鈍くなったときだったかな。
その時に照井さんが、

「飽きちゃった?」

というと、MCの立花さんが、

「五歳児かっ!」

なんてツッコミを入れておりましたが。
一分で終わる経歴が、何分も経っておりましたから。
飽きてもないし、五歳児でもないぞー。
ニコニコまーちゃんなのです。

でも、まーちゃんは歌いだすとガラリと変わる。
ベルサイユのばらより、「乙女の祈り」。
うまーい。
言葉もすごく丁寧で、まーちゃんが歌いだすと、
急に春風が吹いてきたよ。

ベルばらのロザリー。
触れてはいけないのところで、
ふわっと、道の花を見るような仕草で、
少し左を見て微笑んで。
ベルばらのロザリーって、くるっと回って、
右を向いて、左手を差し伸べる振りがあったような。
つまり、舞台上のロザリーは向き合っているんですね。
私の脳内で。
変わらない、ロザリーの姿。
歌に優しさが増したかなあ。
優しい笑顔で可愛いなあ。
本当に歌も伸びやかで、聞いていて心地よい。
幸せで、心からの拍手です。


と、書いて今日はおしまい。
まーちゃんが歌い終わって、
照井さんがステージに戻って来られて。

「すごい歌詞だね」

と、笑顔の突っ込み。
確かに、なかなかの歌詞ですなあ。
乙女の祈り。
何歳になっても、女性は乙女なのです。
いえーい。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
順風満帆。
2016-09-24 Sat 23:34




さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴ備忘録。


まーちゃんのヒストリーをたどっていくわけですが。
初めて宝塚にはまったり、
目指そうと思ったきっかけはとの質問に。

「記憶にないんですよね」

との言葉に、会場も笑い。

まーまーまー。
私も段々と、過去のことは忘却の彼方になってきたのですが、
そこは、生徒さんも観に来ていることですし、
まーちゃんのことを初めて観る方もいるでしょうし。

「一分で終わる」

いやいやいや。
ゲストとはいえ、ゆっくりと思い出して行きましょう。
きっと、何回もこの話を聞かれ、
何回も答えているだろうね。
芸能人は大変だ。


聞いていて、真新しい話は無かったけれど。
バレエのお友達(前田新奈さん、新国立劇場バレエ団ソリスト)に誘われて、
宝塚を観て、大浦みずきさんに憧れて入りたいと思ったと。
MCの立花さんも、大浦みずきさんが、宝塚を好きになるきっかけだったようで。
二人で盛り上がっておられました。

「足が、こんなに上がって」

という感じで、まーちゃん頭の上に手をぴょこんと。
ピンクレディーのUFOみたいで、ちょっと会場も笑う。
なんかね、まーちゃんのすること一つ一つが面白いのねえ。
可愛らしいわと思い。


流れを忘れたので、書きやすいように書くと。

照井さん主催の劇団、「順風満帆」。
照井さんが、この言葉があんまりいい意味で使われないと。
例えば、今までの人生は順風満帆であったが、
このあと、波乱万丈の展開が待っていた、
という風な使われ方をすると話されて。
照井さんの舞台人生は、どうであったかと。

30人?40人?くらいのキャストの中で、
自分だけがただひとり、マイクを付けてもらえない公演があり。
その悔しさをバネに頑張ったというような話をされて。
若干、会場に笑いが起きたのよねえ。
なんで笑ったんだろう?
よく話されているお話なのかしら。
すごい話だなあと思ったんだけどな。


そしてまーちゃんの舞台人生も、
順風満帆であったかというような話になり。
いやー、全然。
セリフがひとことの時もありましたと。

まーちゃんのことを知っている人なら、
笑えないよねえ。
別に、笑いが起きたわけじゃないけれどね。
初舞台から応援している、まーちゃんファンのお姉ちゃん。
花組時代から応援されている、憧れのまーちゃんファンの方。
会場で、ずっとまーちゃんを応援してきた方。
聞きながら、色んな思いが巡ったでしょう。
まだまだ、まーちゃんファン歴が浅い私には、
書く事もできないわよ。

明るく、サラリと話すまーちゃん。
苦労を見せないって、すごいなあとも思い。
首席で劇団に入り、着々と役も付き、
順風満帆かと思えた舞台人生。
あっ、照井さんのおっしゃることが本当だと思い。
順風満帆、これからは、いい意味で使おうっと。
いい言葉じゃないですか。
願いも込めた、素敵な言葉です。


と、今日はここでおしまい。

お二人共、とても謙虚。
もう、話す機会が多くて何も思わないのかな。
↑ 話にはでなくて、私が勝手に書いたけれど。
まーちゃんは、首席入団でトップ娘役に。
文字にすると、一瞬で終わり話すと1分で終わるけれど。
お二人のヒストリーを聞きながら、
「HappyWings」が頭をよぎり。

ジムとデラが、照井さんとまーちゃんに重なったり。
だから、あのお話が熱く感じ、
私は大好きなのかなあ。
と、ちょっと考えて。

今日は、とっても長くなったわ。
これでも書き足りない。
そして、まだまだ続くよー。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
サッキスホーン。
2016-09-23 Fri 23:18


まーちゃん、ブログこうしーん!

といっても、スタッフさんだけれど嬉しいよ。
芝翫香さんのショーのお話。
まーちゃんは、大鳥れいさんたちとミュージカルに出るようですね。
どんな話になるのかなあ?
今からワクワク。
そして、スタッフさん。
お知らせボードの更新もおねがいします。


そして、京樹さんのブログにもまーちゃん登場だよ。
トーク&ライヴで言われてた、一般の人は行けないショーのことですね。
去年も名古屋でされていた、京樹さん系のお客様のショー。
結構、規模が大きいようで観たいのよねえ。
まーちゃん、短期間でお忙しいねえ。
その合間に、ひょいっとブログを更新してくれたら嬉しいのですが、
たぶん、いっぱいいっぱいなんだろな。
のんびり待ちます。
ぼーっと。


さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴの備忘録。

ステージから呼ばれ、まーちゃんが登場。
可愛いわあ。
まーちゃんファンのお姉ちゃんが、リリスみたいだと。
ホントだわ。
人間にして天使。
まーちゃんだけです。
神はあむろちゃんね。
雑魚は私。


お二人が歌ってくれるのは、ミスサイゴンより「世界が終わる夜のように」。
ミスサイゴンも観たことが無いので、
会場で先入観無しに観ておりました。


この曲に。
お二人の声のキーが、合っているかどうかはわからないのですが。
マイクを顔から結構離して、
二人で向かい合って、歌うところなんて感動。
まーちゃんの歌声で、
わりと、フワリとした歌を聞く機会が多かったので、
激し目の歌や、このような低いキーの歌声って新鮮。
いや、まーちゃんって声は低めだと思うのですよ。
それでも、低いキーの歌だなと。
ちょっと、嬉しくてドキドキしました。


「あなたと」

の部分のまーちゃんの歌声が耳に残ってるよ。
あと、「サックスホーン」。
サックスホーン?サッキスホーン?
会場で、サックスが一体なんだ?
どうしたんだろうと思っていて検索すると、
知念ちゃんの歌声が動画でありました。

おお、知念ちゃん。
ライヴにも行きましたよ。
「第二の安室奈美恵」
のキャッチフレーズでデビューしたのですから、
注目しないわけにはいきません。
名曲のデビュー曲も歌えるよ。
わっちゃごなどぅーふぉーみー♪
ライヴで、

「みんなー!やる気あるー?」

と、掛け声をかけたのが忘れられない。
なーんて。
かなり脱線。

知念ちゃんの歌声を聞きながら、
まーちゃんの歌声を思い出していました。
負けてないわ、まーちゃん。
力強くて、もちろんうまくて。
素晴らしい、歌声でした。


と、書いて今日はおしまい。
今回のライヴで、わりと低めのキーで歌うことが多くて。
もちろん、高いキーの歌もあって。
色んなまーちゃんを観ることができて、幸せでした。

照井さんの声量、ぐわー!
まーちゃんの声量、ぐぉー!
私、客席で、うひゃー!
幸せでございました。

また、この歌聞きたいな。
まだまだ、色んなまーちゃんがいるはずだね。
そんなまーちゃんを観られることを願って。
まだまだ備忘録は続くよー。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
先入観
2016-09-22 Thu 23:17



さてさて。
今日も始める、トーク&ライヴの備忘録。

照井さんの歌、レ・ミゼラブルから「彼を返して」。

レ・ミゼラブルは、舞台と映画を観ましたが。
この作品も、とてもコアなファンがいますよね。
私は、なるほどーくらいの感想で。
歌とか素敵ですけど、話が暗くて、
気持ちが落ちちゃうんですよねえ。

MCの立花さんが、
「バルジャンですよ!」
と、照井さんのイメージでは無いでしょ?
どや!どや!
みたいな感じで、
客席みんながレ・ミゼラブルを知っている前提で話しておられましたが。
私は特になんの先入観も無く。
照井さんの歌声を聞いておりました。


綺麗な歌声。
やっぱり、素敵な歌声だなあと。
目をつぶって、この歌の情景を思い浮かべておられるのでしょうか。
座ったままで、歌うなんてすごいなーとか。
目の前で歌う、照井さんを観ておりました。

ひとつだけいうと。
照井さん、この歌に思い入れがあるようで。
舞台上でこの歌を聞いていて、涙がこぼれたそうで。
その歌っている方のことをおっしゃっておられましたが。
MCの立花さんのどやどや!と。
照井さんのお話で、この歌のハードルがとても上がったなあと。
聞いていて、涙は出なかった。
なんて、思ってしまったではないか。
すっごく、素敵な歌だったのに。

あんまり、先入観の入る情報はいらないなあと、
ほかの場所でも思ったり。
それはまた後ほど。
本当に、綺麗な歌声でうっとりしたのよ。
照井さん、やっぱり歌が上手いなあという感想です。


トークがどの間に入ったか忘れちゃったけど。
あとで、場面事に記録するとして。
歌は二曲目になり。
照井さんが、ひとりで歌えない曲だと、まーちゃんが登場!
まーちゃん、ニコニコ。

と、書いて今日はおしまい。
↑ 知らない歌だと、冷静というか失礼な感想というか。
でも、素直に思ったことなんですよね。

ここからは、まーちゃんもずっと舞台の上にいて、
トークが始まりますのよ。
ニコニコのまーちゃん。
相変わらず、可愛いのです。
まだまたま続くよー。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
照井少年。
2016-09-21 Wed 23:04

さてさて。
今日から始める、トーク&ライヴの備忘録。

トークの開始は、もちろん照井さんから。
ジムの衣装から着替えて、素敵なお衣装に。
すごくスタイルがいいんですねー。
シュッとしてて、カッコイイわ。
顔も小さい!
ブログとかを読んでいても、走ったりトレーニングを欠かさない印象で。
さすが、俳優さんだわと思い。

どんな流れで話していったかな。
照井さんが、MCの立花さんと、
照井さんのヒストリーを話してくださる感じで。
子供の頃には、ジャッキー・チェンに憧れて。
中学校で体操部に入ろうと思ったけれど、
体操部が前年度で廃部になり。
テニス部に入ったそうですが、高校の引退試合が衝撃で。

引退試合で、サーブをミスして。
もう一本、サーブを女の子打ちといいますか、
アンダーサーブですくい上げるように打ったら、
それが相手コートに届かず、ゲームオーバー。
6年間、テニスに打ち込んだ最後がダブルフォルト。
試合終了。
びっくりです。

えーーー!
聞いた瞬間に、ぐわっ!
と。
それはそれは、悔いが残る。
自分に置き換えると、高校最後のバレーの試合で、
サーブミスをするような感じか。
まず、顧問にめっちゃ怒られるけど。
それは、6年やってきて不完全燃焼だなあ。
もしそうなら、大学でもバレーをやったかも。
でもそこは、照井少年。
そこから、演劇部を作ったそうな。
引退試合から、二日で。

それで、演じるのが楽しかったそうで。
照井さんもおっしゃってましたが、
もしあの時、中学校に体操部があったら。
もしあの時、テニスのサーブが入っていたら。
それはまた違う人生であっただろうと。
そうすると、「HappyWings」は生まれないのか。
それどころか、今、こうやって目の前で話してないのね。
それはさみしいなあ。
人に歴史ありだなと。
じっと聞いておりました。

所属していた劇団が解散したり、紆余曲折あったそうで。
一番、印象に残っているのが、
劇団に入らないかと誘われて。
一から始まる、旗揚げの劇団。

「自転車で日本一周をしてから」

照井さんのことをよく知っているわけではないですが、
ああ、こういう雰囲気の方かと。
ああ、言いそうだと、なぜだか思い。
頭の中に、「根無し草ラプソディ」が流れたよ。
この方は、まーちゃんとはまた違った意味で、
危うい方なんではないだろうかと。
フッと思ったり。

でも、後のトークでも思うのですが、
とても人柄がよくて、その笑顔が繋げる人脈。
もし、会社勤めのサラリーマンをしていたら、
ある日、フッと辞めて起業して社長になる方だろうかと。
なんでも自分でやる人で、きちんと自分の足で立っている人で。
培った人脈で、仕事も増えて行きそうだなーと。
照井さんの笑顔に思ったり。

と、書いて今日はここでおしまい。
ダブルフォルトと自転車旅行が衝撃で、
今日の備忘録は、終わってしまいました。

照井さん、昔の自分を思い出されるのに、
めだまが、カッチコチカッチコチと、
左右に早く動いていてね。
のちに、まーちゃんが照井さんのことをある動物に例えるのですが、
ホントだわと思ったり。
私がいうのもなんですが、
照井さん、可愛らしい方です。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)
別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
あなたの夢。
2016-09-20 Tue 23:29

おー。
まーちゃんの出演情報がありましたよ。
ジュエリーのファッションショーのようです。

おお!
と思ったものの。
月末最終日というのもキツイですが。
ドレスコードがある・・・。
私、行っても。
場違いだよねえ。
でも、無料だぜー。
重要文化財の会場に入れる機会もなかなかないので、
行ってはみたいのですが。
雰囲気にのまれて、しょんぼりして帰ってきそう。
さあ、どうしようかなー。


そして、天宮さんのブログにも、
まーちゃんが登場ですよー。

まーちゃんがプラン立てたのかな?
めっちゃ笑顔です。


さてさて。
今日も始める、Happy Wings備忘録。

ジムとデラが、笑顔で消えていって。
舞台の上には、MCの立花さん。
ブライトン劇場で行われた、ジムとデラのステージ。
肉屋も酒屋も八百屋もパン屋のひとたちも見守る、
あたたかい公演になったと。
舞台の上で、ナレーションをされるのですが。
先にも書いたけど、姿が見えない天の声の方がよかったなーと。

この会場、Blue Mood でずっとMCをされている
この方の軽快なトークを楽しむ場所でもあるというのは、
充分にわかっているのですが。
HappyWingsを作品として見たときに、
「誰?」
状態だなーと少々思いまして。
カンペを見て、カミカミだったし。
天の声で、舞台の上の人形にスポットライトを当てている方が、
色んな想像もできてよかったなーと。

それでもそれでも。
ナレーションを聞いていると、私はブライトン劇場でジムとデラの
ステージを観ている、観客の気分になり。
あの赤いドレスを着て登場したデラに、うっとりとする。

まーちゃん、細いなあ。
壁に掛かっていた、細い細いドレスを綺麗に着こなされているよ。
たぶん、5年前と同じ衣装よね。
体型を維持されているんだなあと。
5年前より、確実に太った私は反省。
赤いドレスのデラ、とっても素敵です。

「あなたの夢」

「きみの夢」

夢の終わりは無いって。
ひとつ、叶えたら次の夢。
それを叶えたら、また次の夢。
そうやって二人は、大きなステージに立って行くんだろうな。
目の前に浮かびます。

二人でダンスをして、最後にジムとデラの人形に
寄り添って、HappyWingsのお話はおしまい。
本当に本当に、素晴らしい舞台だったわ。
やっぱり大好きなお話です。

たっぷりと、まーちゃんを観ることが出来るし、
歌も聞けるし。
くるくるくると、表情が変わるまーちゃんもいいのですよ。
もう、HappyWingsのデラは、まーちゃん以外考えられないよ。
私の中でね。
色々考えちゃうし、音楽も素敵だし。
秋山さんは、天才だわと。
ぜひとも、続編を!
そして、バイオリンの鈴木さんもめっちゃくちゃ素敵でした。
照井さんのブログに書かれていた、
「200年」の意味を聞きたかったなあ。
本当に素晴らしい演奏でした。
演奏者紹介の時に、心から拍手をするのでした。


さてさて。
長くなった、HappyWingsの備忘録も終わりました。
ほとんど、私の妄想だったけどね。
素敵!しか書いていないけどね。
もっと、言葉を勉強しなくては!
明日からは、トーク&ライヴの備忘録。
また、だらだらと記録です。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)
別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
涙。
2016-09-19 Mon 23:00



さてさて。
今日も始める、Happy Wings備忘録。


ジムの思いを聞いて。
デラの心の中は、どんな思いが強いかなあ。
とてもショックな様子で。
自分のために、ジムが夢を諦めたということが、
一番大きなショックだろうか。
弱々しく、歌いだすデラ。

小さな頃、教会や学校で歌っていて。
書き溜めた思いを伝えたいと歌っていたね。
デラは、シンガーソングライターなのかな。
優しい歌を作りそうだな。

そして、ジムも歌い。
靴底にジュースの王冠を付けて踊っていたと。
そこから、二人で歌いだし。
小さなバルで出会って、
バルでジムと出会い、すぐに恋をして。

ここの歌も好きなのよねー。
最初は、デラの弱い感じの歌声から、
段々と二人の歌声が、ぐわー!っと大きくなり。
前向きになっていく様子も嬉しいんだけれど、
二人の役者さんの声量や、歌のうまさにやられるというか。
音楽の演奏も、ぐわーっと来るのよ。
ほんと、すごい方たちです。


そしてまーちゃん、泣いていたよ。
あの、ベルサイユのばらの全国ツアーのパンフレットの。
お稽古場の真珠の涙みたいな写真のやつを思い出したり。
歌い終わって、ちょっと後ろ向いて手でそっと涙を拭うのね。
一連の美しい動作でいいわ。
女優の人の涙って美しいよねえ。
私なんて泣いたら、ぐちゃぐちゃになるのに。

ここを抜け出したい、大きな舞台に立ちたいと。
最初に聞いた、マイドリームズのメロディ。
そして、歌い終わって。
ジムが、ブライトン劇場でのステージやるって!
やる条件は、デラも歌うこと!
いやっほーーーーい!


と、書いて今日はここでおしまい。
5月3日にステージをすると決めた二人。
ジムが、めっちゃ優しそうな笑顔語りかけてね。
デラの顔も、ぱーっと明るくなるのよ。
お互いに怒らないし、謝らない。
一緒の気持ちだものね。
だから、夢を諦めたらあかん言うたやん。
なーんて。
仲良し夫婦です。


ジムのプレゼントの靴を、デラが履くんだけどね。
まーちゃんが、靴のストラップを止めるのに、
ちょっと手こずって。
ほんのちょっとね。
このあたりの演奏の時間の調整も、
演奏の方は見ていて合わせてすごいなあと思ったり。
ピアノと、バイオリン。
お二人の息もすごいねえ。
指揮者もいないしさ。
呼吸だけで合わせるんだもんね。
かっこいいです。

プレゼントの靴を履いて、
仲良く去っていく二人。
あと一回でお芝居のほうは締めくくれるかな。
でも、備忘録はまだまだ続きます。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
私は。
2016-09-18 Sun 23:10

まーちゃん、次のブログ更新は10月頃かなあと。
おかしい。
待つのは慣れているはずなんだが。
せっかく、再開したのにねえ。
と、嘆き。



さてさて。
今日も始める、HappyWings備忘録。

ジムの思いを聞いて。
ジムは、赤いドレスに似合う赤い靴を履いて、
歌って欲しいと。
それでもデラは、まだ食い下がる。
デラは、自分の夢はもういいんだ。
ジムがステージに立てたら、満足なんだと。

「私は、満足」

このデラの歌のフレーズが、頭に残っているよ。
自分に言い聞かせているような、押しの強い雰囲気の人なら、
すっと入ってこないけれど。
宝塚時代から、可憐なイメージのまーちゃんなら、
この言葉も本心なんだろうなと思ったり。
デラのイメージね。

そうそう。
自分の夢を手放すことを、相手の夢を思うためと、
きっかけや、言い訳に少しでも感じさせるようなら、
この話は成り立たないのよね。
その点は、照井さんもまーちゃんも素敵で、
本当に相手のことを思っているのが伝わったり。
ふっと。
実際のまーちゃんは、どうなのかなーと思ったり。
色んなことを想像。


↑ そして、このやり取りが、全部歌のやり取りで。
ミュージカル俳優さんって、すごいよねえ。
表情、声色、それで思いが伝わってくるんだもの。
汗、びっしょりのジム。
切なくなってくる。


ジムとデラがお互いを思い、
ステージに、会場に広がった明るい夢が、
急速に光を失い、暗い雰囲気に。


「タップシューズを売ってしまったんだ」

ジムの言葉で、全てを悟ったデラ。
重い空気が流れて。
大切なタップシューズを売ってしまったジム。
大切な形見のドレスを売ってしまったデラ。
そして、夢も諦めた二人。
二人の贈り物は、無駄な贈り物だった。

クリスマスという大切な日があったとはいえ。
同時期に、夢を手放そうと思うというのは、
何かあるのかな。
苦しい生活が、ひとつの原因であるとして。
役者さんや、夢を追う人にとって、
そういう時期があるのかな。
年齢や世間の流れや。
結婚していると尚更かな。
どうなってしまうんだろうという空気が流れて。
弱々しく、歌いだすデラ。


と、書いて今日はここでおしまい。
ほとんど、私の妄想だねえ。
妄想ついでに書くと、家に帰ってきて、
デラへの思いを歌い、デラが何かを言おうとすると、
手でデラを止めるジムが、カッコイイのよね。
ふわーっとしてて、髪の毛もボサボサで。
それなのに、ここのシーンは、力強い意思を感じで、
かっこよくてね。
また、ちょっと待ってと制されて、
黙るまーちゃんのイメージも、そのものでいいんじゃないからしら。

「ちょ、私にもしゃべらせてーな」

みたいな雰囲気の人だと、話が成り立たないしね。
あんまり、どやどやガヤガヤの人は好きではないので。
穏やかに見えて。
一本芯の通った人、素敵だなあと思います。
あと、笑顔が素敵な人ね。

まだまだ続くよー。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
思う気持ち。
2016-09-17 Sat 23:24



さてさて。
今日も始める、Happy Wings備忘録。


お互いに用意したクリスマスプレゼントは、
今の二人には不要なもので。
舞台上の二人は、まだそのことを知らず、
早く伝えたい、渡したい雰囲気の二人。

以前の公演では、君が言いなよー、いやあなたからとか。
そんなやり取りをしていたと思いますが。
今回は、家に帰ってきたジムが待ちきれない様子で、

「今日は、ボクだけに歌ってよ!

 あのドレスを着て!」

と、切り出していつもの場所に、ドレスがないことに気がついたジム。
ドレスはどうした?
と、たずねると、

「売っちゃった!」

と、デラ。
話の切り出し方、今回のが一番好きだなー。
自然な感じで、なんとなく、二人の関係性も見えて。
普段から、デラはジムの話を、
うんうんと聞いているんだろうなーとか。
早く伝えてくて仕方がない、ジムの気持ちも伝わってきたし。
今回のHappyWings、とてもシンプルになっていて、
それがいいなーとも思い。


デラがドレスを売ったこと、その経緯、
そして、封筒の中身。
五月三日に、ブライトンシアター劇場を借り切ったという、
デラのクリスマスプレゼントをジムは聞いていて。
喜ぶ様子もない、喜べるはずがない。
タップシューズは、もうないのだから。
そして、デラの気持ちがわかるから。

ジムは、肩を落として、中央の脚の高い椅子へ座り。
仲良しのジムとデラの人形に背を向けて。
ジムの変わった様子に、戸惑うばかりのデラ。

「デラ、聞いて。

 ボクはもう踊らない」

えっ、という表情のデラ。
何かを言いかけようとすると、
手を前に差し出してデラの言葉を静止するジム。

君には、歌の才能がある。
神様に愛された人だと。
歌い続けるべきだ。
自分の踊る夢は、どうなってもいいと。
生活のために働くよ。
と、ここまで書いて、今日はおしまい。

宝塚の退団公演で、神様に愛されたいと願った盲目の少女が転生し、
神様に愛され、美しい歌声を授けられたのか。
なーんて。
会場では、照井さんの歌声に、
すすり泣きが聞こえてきたよ。
切ないねえ。


小さな頃、このお話のベースにもなった、
オーヘンリーの「賢者の贈り物」が嫌いでね。
髪の毛なんか、伸びるやん!
とか、表面的なことしか見ておらず、
身を削って、自己犠牲を払って、
相手を思うことの意味をまだ知らなくて。
大人になって、このHappyWingsを観て、相手を思う気持ちが、
どれだけ大切かを学び。

しかし、また新たな疑問が浮かんで。
人の夢を背負い舞台に立つことは、重くないんだろうかと。
いや。
私も色んな思いを受けて、名前を授かり、
この世に生まれてきたはずなんだなー。
人生というステージ。
ライトは消えたままです。
ほんとすみませんと締めくくって。

本当に、五月三日に。
ジムとデラで、何かしてくれないかなあ。
毎年、期待しているのよ。
いつかきっとと、思っています。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)


別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
あなたが私にくれたもの。
2016-09-16 Fri 23:23

さてさて。
今日も始める、Happy Wings備忘録。

照井さんの出演される公演に行くと、
お花を見るのが楽しみで。
ファンの方が、とても凝ったお花を作られていて。
今回のHappy Wingsでも素敵なお花を贈られていました。
照井さんのFaceBookのページにあるよ。

白い羽と、グリーンの羽。
Happy Wings。
どういう意味なのかなー。
白い羽と、若葉かなあ。
羽の向こうには、ジムとデラの人形と、
デラのドレス。
羽の横には、照井さんの晩御飯かなあ。
素敵な贈り物です。


さてさて。
話は、舞台に戻り。

あー。
ジムもデラも、大切なタップシューズと、
大切なドレスを持って行ってしまった。
と、思っていると。
明るい、ワルツのリズムに乗って、
デラが舞台上に現れて。
手には、大きな封筒。
とても幸せそうな笑顔で笑って、
嬉しそうに踊っている。

歌声も明るくて、笑顔も可愛くて。
この歌も頭を回るのよねー。
東京観光中に歌っていたら、歌詞が違うと、
まーちゃんファンのお姉ちゃんに突っ込まれたよ。
覚えやすくて、口ずさみやすくて。
ほんと、このミュージカルは、音楽も素敵です。

話を知っているので書いてしまうと、
デラの持っている封筒は、劇場を一日貸し切る権利書。
ジムが踊ることを夢見て、ジムが拍手を浴びる姿を想像して、
封筒にキスをしたり、デラが嬉しそうに歌う。

そして、ジムもやってきて。
ジムの手にも、何かプレゼントの紙袋。
こちらも書いてしまうと、デラのあの真っ赤なドレスに合う、
赤いハイヒール。
前回は、赤い靴の箱に入っていたけれど、
今回は紙袋の中。
赤い靴箱の方がよかったかなーとか、ちょっと思ったり。
お互い、プレゼントをしようと思っているものは、
今の二人にとっては、不要なものなんだよね。
それも知らず、相手が喜ぶ顔が見られると、
嬉しそうな二人。
プレゼントを、後ろに隠したりしてね。
なんだか、切なくなるね。

ステージの上では、ジムがおどけて踊ると、
デラがジムの真似をしておどけてみたり。
ダンスバトルとか、どうよ?
照井さんの仕掛けるダンスに、
きっとまーちゃんは、全部ついていくと思うよ。

そして、ジムがデラを高く持ち上げて。
ふわっと、空中に浮かぶデラ。
そのまま、もっと踊ってーと思ったり。
一回転、くるりとするような振り付けは無くなっていたね。
私が以前観たとき、マイクに手が当たっていたしね。
ホント、このミュージカルを見ていると、
客席でも色んな思いが溢れてくるのよ。
このミュージカルを、大きな劇場で観たいと。
この二人を、広い舞台で観たいと。
ジムとデラを見守る八百屋さんの気分よ。
でも、ライヴハウスでやるからこそ、いい部分もあるのよね。
だって、素敵なんですもの。
本当に好きな話です。

と、書いて今日はここでおしまい。
カーテンコールのあとに、

「強く抱きしめて」

と歌う、まーちゃんの幸せそうなこと。
くるくるくるくる、表情が変わるのよ。
今年のお正月の公演、やりきった感じのまーちゃんの表情を観て、
舞台でまーちゃんを観る、最後かなあとか思ったっけ。
というか、危ういあの人を観ていると、
いつも最後かも知れないと観ているよ。
あむろちゃんだって、歌ってるやん。

「踊りなさいいつでも。
 
 最後のステージかのように」

演じる人は、いつもそうなのかな。
観る側も、いつも必死だよ。
いつも、全力のステージが終わると、
熱が出てしまう印象のまーちゃん。
まーちゃん、今もお熱出てたりして。
いっぱい、脱線したわ。
こんな感じで、まだ続くよー。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃーにゃー(*´ー`*)


別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
イメージ。
2016-09-15 Thu 23:05



さてさて。
今日も始める、HappyWings備忘録。

デラが舞台上から去ったあと。
ジムが客席の掃除をしながら、登場。
ジムは、ストンプとかもできそうね。
ちょっと観てみたい。

お客の椅子の間を、ジムが通るとき。
こういう時、照れくさいのよねー。
でも、照井さんも観たいので少し体を動かすと、
目に入ってきた、まーちゃんのスクールの生徒さん。
とろけるような、優しい目でジムを観ていてね。
楽しんでそうだなー、純粋そうだなーという表情で。
彼女も今、夢に向かって一生懸命頑張っているところで。
この物語が、どんな風に、どんなイメージに映るのかと。
高校一年生だそう。
夢を叶えてほしいなと、無責任な応援をしてみたり。

舞台上にジムがやってきて。

「毎晩、毎晩、ドレミファさえも」

この歌も頭を回るのよねー。

舞台袖から、まーちゃんがパッとステッキをジムに渡して。
まーちゃん、めっちゃ笑顔。
見える位置にいたからね。
うまく行ってよかったわ。
よーく見ていると、ジムのステッキが、
100円均一で売っているような、つっかえ棒なのよね。
ジムの経済状態かなあ。
100円で売っているようなものも、
うまく舞台小道具に化けるものだなあと思ったり。

ジムの夢は、タップダンサー。
タップって、どこを見ていいか困るのよね。
踊っている人も観たいし、足も観たいし。

「俺の足元だけみろっ!」

とのことなので、足を見てみたりね。
ジムの歌も聞きたいし、忙しいわ。
照井さん、やっぱり歌もダンスも素敵です。
ジムは、ものすごい汗。
自分に興味を示さない客の前でも、
全力のステップ。
今日の客席は、みなさんハートマークになってただろうけどね。
演じる人にとって、どんな客席がやりやすいのかなあ。
ちょっと考えたり。


次第に、ジムの歌声もデラの夢の話へ。
舞台上には、白いストールを羽織ったデラが登場。
ひと目で、ジムの幻想、イメージなんだなとわかる。

「あ~あ~あ~♪」

やったー。
私の好きなまーちゃんのコーラスですよ。
オススメは、「う」です。
切なげな表情で歌うデラ。
しかも、なんだかソロ部分と言いますか、
歌う箇所が出来ていたぞ。
幸せです。

「ハリウッド監督も喝采を送る」

すごいねえ。
愛し合い、お互いの才能を認め合う夫婦。
まーちゃんのたっぷりのコーラスも聞けて嬉しいわ。
やがて、ジムにくるりと背を向けて、
去っていく幻想のデラ。
ジムも何かを決意したように、
タップシューズを抜いで去っていく。
あかん、夫婦揃ってあかんってー!

と書いて、今日はおしまい。
やっぱり、照井さんもうまいなあ。
拝見するのは、
コムさんとかなみちゃんが出ていた公演以来でしょうか。
照井さんも笑ったら、目がなくなって、
人懐っこい笑顔に。
のちのトークショーでも思うのですが、
ジムは、照井さんそのものかしら。
まーちゃんも、デラそのものかしら。
イメージはそうだけどねーーー。
と、もう東京に行ってから一週間か。
まだまだ、余韻は終わりそうにないです。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ドレス。
2016-09-14 Wed 23:52



さてさて。
今日も始める、HappyWings備忘録。

舞台上には、引き続きデラが歌っており。
最初は、生活の嘆き。
そして、段々と夢の話へ。

物悲しく、切なく聞こえる歌声。
まーちゃん、ホントにうまいなあと。
ミュージカル歌唱といいますか、
気持ちを歌に載せる歌い方といいますか。
とても好きだなあと思う。

だから余計に。
夢を手放す気持ちを聞くのは切なくて。
また違った意味ですが、
あむろちゃんも常に頭に「引退」の文字があるそう。
まーちゃんも、自分の気持ちが信じられなくなった時があるのでしょうか。
夢を追う人、掴んだ人。
夢を手放す時は、どんな気持ちになるのだろうか。
夢も現実も見ていない、私には想像するのも難しく。


「私には才能があるのかわからなくなる。

 誰か教えて」


まーちゃんには、めっちゃあるさー。
いっぱい教えてあげるのに。
貧しい生活でも、ジムがいて幸せで。
でも、どこか胸にぽっかりと空洞があって。

「抱いてくれても」

胸の隙間が埋まらないと歌うのですが。
ここの歌い方。
ちょっとだけ、まーちゃん色っぽいわねと思ったり。


歌は、段々とジムの夢の話に。
ジーン・ケリーや、アステアもジムのことを喝采すると。
ジーン・ケリーさんは、「雨に唄えば」でなんとなく知っていますが、
アステアさんは、知らなくて。
無知でいけませんねえ。
どちらも、ダンスや歌がとても上手い方だそう。
時代、ジャンルはまったく違いますが、
マイケル・ジャクソンさんに置き換えると、
私にはピンと来るかな。


ジーンケリー
SP:大きな写真「雨に唄えば」ジーン・ケリー、抜群
B00DUTLZJ8


フレッド・アステア

晴れて今宵は [DVD]
B00V4D7AW8



本当に、ジムに、ジムの才能に惚れているんだね。
自分の夢はいいから、せめてジムの夢だけでも叶いますようにと。
壁にかかったドレスを見つめるデラ。

「早く帰ってきてね」

と、ジムを送り出したときに、
既にもう決めていたんだね。
ママの形見のドレスを手放そうと。
つまり、それは歌うことを辞めるということ。
ドレスに向かって、歩き出した時に。
あかん、あかんってーーーー。
デラ、あかんって!
と、思ったり。
ドレスを抱えて、足早に去っていく背中。
行ってしまった。


と、ここまで書いて今日はおしまい。
また、話を語っている。
仕方がない。
デラの歌う歌詞で、「クリスマス」って聞こえてきたわ。
相手をおもう気持ちって、すごいねえ。
それに、冒頭からこんなにたっぷりとまーちゃんを観られるなんて!
最高でした。


ねえ。
ジムとデラって、駆け落ちかなあ。
コートも無くて、靴も一足って。
生活に困って、売っていたのかもしれませんが。
ジムとの結婚を反対されて、そのままジムのアパートに転がり込んだのかなあ。
だって、デラは品がいいし、髪も爪も綺麗。
値切ることに疑問も感じているし。
大阪のおばちゃんで値切る人で、疑問に感じる人はいないよ。
再再演なので書いちゃうけど、劇場を貸し切れるほどのドレスを持っているって、
家がお金持ちだったか、ママもシンガーで偉大な人だったか。
色々と、想像が膨らむわ。
いや、妄想ね。
やっぱり、HappyWings大好き。
作者の秋山さんは、天才です。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
わんだらーえいてぃせぶんせんっつ。
2016-09-13 Tue 23:10



さてさて。
今日も始める、HappyWings備忘録。


デレレデデデ デレレデッデデ♪

曲調がガラリと変わり、まーちゃんの歌声もガラリと変わり。
デラの少しだけのダンス。
といっても、少々ポーズを取るだけなんだけれど、
それでもわたくし、超はっぴー。
幸せでございます。

キッ!
という感じでもないけれど、
どやっ!
という感じでもない。
左手を上に上げて客席の方を見て。
Perfumeの「Flash」のポーズ。
最後にしていたのは、夜の街のダンサー。
そのダンスのあとに、一晩だけは歌わせてくれたから。
手を頭の上まで、グルグルグル。
たまに思うんだけれど、私としてはなんと素敵なオーナーだろうかと。
だって、まーちゃんの歌もダンスも観られるんだもの。
でも、デラは、歌一本でやっていきたいんだよね。
彼女にとっては、そこも居場所ではないわけで。
スタンドマイクから、マイクを取って熱唱する。


歌の声色から、顔の表情から。
くるくるくるくる変わるまーちゃん。
たっぷりと、見ることが出来て幸せ。
仕事を下さい、歌わせて下さい。
そして、また1ドル87セントのフレーズに戻り。
「セント」の発音も大注目ですわよ。
そして部屋でひとり、現実の世界へ戻る。


と、ここまで書いておしまい。
ほとんど、私の妄想で終わってしまった。
いいのさー。

そして、たぶん。
デラの方が、早くにこうなるとわかっていたというか。
ジムよりも早く、夢を手放そうと思っていたのではないだろうかと。
ジムの部屋へやって来たときから。
誰もいない何もない部屋で歌うのと。
まるで自分に興味を示さない客の前で踊るのと。
どっちがきついのかなあ。
なんて、考えてしまったり。
こんな感じで、備忘録は続く。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)
やっぱり、素敵なお話です。

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
お願いまけて!
2016-09-12 Mon 23:45



さてさて。
今日も始める、HappyWings備忘録。

話を知っているんだから、短くなりそうなもんだけれど。
どうしても、話を追ってしまう。
じゃあ、もういいじゃないか。
追ってしまえということで。


デラがジムを送り出したあと。
中央の高い椅子に腰をかけて。

「はぁーっ」

と、ため息ひとつ。
仲良しのジムとデラの人形に背を向けて歌いだすデラ。
愚痴は、人形にも聞かせられないものね。
人形と話せるのにね。
こういう細かい演出もいいわ。
そういえば、今回はジムとデラの、
照井さんとまーちゃんの2ショットの写真も無いね。
ほんとに二人ミュージカルです。


1ドル87セント。
持っているお金は、それが全て。
生活が厳しいんだよねえ。
200円くらいになるのかな。
時代設定は、いつくらいだろう。
仕事につくのも大変な時代かな。
賃金も安そうだし、レッスンもしているだろうから、
長い時間働けないだろうし。
でも、救いはまだ明るいことかな。
それに、夫のことをまったく悪く言わないんだぜ?
生活が厳しいことの嘆きだけ。
どれだけ、ジムのことを好きなんだか。


「肉屋で八百屋で酒屋でパン屋で

 おねがい、まけて!」

まけますともー、まけますともー。
まーちゃんに言われたら、まけないわけにはいかない。
たぶん、前も書いたけど、
私は関西人ですが、値切れないですねえ。
生活に困ったら、値切られるようになるかしら。
おばちゃんの中には、挨拶みたいに値切る人もいるけれど。
なんとなくさ、デラはそんなことをしたことなさそうなのよね。
別の歌で、歌うのはみんなに歌うのは、
喜びと生きていくためにと歌っていたけれど。
値切るのも生きていくため。
夢と現実。
夢追い人は大変です。
夢も何もない私には、少しうらやましいけれど。



どこで区切ろう?
ここで区切るわ。
今日はここでおしまい。
何度か観ているとはいえ。
ああ、こんな歌だった。
こんな場面だったと思いながら。
冒頭からこんなにたっぷりと、
まーちゃんを観られるなんて。
しかも、まだまだまーちゃんのターンだよ。
嬉しいなあと。
5年前と何も変わらない。
むしろ、素敵になっている。
ほんとに、歌がうまいのよ。
なんか、嬉しいなあとまーちゃんを目の前にして思うのでした。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
早く帰ってきてね。
2016-09-11 Sun 23:37



さてさて。
今日も始める、HappyWings備忘録。


そうそう。
ジムとデラの登場の仕方を思い出したわ。

MCの立花さんが、このお話は貧しい夫婦の話で、
夫のジムの夢はタップダンサーだというと、
上手側からジムの照井さんが登場。
爆発した頭が可愛らしい。

妻のデラは、シンガーだというと、
同じように上手側から、デラのまーちゃんが登場。
デラは、今回は髪型はストレート。
初演のデラは、ウエーブがかかってたよね。
どちらのデラも可愛いのです。

ジムとデラが、お互いの人形を持って手を振ったり。
人形と話せる夫婦。
マイクスタンドで歌う特徴のあるミュージカルで、
それがまた新鮮でいい感じのスタイル。
二人で歌う、タイトルは何かな?
勝手に、「My Dream」かなと思っていますが。


控えめだった少女時代。
歌うことに目覚めた少女の夢は、大きな舞台で歌うこと。
靴底にジュースの王冠を付けて踊っていた少年時代。
少年の夢は、大きな舞台で踊ること。

初演の時、このミュージカルでまーちゃんを観るなら、
下手側だなあと思ったぼんやりとした記憶。
今回、実行してみたら、ばっちしデラポジションで。
まーちゃん、歌うとき。
とても、目を見開いて歌うのね。
大きな目が、更に大きく。
デラの思いが大きく伝わり。
まーちゃん、笑うと目がかまぼこさんになるけれど、
目が大きいと思うのです。
あの小さな、小さな顔からすると、目の比率がとても大きいと言いますか。
鼻も高いなあとか。
横顔のアゴのラインが綺麗だなあとか。
まーちゃん、ちょっと痩せたなあとか。
ほんと、お人形さんみたいと思いながら。

夢を歌い終わると、いけないっとジムがどこかへ出かけて行こうとし。

「早く帰ってきてね」

と、デラが言う。
可愛いねえ。
こんなこと言われたら、飛んで帰ってくるわと思いながら。
ここまで書いて、今日はおしまい。

いやー。
やっぱり、ライヴはいいですね。
お二人共、本当に歌がうまくて心地のいい声で。
タップダンサーが夢のジムも、シンガーとして舞台に立てるよ。
もし。
二人の夢が逆の舞台なら?
まーちゃんのたっぷりのダンスも観られる!
売るのは、素敵なバレエのドレスで。
男性シンガー役のジムは、何を売ろう?
なんて、作品が好きすぎて、色々と妄想までするのでした。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
音色。
2016-09-10 Sat 23:56


さてさて。

今日は暑いんだか、涼しいんだかの一日でしたが。
はじめよう、HappyWings備忘録。


会場で、ドリンクを飲んで開演までの時間を待っていると、
会場のライトが暗くなり、MCの立花さんが舞台上へ。
今回の会場の「BLUE MOOD」で、たくさんのアーティストや、
舞台俳優さんのショーのMCを行われているそうで。
今回のショートミュージカル、「HappyWings」は、
立花さんの話から始まります。

舞台の上には、ジムとデラお人形。
正面の壁には、赤いドレス。
もう話を知っているので書いてしまうと、
飾ってあるのは、デラのお母さんの大切な真っ赤なドレス。
相当、価値のあるドレスのようで、
デラのお母さんも、デラと同じようにシンガーだったのかな。
お母さんの思い出がつまった、大切なドレス。
デラにとっては、それはそれは価値のつけられないもので。
私からしても、ものすごい価値のあるものですよ。
まーちゃんのドレスなんですから。
細いなあと、眺めていたり。


MCの立花さんにより、照井さんの紹介。
ゲストのまーちゃんの紹介などをして、
始まるHappyWings。
物語は、「賢者の贈り物」がベースであり、
貧しい夫婦の話で、舞台上にはジムとデラが登場するのですが。
立花さんのMC、「天の声」でもよかったなと思ったり。
姿を見せず、声だけの出演で。
始まりは、別に何も思わず、MCはこの方なんだなーと思ったのですが、
もう一箇所、MCにより話が始まるところがあり。
そこは、姿が見えず、天の声の方がよかったなーと。
まあ、詳しくはその時に。


舞台上のジム。
ものすごい寝癖なんだけど、可愛いのよね。
きっと、ジムの生活や人柄が表れているんだろうなと思いながら。
デラは、エプロン姿がどんな生活を表しているかなー。
しかし、まーちゃんの衣装。
本当によく探されましたよね。
デラの人形と、まったく一緒。
残念なのは、舞台上のデラとは色が違うということ。
ホント、私の人形をお譲りしたいわ。
と、舞台の人形を見ていたり。


どのように動いていたかは、忘れたけれど。
ジムとデラが、人形を持って歌いだし。
の前に。

初演・再演・ユーストリーム、そして今回の舞台と全て見ておりますが。
細かいところが変わっていますね。
そんな時に、役立つのが、この備忘録。
←  過去の読んでいると、色々とシンプルになっていて。
たくさん届く、請求書の郵便物にため息をついていたデラだったり。
オーディションを受けて、落ちてしょんぼりするジムだったり。
あはは、うふふと、お花畑でラブラブの二人だったり。
そのあたりは、全部無くて。
どの入り方もよかったけれど、今回のシンプルバージョンも好き。
ユーストリームバージョンに、一番近いんじゃないかしら。
と、目の前のお二人に感激しながら、
頭の中で思ったり。

と、書いて長くなったので今日はおしまい。
思い出して思うのが、バイオリンがよかったのよねー。
たぶん、何回も書くと思うわ。
あんなに、バイオリンの音色が素晴らしいとは。
うっとり。
こうやって、のんびり備忘録していきますー。
めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
おつかれさまでした。
2016-09-09 Fri 23:16


まーちゃんブログこうしーん!

HappyWingsの公演のお話。

読んでいて一番に思ったのが、
ステージの上で演じる方も公演が終わると、
消質感に襲われたりするんだなあと。
いや、出演者の方の方がきっと大きいですよね。
たった一回の公演。
何回も練習をして、当日ステージに上がって。
素晴らしいステージでした。
ホント、観に行ってよかったなあと。
会場も温かかったし、優しい雰囲気。

そして、照井さんのブログも更新されているよ

MCの立花さんのツイッターも

そして、舞台カメラマンの方かな。
当日こられていたようで。
練習風景の写真
当日の写真も、いつか見られたらいいなあと思ったり。

それから、まーちゃんバレエの教えをしている、
スクールのブログ。

三井先生のブログもまってまーす。

そして、まーちゃんのブログの写真を撮られた、
メイクアップアーティストの方も会場におられたようなー。
違うかもしれませんが貼り付けておきます。
ブログ、新しくなって嬉しいしね。


さてさて。
今日から始める、HappyWings備忘録。

たくさん、ブログの更新通知を貼ったので。
ステージの記録は、また明日からにしようかな。

公演日は、9月7日。
この日の数日前、日本には台風が3つも同時に近づいていて。
大きな被害が出たり、やっとその台風が無くなったと思ったら、
すぐにまた台風がやってきて。
なんと、公演の日あたりに直撃する予報ではないですか。
ずっと、天気の予報を見てイライラドキドキ。
ルート的に、まーちゃんファンのお姉ちゃんの飛行機も心配で。
でも、なんとか二人共行けそう。

ということで、当日の神戸空港。
神戸は、飛び立つ時は雨もなく、風も無く。
本当に来るのかなあとか疑ったり。

P1370891.jpg

上空もこんなに晴れているんだよ。
でも、東京についたら、雨でした。
残念。

P1370909.jpg

雨だけならいいんだけれど。
もう、暑くて暑くて。
湿気がものすごい。
せっかっく綺麗にした髪の毛も、
湿気でクリンクリン。
あーあ。

無事に、まーちゃんファンのお姉ちゃんとも合流し。
相変わらずの美人。
ふたりで、なんやかんやと過ごして。
ライヴの行われる会場へ。
ちょうどいい広さで、とってもいい感じのライヴハウス。
期待が膨らみました。
こちら、二幕の写真ですけどね。
会場のステージの上には、ジムとデラ人形が座っていて。
ああ、HappyWingsの主役だと思いました。

DSC_0063.jpg

そして、憧れのまーちゃんファンの方を発見!
あの、私がいつまでたっても電話番号聞けない人ね。
きゃーきゃー♪
嬉しくて、話しかけに行ったり。
他にも一方的に、こちらが存じ上げている方たちも。
ちなみに、照井さんのファンの方もね。
嬉しいなあとか勝手に思いながら。

と、今日は長くなったのでここでおしまい。
ドリンクについていた、前菜が美味しかったわ。
ホント、行ってよかったです。
暑くて暑くて、今がめちゃ涼しいのでそれが悔しいですけどねー。
今も余韻の真っ最中です。
こんな感じで、のんびりだらだらーっと長く書いて行きます。
めくってもめくっても、にゃーにゃー(*´ー`*)
今回の締めくくりの言葉はこれです。
ホントはニャーじゃないんだけどね。


別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
にゃー(*´ー`*)
2016-09-08 Thu 23:01




東京より帰ってまいりました。

楽しかったー。

東京、めちゃくちゃ楽しかったです。


台風に悩まされ、振り回されましたが。

帰りの飛行機、一時間遅れているけれど、

ちゃんと飛ぶとわかったら、ちょっと悲しくなったり。

東京旅行が終わってしまうと思うと、寂しかったです。


ライヴの方は、最高でした。

照井さん、元々好きなんです。

今回のライヴで更に好きになりました。

歌もうまいし、声も素敵だし、人柄もいいし。

「めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)」

↑ またこの意味は、後に書くとして。

照井さん、素敵な方です。


そして、まーちゃん。

やっぱり大好きだー!

歌もめちゃくちゃうまくなっていたし、

相変わらず面白いし。

これまた、ゆっくり備忘録。

また二週間くらいかかる予定です。


そして、今、東京旅行から帰って来て一番に書きたいことは。

この旅行で出会った方すべてに感謝したいです。

照井さんのファンの方もすごく温かくて。

照井さんのライヴにおじゃまするわけですから。

いわば、アウェーです。

でも、ファンのみなさんが温かくて。

まーちゃんのトークでも、笑いが起きたりしてね。

あたたかい笑い。

なんだか、自分のことのように嬉しかったりね。

また座ったテーブルがよかったわ。

本当に感謝しております。

そして、そして。

この東京の二日間で、ずっと一緒にいたまーちゃんファンのお姉ちゃん。

本当に本当にありがとう。

一度も揉めることなく、マイペースの私に合わせてくれたり、

失敗しても、笑ってくれたり。

お互い、主張が強くないのがいいのかな。

困ったときは、ミーティング。

まーちゃんファンのお姉ちゃんのお陰で、とても楽しい東京旅行でした。

また、備忘録の最後でも語りたいわね。

まーちゃんファンのお姉ちゃん、美人でおシャレなのよ。

私は、ゆるキャラを目指すわ。

私が、楽しいまーちゃんファンライフを送れるのも、

まーちゃんファンのお姉ちゃんのおかげです。

誉めすぎ?

前世がイタリア人なので仕方がないです。

あは。


さてさて。

備忘録を始めたいところですが。

さすがにつかれました。

備忘録は、明日から。

また、うだうだ綴ります。

最後に。

「めくっても、めくっても、めくっても、にゃー(*´ー`*)」

あなたもね。

と、思いながら。

いい夢を見られそうです。

おやすみなさい。
別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
台風の前の静けさ。
2016-09-07 Wed 06:56



台風がやってきておりますが。

今朝の神戸空港は、ものすごーい人。

こんなに朝早くに出かける人もいれば。

働いている人もいるのねえ。

ということで、今朝の神戸空港どーん!

moblog_3b2daa06.jpg

帰りが帰られないかも。

それはそのとき考える。

ということで、東京だ!

楽しみです。

別窓    Happy Wingsトーク&ライヴ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
あしあと。
2016-09-05 Mon 23:47



台風が去って、また台風。

東京へ行けるだろうけど、

帰れるのだろうかとか思ったり。

帰るけどね。


そして、今日も阪急電車に乗ると、

暑すぎる。

クーラー送風ってどういうことやねん!

と怒りながら。

やっぱり、日本一暑い電車だわ。

私の中で。

と、昨日落ち込みぎみだったのに、

今日は怒りのパワーで復活。

会社に行くのが嫌だったのだろうねえ。

月曜日は嫌いです。


そして、鎌倉の思い出。

大きな足跡どーん!

お釈迦様の足跡、大きいです。

moblog_31d16f4b.jpg

もう、この写真も一ヶ月前かあ。

早いものです。
別窓 小つぶやき コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
穏やかに。
2016-09-04 Sun 23:51




穏やかに過ごしたいと思う日々。


来ましたよ。

旅行前の落ち込みが。

毎回毎回、来るのねえ。

ちゃんと起きられるかな?

忘れ物はないかな?

東京で大丈夫かな?

色々と頭をかけめぐり。

不安になるのですねえ。

意識して考えているんじゃないのよ。

ふっと、ヤツは浮かんで襲って来る。

もう、諦めています。

上手に付き合わなくっちゃ。

あー。


穏やかに過ごしたいと思う日々。

天気もねえ。

ほんとにヤバイし。

鎌倉の長谷寺のお地蔵さん。

こんなに、穏やかなお顔でいられたなら。
moblog_6294f088.jpg

楽しい、東京旅行になりますように。

もちろん、めーっちゃ楽しみです。

別窓 小つぶやき コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
鎌倉の大仏さん。
2016-09-04 Sun 08:13


お天気も心配なことながら。

今日の神戸は、よさこい祭りのイベントがあったようで、

ものすごい人でした。

そして、私は夏の思い出の備忘録。

ということで、鎌倉大仏どーん!

国宝です。

P1360853.jpg

高徳院の阿弥陀如来坐像。

作った人も、なぜ作られたのかもはっきりせず、

わかっているのは、鎌倉時代のものであろうと言うこと。

ミステリアスなお方です。

P1360858.jpg

ほんとに大きいわ。

でも、猫背で体に丸みがあって。

「大仏さん」と呼んでしまうように、親しみやすい雰囲気です。

P1360898.jpg

大仏さんの中にも入りました。

なんと、20円。

不思議な料金です。

P1360890.jpg

大仏さんの体は、30枚の銅をつなぎ合わせているんだって。

中は、こうなっているのね。

外の暑さに比べて、少しだけ涼しかったです。


大仏さんの首と体をつなぐ部分。

お寺でよく見る、窓の形みたいだわ。

意識して作っているのかなあ。

なぞです。

P1360887.jpg

「らくがき はりふだ きんせい」

の文字。

大仏さんの肩のあたりにあって、どうやっても届かないのに、

どうしてあんなところにあるのかしら?と思い。

係りの方に聞いてみると、昔は階段があって、

観光客も上のほうまで登れたんだって。

それで、あの位置に落書き禁止の札があるとか。

いつ書かれたものかはわからないけど、相当古いものだそうです。

いつの時代も、落書きなんてしちゃうバカタレがいるんだなあと。

わからない感覚です。

P1360884.jpg

いやー。

大仏さん、すごく大きかったです。

さすが、日本の有名人。

鎌倉旅行にきたーーー!

という感じで、嬉しいなと。

次の目的地へ行くのでした。

昔は、家の中にいたそうよ、大仏さま。

でも、今の方がいいなー。

別窓 小つぶやき コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
経験。
2016-09-02 Fri 23:48


さてさて。

東京行きが近づいてまいりましたが。

照井さんのブログがおもしろい。

ひょうきんなまーちゃんが写っています。

「Happy Wings」の楽しみ方とのことですが。

私は、頭をからっぽにして観ようかなー。

初演がどうとか、そんなこと思わず。

「経験が邪魔をする~♪」

なんて、歌の歌詞がありましたが。

過去の経験や常識に捕われて、

めんどくさいなと思うことがたくさんあり。

それじゃあ、もったいないのだ。

東京に行くんだもの。

楽しんできます。

台風が、心配だけれどねえ。

天気も悪そうだ。

なんとかなりますようにー。


さてさて。
私の方はと。

天気のいい写真を見て、癒されよう。

ということで、鎌倉の鎌倉高校前どーん!

P1360699.jpg
どうやら、有名な駅のようです。

工事の安全柵が残念なんですけどねー。

そして、その駅で降りて。

スラムダンクの踏切どーん。

おお、ここがあのアニメの踏切かと。

ちょっと、感動。

P1360710.jpg

地元の人はすごいねー。

たぶん、早朝にサーフィンして着替えて出勤。

私の朝の慌ただしさとはまるで違う。

さすが、海の街でございます。

雨も好きな時はあるけれど。

やっぱり、晴れた海が好きだなあ。

この穏やかな海の・・・いや、ここの海岸は波が高かったけれど。

東京、晴れますようにーーーー!!!




別窓 舞風りら コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
気合いだ!
2016-09-01 Thu 23:57



まーちゃんブログこうしーん!


ライヴまであと一週間のお話。

まーちゃんの文章を読んでいて。

なんだか、楽しそうな感じが伝わってくるじゃないですか。

忙しそうで、体調が回復方向にあるという内容なので余計にかな。

なんだか、こっちまで嬉しくなるねー。

まーちゃんは、楽しみなことがあると

熱が出ちゃうタイプかしら。

私は、寝られなくなるタイプです。

おほほ。


そして、またまたまーちゃんブログこうしーん!

バレエのレッスンのお話。

読んでいて。

まーちゃん、私の人生もレッスンしてくれないだろうかと。

いやいや、色んな影響は受けていますけどね。

きっと、生徒さんの心にも人生にも。

まーちゃんの言葉や、姿が残るだろうなあ。

影ながら生徒さんの夢を応援しております。


さてさて。

私の方はと。

頭の中のカレンダーがおかしい。

先輩に、火曜と水曜休みますというと。

「水曜と木曜って、言ってなかった?」

あ、ほんまや。

その週が、細かい予定が色々あって、

頭の中がこんがらがっている。

いかんいかん。

「この日があれで、この日があれやろ」

と、なぜか先輩の方が私のスケジュールを覚えているという。

もうひとつ、自分の性格を思い出したよ。

ボーッとするなー。

気合いだ気合いだ!

気合いで台風を飛ばさなくっちゃ。

また天気が悪いのねえ。

でも、天気なんて関係ありませんことよ。

楽しんで帰ります。

ホントに楽しみです。

別窓 舞風りら コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
 HOME