FC2ブログ
イナダヒメ。
2018-03-31 Sat 23:46



さてさて。

今日も始める、福岡備忘録。

観光もしっかり記録。

第一弾。


福岡の観光地を調べていて。

あ、名前が似ている。

行きたい。

なんて思い。


ということで、櫛田神社どーん!

博多のど真ん中にあります。

moblog_8fb3fbe4.jpg

イナダヒメ(クシナダヒメ)に、名前が似ているなんて、

不純な動機でこちらに来ましたが。

御祭神は、天照大神とスサノオのお二人。

過去には、イナダヒメもいらしたとか?

今は、居ないのかあと思っていたら。

山笠の物語の中にいました。

スサノオがヤマタノオロチを退治する場面。

左下にイナダヒメがいるよ。

山笠ってすごいね。

大きくてとても綺麗でした。

moblog_211d51bd.jpg



と、書いて今日はおしまい。


初日は、ステージを観るのがメインなので、

観光は控えめに。

まーちゃんファンのお姉ちゃんは、お仕事の都合上、

初日だけしか一緒に居られなくて。

次の朝は、時間差でホテルを出ようと。

そういう当初の予定でしたが。

私が途中で、おじけついた。

2日目の予定が重くなってきた。

たぶん、二度と来られないなんて思い。

過密な、観光スケジュールを立てたのよねえ。

自分に課したルールみたいに、段々しんどくなってきて。

まーちゃんファンのお姉ちゃんにずっと、

どうしょう?なんて言ってたりして。

行かない!短縮する!

なんて、決めた時の解放感。

何事もほどほどに。

体力もないんだからと。

観光を終えた今、思うのでした。

予定通りしてたら、無理だったわー。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
うまっ!
2018-03-30 Fri 23:58



さてさて。

今日から始める、福岡旅行備忘録。

食べたもの編。


念願でございました。

まーちゃんがお好きだと知ったのは、15年くらい前でしょうか。

それから、食べてみたいなあと思っていましたが、

福岡へ行く機会がなかなかなく。

やっと、やっと食べることができました。

ということで、鉄なべぎょうざどーん!

美味しい!

感涙です。

P1000946.jpg

P1000941.jpg

本当に美味しかったー。

多く見えるけど、ぺろりと食べられちゃう。

店内で食べていると、

「めっちゃ広い!めっちゃ広い!」

と、中に入ってきた関西弁の男性。

福岡まで来て、関西弁を聞くのかー。

と、思ったけれど、私も関西弁。

そういえば、まーちゃんファンのおねえちゃんは、

方言が出ないなあ。

私も無くしてしゃべろうと思うけど、出ちゃうのよね。

朝の6時まで神戸にいたんだもの。

と、書いていて。

こういう県民性かしらねー。

活気あふれる店内でございました。

店内に貼られている、まーちゃんの写真も見られて良かったです。


そして、水炊き!

おひとり様用のお鍋ってありがたいわ。

めちゃめちゃ美味しかった。

お出汁だけで飲めちゃうものね。

また食べたいです。

P1000859.jpg

そしてそして、いちごパフェ!

わーいわーい♪

P1000929.jpg


福岡に行くにあたって、いちごが有名なんだとそんなレベルで食べて、

美味しさに感動!

しかも、一個だけパクっと食べられるように、

大きないちごがまるまると。

マスターわかってる♪

また行きたいです。


そして、ラーメンも食べましたよ。

福岡県にしかないとんこつラーメン屋さんがいいと思い。

すごい、人気店。

ラーメンの麺が、めちゃ細いのね。

おそうめんくらい細かったよ。

おいしゅうございました。

P1010579.jpg

もっともっと、食べたいものがあったのですが。

それは、また今度行った時にしよう。

ステージを観ながら、その土地の美味しいものを食べる。

遠征の醍醐味ですな。

また、旅の備忘録は続きます。

ごらんなさい♪


別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
幕。
2018-03-29 Thu 23:32






まーちゃんブログこうしーん


シャンソンチケットのお話。

見た瞬間に、ほっ。


なんとなくですが。

文字や文面って、人柄が出たり、

色やその人の気持ちが出ていたりすると思うのですが。

まあ、このブログは当然、邪悪に満ち溢れていますが。


私には、まーちゃんのブログの文章がキラキラしているように見えて。

はーい、申し込みまーす。

なんて。

ここで愚痴っていたことなど過去の話。

単純に、嬉しい更新でございます。


そして、東京へ行ったらただでは、

帰らない関西人。

東京で、色々とやってみたいことがあって。

好奇心が勝つか。

体力の衰えに負けるか。

もうちょっと考えよう。

こうやって旅行のことも考える。

それもまた楽しいです。



さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。

ステージ最終章。

またまた、またまたAlexandriteさんのお写真をお借りして。

出典元を明記して、少し備忘録。


だいぶ、記憶が曖昧ですが、Alexandriteさんの写真を見ていると、

麻乃さんとまーちゃんの歌が終わって、そのままお二人はステージに残られて。

榛名さんが、「すみれの花」を歌いながら出てこられて、

宝塚フォーエバー♪も歌ったと思う。

そしてそのまま、カーテンコールなどのフィナーレを迎えたのでした。


bonds_17.jpg

bonds_5.jpg
 (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


と、書いて、福岡公演ステージ備忘録はおしまい。


書いていて思う。

めちゃくちゃ濃厚。

本当に、濃厚。

そりゃー客席で魂を抜かれて、フワフワもするさー。


カーテンコールに応えられるみなさまを見ながら。

お子様の手が離れたら、またこのようなステージに立って欲しいなあと、

美乃杏花さんを観ながら思い。

ダンスも素敵でしたもの。

神戸のこともよくブログに書いてらっしゃるから嬉しくて。

ダイエットもされて、すごく体を絞られて(もう少し太っても素敵ですよー)、

私なんて食べまくっていて、

どの口がやせたいなんて言うかという感じなのに。

みなさん努力されて、だからいつまでもキラキラしているんだなあと、

拍手をしながら思い。

また、私も公演を観に来られるように頑張ろう。

若水と福岡遠征で、一体いくら使ったのかしら?

日々精進、仕事も頑張ります。


濃厚なステージ。

幕が下りると寂しいね。

でも、幕が降りてから、ずーーーーっとまーちゃんファンのお姉ちゃんに、

福岡まで来て良かった!

って言ってたりしてね。

本当に、素敵なステージでした。


さて。

ブログは、旅の備忘録へと続き。

ただでは帰らない関西人の記録です。

素敵なステージをありがとうございました!

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
魂のステージ。
2018-03-28 Wed 23:33




まーちゃんブログこうしーん



若水ライヴショー、福岡公演のお話。

おおー。

まーちゃんのブログ更新、超嬉しい!

単純なもので、まーちゃんのメッセージを読むと、

すぐに絆される心。

悪口書いてごめんなさい。

消さないけどー。

お元気そうで良かった。

少し、余裕が出てきたのかなー。

写真もすごく素敵な写真。

ホント、素敵な素晴らしいステージでした。

こちらの方こそ、たくさんパワーをいただきました。

本当にありがとごうございました。



と、書きながらまだ、福岡公演の備忘録は続く。

またまた、またまたAlexandriteさんのお写真をお借りして。

出典元を明記して、少し備忘録。



○びっくりショー。

楽しいなあと観ていて。

男役さんの渦だったかな。

その中から現れた、司会の末央さん。

ショーステージをされる司会者の方なので、

司会だけでは終わらないとわかっていたので、

驚かなかったけれど。

燕尾服で、素敵に踊られて。

そのいくつかあとのショーの方が驚いたわ。

ユーミンの「真夏の夜の夢」の音楽に合わせて。

女性の姿になって、ワンマンショー。

楽しかったけれど。

私の頭が固いのねえ。

ちょっと、やりすぎだなあと思う場面も。

客席のご婦人や紳士の額やほっぺたに、

キスをするのは、ちょっとねえ。

3、4人にしてたかなあ。

たぶん、コンセプト的に悪夢なんでしょうけど。

物真似もねえ。

この会場が、末央さんのディナーショーなら何も思わなかったけれど。

いじられた少年、魂抜けていたなあ。

トラウマにならなきゃいいけれど。



○順番を少し変えて書いているから、あれなんですけれど。

いや、間違ったんですけど。


色んなショーを魅せていただきました。

どこが、終わりなんだか本当にわからなかったくらい。

男役さんだけの場面があったり、

娘役さんと一緒に踊られたり。

和の音楽が流れたステージの時の話で、

まーちゃんファンのお姉ちゃんが何か言ってたなあ。

有名なシーンなのかしら。

今度会った時に聞いてみよう。

素敵な、見応えのあるシーンばかりでした。

bonds_27.jpg

bonds_36.jpg

bonds_47.jpg
 (引用元:ALEXANDRITE NEWS)



○「麻乃さんが足りない」。

「舞風さんが足りない」。


と、思っていたら、ふたり同時にステージに出て来られたーーー!

きゃーきゃー!

眼福、眼福。

bonds_16.jpg
 (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


と、書いて今日はここでおしまい。



先に、麻乃さんが出て来られて、

その後を、すぐにまーちゃんが追いかけて来られて。

歌う曲は、ちゃららら~ららららら~♪

すみれの花がどうのというヤツ。

メロディは、解るが歌詞がイマイチ解らない。

でも、いいのだ。

検索せずに、あわーい、気持ちのままいよう。



まーちゃんが、誰かを立てるといいますか。

見つめるといいますか。

麻乃さんに最大限の敬意を払っているといいますか。

そういうの観るの、すごく好きなのよねー。

あんまり、ゴリゴリに前に出てくる人は苦手なので。


麻乃さんが、先にエプロンステージに出て、

それについていって。

帰る時も、先に送りだして、それから自分も出て行って。

麻乃さんだって、優雅で超素敵で。

圧倒的オーラで、超綺麗で。

いいわー、こんなまーちゃん大好き。

たくさん、観たかったまーちゃんを観ることができて、

本当に嬉しかったなあ。

ここで、魂の5分の1が抜けました。

これで、私の魂がゼロに。

私、客席でふわふわ。

ホント、福岡まで来てよかったーー!

Alexandriteさんの企画に間違い無し!

で、ございます。

さて、ステージ備忘録もそろそろ終わりへ。

もう少しだけ続きます。

ごらんなさい♪


別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
しょー!
2018-03-27 Tue 23:25




さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。

またまたAlexandriteさんのお写真をお借りして。

出典元を明記して、少し備忘録。



○エルアモール。

あずきさん、毬穂さん、美苑さんの三人。

この歌好きー。

リズムの取り方が独特だわー。

と、聞いていて。

あ、あずみさんの歌詞がぶっ飛んだ。

と、この歌は、もう覚えているので気がついたけれど。

普通にステージを観ていたら、わからなかったかも。

すぐに立て直して、歌も元に戻り。

苦悩の表情を浮かべて踊る、三角関係のダンスと。

お互いを必要として求めあい、

信頼して見つめあうダンスを踊られる、

山吹さんと綺華さんのの対比が面白い。

ジェンヌさんって、この歌好きだなーと思い。

もちろん、私も好きです。

bonds_13.jpg

bonds_43.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS


○ミーアンドマイガール。

鳴海さんと珠さんの可愛らしいお二人。

鳴海さん、さっきのトート閣下とは別人。

転生されて、客席に降りてきてくださったのね。

とっても楽しそうなお二人。

可愛らしいなーと思いながら、

麻乃佳世さんが、ミーアンドマイガールをされたと知っていたので、

これは、出られないんだなあと思い。

でも、今回の演出を考えたら出ないわね。

ここで、ちょっと「麻乃が足りない」なんて思い。

もっと観たい。

bonds_49.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)

○スカーレットピンパーネル。

美苑さんと椿さん。

まーちゃんファンのお姉ちゃんに、歌われた曲を教えてもらったのに忘れちゃった・・・。

いい雰囲気のお二人。

この後に歌う、まーちゃんが悲しげなスカーレットピンパーネルだったので、

ちゃんと、お話を知っていて、この舞台を観たら、

もっと違うことを感じたんだろうなと思い。

さすがのお二人でございました。

bonds_14.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


○明日へのエナジー。

この歌は、九城さんと毬穂さんばかりを観ていました。

多分、お二人が中心だったり、

高いキーの歌を歌われていたと思う。

やっぱり、久城さんキラキラ。

そんなことを考えながら観ていて。

2015年の別の長崎の公演でこの歌を聞いた時。

歌の途中で、まーちゃんがショートパンツで出てこられて、

すっごいダンスを踊られたのだ。

今も覚えている。

だから・・・今回も・・・来るか?来るか?!

と、観ていて。

来ませんでした。

bonds_29.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


と、書いて今日はここでおしまい。

「舞風が足りない」

もっと観たい!

と、思いましたが、 書いていて、すごいボリュームだなあと。

明日へのエナジーのパワーも凄かった。

でも備忘録は、まだまだ続くのよー。

盛りだくさんで、超楽しかった。

ホント、目も記憶のメモリーも足りないわ。

備忘録もまだ続く。

いつものことです。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
Alexandriteさん。
2018-03-26 Mon 23:28





さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。



その前に。


まーちゃんの出演情報があったよ!

タンゴの公演です。



見た瞬間に、おぉーーー!!

と、めちゃくちゃ慶んで。

踊るー!

まーちゃんが、踊るー!

でも、待って。

今まで、何回踊るかもと観に行って踊らなかった?

ビー、クールよ。

クールになるのよ。

なんて、何故かウエストサイドストーリーで落ち着いて。

それでも、押さえきれないニヤニヤ。

楽しみにしています。

チケット取れるかなあ。

最低1回は観たい!

不安です。



さてさて。

備忘録は、福岡公演に戻し。

こちらも、キタキタキタ!

Alexandriteさんの公式ページに、

福岡公演の写真がアップされました。

さすがAlexandriteさん!

今まで、私が書いてきたことを、

Alexandriteさんの写真をお借りして、

ちゃんと出典元も明記して、書いてみたいと思います。


歌った順番に、写真が掲載されていて。

オープニングのまーちゃん。

やっぱり、アイシャドーは少し濃い目ね。

bonds_2.jpg
           (引用元:ALEXANDRITE NEWS)

まーちゃんロザリー。

肩だしロザリー。

たぶん、大砲の音を聞いた瞬間の表情。

このあと、すぐに暗転。

普段使わない言葉だけれど。

「は?」

と、思った瞬間。

ごめんなさい。


bonds_40.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)

綺華さんの美しいトートダンサー。

moblog_ae388f83.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


そして、麻乃佳世様のエリザベート!

観てみてー!

めっちゃ綺麗。

多分、私にー!に入る直前じゃないかなあ。

美しいです。
bonds_10.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


そして、まーちゃんエリザベート。

素敵!

bonds_28.jpg

bonds_24.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)

bonds_25.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


そしてそして。

書いていて気が付いた。

鳴海様のトート閣下を書きのがしている・・・・。

なんということでしょう!

言い訳すると、宝塚の名曲特集だと思い込んだ。

いや、エリザベートのコーナーでした。

妖艶で甘くて、手から蜘蛛の糸が出て来そうな、

怪しげなトート閣下でした。

喜んで、毒牙にかかります。

bonds_20.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)

そして、まーちゃんのスカーレットピンパーネル。

やっぱり、グリーンのドレスで良かったかな。

本当に素晴らしかったー。

うっとり。

またぜひ聞きたいです。

bonds_15.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)

そして、麻乃佳世様のアヴェマリア!

美しすぎます。

うっとり。

超お綺麗です。

bonds_31.jpg
     (引用元:ALEXANDRITE NEWS)


と、書いて今日はここでおしまい。

まだまだ、写真を掲載してくださっていますが、

それは、今後の備忘録と共に。


いやー。

ALEXANDRITEさん、ありがとうございます!

あの感動再び。

そして、まーちゃんのドレスを見ることが出来て嬉しかったー。

ありがとうございます。

ALEXANDRITEさんの大きな公演は、全部行っておりますが。

全部、楽しい!

社長さんは、元ジェンヌさんのお方。

やり手だなあと思います。

今後も、ぜひ続けてください。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
しゃー!
2018-03-25 Sun 23:32







さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。

その前に、まーちゃんが先生をしているスクールのブログに、

まーちゃん登場だよ


文章がスゴいけど。

まーちゃん先生の姿を見て、私も頑張らねばと。

三月の最終週は、めっちゃ忙しいのだ。

仕事も人生も頑張ります。

しゃー!




さて。

備忘録は、福岡公演に戻し。

次に書きたいことは、もちろんまーちゃんのこと。

めちゃくちゃ良かったのだ!

曲名は、えっとー。

と、わからなかったので、まーちゃんファンのお姉ちゃんに教えて頂きました。

スカーレットピンパーネルより、「あなたを見つめると」です。



これが良かった!

エプロンステージで、ただ独りでライトを浴びて歌うまーちゃん。

本当にうまかったのです。



ドレスは、薄いグリーンのドレスに見えました。

でも、私の見る目は自信がないので(←金色のドレスに見える)。

初めて観るドレスに見えたなあ。

とてもお似合いでした。



スカーレットピンパーネルを観たことが無くて。

でも、なんだかぼんやり聞いたことがあるような、

不思議な感覚になったけれど。

だからこそ、まーちゃんの歌う歌詞がしっかりと耳に入ってきて。

愛し合った人と、いつの間にかすれ違い。

でも、自分にはまだ恋心が残っている歌。

ちょうど、まーちゃんの歌う表情が良く見える席に座っていたので、

とっても、気持が伝わってきて良かった。

実体験かしら?

とか、思うくらい。

うまい、うまいわー。

ホント、めちゃくちゃうまかったよ。

今、書いていても、歌詞もメロディも何も浮かんで来ないのです。

知らなかったから。

でも、目を閉じれば、

まーちゃんの表情、仕草、会場のライトがすぐに浮かんでくる。

それほど、この歌が素晴らしかった。

まーちゃんの気持ちを歌に載せる歌、すごく好きなのです。



最後の最後の盛り上がり。


エプロンステージから、タタタッと降りて、

客席で、最後の部分を歌われました。

おお、ドキッとする演出。

目の前で歌われたお客さん、うらやましい。

いや、直視できないから、座っていた席で良かったわ。

ずっと歌の世界に、入り込まれていて、

その世界を魅せてくれていて。

すごく良かったなあ。

歌い終えて、客席の通路を拍手の中、去っていくまーちゃん。

私も、まーちゃんの背中に心から心から拍手を送りました。

本当に、めちゃくちゃよかったのです。

魂、5分の1抜けました。

もう相当のふわふわ感です。




と、今日はここでおしまい。





いい歌声だったなー。


こういうのが、聞きたかった。

こういう、どっかーん!があるから、

いつもまーちゃんのステージを観ていたいなあと思うのです。


ちょっと、書いてしまいますと。

よく、まーちゃんのライヴとかに行って来ていると、

大体、構成が似てくるのです。

それは、あむろちゃんだってPerfumeだって同じですけれど。

名古屋、名古屋、東京と歌われた、

「世界で一番好きな人」もちろん良かったのですが。

一曲、このようにどかーーん!と来る曲を1回聞く方が、

めちゃくちゃ嬉しいかな。

あまだるーいのです、3回も聞くと。

まあ、あの歌は東京で歌うことを照準にされていたと思いますが。

練習の度合いもあるだろうし、色んな構想があるでしょうから、

客は、わがまま言えなくて。

だから、全部行きたくなっちゃうのよね。

まーちゃんのステージに。

よし。

頑張って、働こう。

私に出来ることは、それだけだな。

しゃー!



次は、どんな歌を歌われるのだろうね。

いつも、ステージを観に行くと、びっくりさせてもらえて、

いつも新鮮。

いつもワクワク。

楽しい、ファンライフを送らせて頂いています。

まーちゃん、ありがとう。


さあ残りの私の魂は、5分の1。

まだまだ、備忘録は続くのだー。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
あべまりあさん。
2018-03-24 Sat 23:07




さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。

エリザベートのコーナーが終わり、次に続くのは、

宝塚の名曲のとか、いい曲とか、いい場面とか。

順番が全く覚えていないので、これもまた好きなように書こうと思い。

そうすると、やっぱり浮かんでくるのは、

麻乃佳世様の「アヴェマリア」です。


麻乃さんのこと、大絶賛でございますわねえ。

福岡から帰ってきて、宝塚のことにめっちゃ詳しい同僚

(まーちゃんのことも詳しくて初舞台から観てる)に、


「福岡どうでした?」


と、聞かれて。

麻乃さんがね、こーであーで、それからこんなで素敵だったの!

とか、話していると。


「麻乃さんの話しかしませんねえ」


と、笑われたり。

なんとなく、会社ではあんまりまーちゃんの話はしないようにしているんだな。

なんとなく、脳みそが止める。

だから、ここでグダグダ語っているんだなあ。

ブログも12年目。

気持ち悪いです。

おほほ。



さてさて、備忘録は、麻乃さんの「アヴェマリア」に戻し。

本当に良かったー。

麻乃さんの「アヴェマリア」を聞くのは、二回目。

桂由美さんのショーの時にも、歌われていました。

その時は、ステージに素敵なドレスを着られた娘役さんもたくさんいて。

麻乃さんの歌声に合わせて、娘役さんたちがマリオネットのように、

ポージングを決めて、グラデーションのドレスが出来あがった時の会場のどよめきと、

感動は、今も覚えております。


でも、福岡公演では、麻乃さん一人の歌声。

本当に、素敵でした。

黒が基調のキラキラが付いた、マーメイドドレスを着られて。

スタイルもすごいわねえ。

お腹なんて、ぺったんこ。

細い手が宙を右へ左へ、優雅に動いて。

お顔も超美人で。

その時の麻乃さんの衣装は、麻乃さんのブログで見られるよ

まーちゃんもいらっしゃる。

まーちゃんの衣装もじっくり見たかったねえ。

ひとつ、初めて見るものだったような。

ここにも、誰の出演者のブログにも載っていない。

もう一度見ることは、叶わぬ願いのようです。


と、書いて今日はここでおしまい。


麻乃さんの歌声を聞きながら。

女の私がいう言葉じゃないんだけれど。

ええ女やなー。

なんて、つい思ってしまいました。

綺麗だけじゃなくて、「極上の品」があるんだもの。

女だって、その姿にうっとりです。


エプロンステージの上で、ただひとりで歌う「アヴェマリア」。

冷静に考えたら、「あー」と「アヴェマリア」しか言っていないのに。

それで場が持つ。

持つどころが、客席を魅了するんだもの。

すごい方だなあ。


褒めすぎ?

じゃあ、ちょっと意地悪目線で。


麻乃さんの歌う曲、全部大曲ばかり。

いい役、いい曲。

全部、オイシイのです。

でも、その与えられたことを、完璧にこなしてしまう。

完璧どころか、魂をまた5分の1ほど抜かれました。

なんだ、結局絶賛している。

ホント、すごいと思います。


まーちゃんも2011年のライヴで歌われていたなあ。

そのときのまーちゃんも、とっても素敵だった。

中毒性のある曲なのかしら。

その時より、格段に歌が素敵になっているのだ。

また聞きたいなあ。

たまに、会社の独身の同僚とあほな話をします。

孤独死が避けられないねと。

墓じまいをしなくっちゃとか。

遺骨は、海に散布するにも申請がいるとか。

私は、それプラス、まーちゃんにライヴをして欲しいなあと思ったり。

いくら、お金を払えばしてくれるだろうか。

なんて、あほなことを考えています。

あはは。

がんばって生きよう。


福岡公演備忘録。

残り、私の命が5分の2になりました。

普通に考えたら、あと2回魂抜けたのか。

もっと、抜けた気がします。

でも、神様のところに行って戻してもらったので大丈夫です。

早く、旅の備忘録も出来るよう書いていきます。

ごらんなさい♪


別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
バー。
2018-03-23 Fri 23:19


さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。

まだまだ続く、エリザベートの場面をしっかり記録。


〇闇が広がる。

トート閣下が光海さん。

細身で長身なので、真っ黒な衣装のシルエットも、

すごく映えるのね。

それでいて歌もうまいので、怪しさ倍増。

ルドルフは、久城さん。

公演を見終えて、くるくるぱーの私。

まーちゃんファンのおねえちゃんに、久城さんは男役さんの中で一番お若い?

なんて聞くと。


「久城さんは、まーちゃんより上の期だよ」


との言葉に、度肝を抜かれて。

めちゃくちゃ、若々しいのですよ。

笑ったお顔も、オーラもそこにいる姿も。

やっぱり、ジェンヌさんは妖精だわなんて思いながら。


そして、光海さん閣下のすごいところは、自ら手をくださないのだ。

トートダンサーズに、建守さんと綺華さん。

美しい!美しいのです。

怪しい動きのダンスも美しい。

お二人が会場に降りてきてダンスしてくださったのも嬉しかったなー。

エプロンステージに戻られて、お二人のトートダンサーズが、

ルドルフ久城さんを操って。

トート光海さんは、歌で怪しげな世界に連れて込んでいって。

あんまり動かない。

歌がうまくないとできない、こんな演出も面白いなあと。

やっぱり、闇が広がるもいい歌ねえと思うのでした。



〇キッチュ。

あずみさんと千珠さんの二人のルキーニ。

楽しかったー!

曲の合間のセリフには、福岡ご当地のネタを入れたりしてね。

スッポットライトは、九州電力だとか。

めんたいこの話とか。

客席も大ウケ。

お二人の歌を聞きながら、ふたりが経営するバーがあったら行ってみたいなんて思い。

客席を煽るのもうまいし、見ていて聞いていて、楽しかったし。

そうだ、エリザベートは、たくさん写真を集めさせて、

自分と見比べていたんだなんて。

エリザベートの話を思い出したり。

さすがのショーステージでございました。


〇夜のボート。

榛名さんと毬穂さんのお二人。

これが、情感たっぷりで良かったー。

歌詞もはっきり聞こえたし、

すれ違う二人の歌、人生を積んで歩んで経験していないと、

あんな雰囲気は出せないと思い。

この歌のハーモニーというか、歌が重なる部分って難しいと思うのよね。

下手したら、聞こえない。

でも、はっきりと聞こえて、なんだか心に染み渡りました。

お若い方の役作りとは、また違う。

これがOG公演の醍醐味だなあと思いながら。


と、書いて今日はおしまい。


エリザベートのコーナー。

本当に素敵でした。

また、エリザベートの公演が観たくなって来たほど。

東宝の公演、また観に行こうかなあ。

と、私は余韻に浸っていたけれど。

ショーはまだまだ続くのだ。

もう、福岡の公演から一週間かあ。

早いものです。

でも、まだまだダラダラ備忘録は続くよー。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
不思議なお人。
2018-03-22 Thu 23:30






さてさて。


今日も始める、福岡公演備忘録。

その前に、今日はまーちゃんは、シャンソンのお稽古だった模様

福岡の公演が終わって、宝塚受験生さんの指導をしながら、

また新たなお稽古。

とっても、忙しそう。


忙しそうなのは、わかっているので。

もう、公演のオフショットとかは諦めているので。

せめて、告知とチケットの取り次の「有無」だけをはっきりしてくれたらなあと。

有無だけでいいんですよ。

勝手に行くから。

何回も愚痴っているけど。

それさえ無ければ、スーパースペシャルなお人なのに。


今回、取り次いで下さると書いて下さっているので、

それ待ち。

取りつぐことを忘れていたら、たぶん行かないつもり。

ファンは、いらないのでしょう。

公演は、ゴールデンウィークまっただ中。

そろそろ、新幹線の予約が始まります。

その辺は、こちらの事情なのでいいと言えば良いですが。

もどかしいお人です。



でもでも、ステージはやっぱりスペシャルな方です。

麻乃佳世様の「私だけに」で魂を5分の1抜かれて(まだ生きている)。

目の前のエリザベートの名場面を観ながら、

頭の片隅で考えていました。


まーちゃんも、きっとこの場面に出てくるはず。

他に、何があったっけ?

と、考えながら、目の前のステージが楽しすぎてすぐに浮かばなくて。

音楽のイントロを聞いて思い出した!

おおーー!来た―――!

まーちゃんと椿さんで、「私が踊る時」です。

目の前に、まーちゃんエリザベートが居ます。



やった♪

大阪の熊本公演再び。

ものすごく、あの歌声が良かったのだ。

今回、また聞くことが出来るなんて感激。

ステージの上では、ダンスをされるジェンヌさんもたくさん出てらして、

目が足りない。

嬉しい悲鳴です。



「だれ?あなた」



の、気がついてからのまーちゃんのうんざりの表情も近くで観ることが出来て嬉しいなあ。

やっぱり、歌がうまいのです。



このお二人。

冒頭で、



「ごらんなさい♪ごらんなさい♪」



と、歌っていたお二人とは思えないね。

どちらも、一歩も譲らない。

余裕で、けしかける椿さんと。

それに対して、凛と立ち向かうまーちゃん。

いいわー、いいのよー。

歌のケンカ大好き。

幸せでございました。



と、書いて今日はここでおしまい。



大阪の熊本公演の時。

最後のじゃじゃーん!のところは、

まーちゃんが前を向いて、椿さんがその背中を見つめてという終わり方でしたが。

今回は、どっちも譲らないように見つめあっていた印象。

たぶん、まーちゃん全部裏声で歌われていたよね。

いつか、全部地声で聞いてみたいなあと思いながら。


私の観劇パワーが、残り5分の3になりました。

生きて、神戸に帰ることが出来たので良かったです。

ホント、椿さんトートも美しかったの。

もちろん、まーちゃんエリザベートも。

こうやって、不満も飛んでゆきますの。

お見送り時とかの、あの優しい笑顔にいちころよ。

好きになった私が悪いのよ。

そんな歌が浮かぶこのごろです。

ごらんなさい♪


別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
拍手。
2018-03-21 Wed 23:33






さてさて。


今日も始める、福岡公演備忘録。

備忘録は、エリザベートの抜粋ステージに進みます。



エリザベートのコーナー。

本当に、全部が素晴らしかった。

でも、歌った順番とか微妙に覚えていないので、

じゃあ、書きたかったことから書こうと思うと、

一番に浮かぶのは、やっぱり、麻乃佳世様の「私だけに」です。

本当に素晴らしかった。



白いドレスを着て、エプロンステージを歩む麻乃さん。

もう、美しくてね。

お写真などで見ると、可愛らしい感じのイメージをしておりましたが、

目の前に立つ姿は、クールビューティー。

割と目の表情がキツ目に見える、メイクのし方のように感じ、

それが今日の歌われた全ての曲と合っていてね。

ホント、誰よりも美しかった。

圧倒的オーラ。

ずっと、観ていたい気持ちになりました。



歌いながら、扉を開ける仕草がまた美しくてね。

両肘を左右に張って、大きな窓の引き戸を開く感じで。

ああ、エリザベートの外に出たいという感情だ。

なんて、その美しい動作に思っていたり。


私だけはー♪

と、歌が少し途切れる部分。

拍手が起きました。

歌はまだ続くのに、起きた拍手。

思わず出た拍手だろうなと、私はまだ麻乃さんを観ていて。



客席に背を向けて、空を見上げて、手を伸ばして。

エプロンステージを去っていく。

その時、エリザベートは、少しつまづいて。

ああ、いいなと思い。

おぼつかない足取り。

演技?ホントにつまづいた?

それもわからないほど。

空に手を伸ばす仕草も本当に綺麗で。

音楽もやっぱり好きな曲です。



そして、ステージに戻り、先ほどよりも力強い歌声になり。


最後の。



私にーーー!



というところ。

すごく伸びやかで綺麗だったー。

素晴らしかった。

たぶん、麻乃さんの声も、私が大好きなんだろうね。

うっとり。



その「私にー!」の場面。

劇場などで観に行くと、この歌「私だけに」の最大の見せ場の場面でしょう。

歌い終わって、ジャジャン!という終わりを感じてから、

拍手が起こると思う。

でも、この時は、麻乃さんがまだ歌い終えていないのに、

拍手が起きていたよ。

伸びやかな高音。

とても、聞いていて気持ちが良かったです。



そうそう。

ステージに、ジェンヌさんが登場したからって、拍手も起きない。

本当に、観客が拍手をしたい時に、拍手が起きる。

拍手ってそういうもんだよなーと思いながら。

私も、心から拍手をしたよ。

本当に良かった。


そして、まだ語る。

この「私にー!」の部分。

ステージ中央じゃなくて、ちょっと端っこで歌われたのよね。

その演出がなんか好きで。

もっと、聞いていたかったなあ。



と、書いて今日はここでおしまい。



大絶賛でございますねえ。

そんなに、「私だけに」を歌う方を聞いたことは無いけれど。

今までで一番好きかも。

まーちゃんもチャペルコンサートで歌われたけれど、

緊張のあまり、歌詞をめっちゃ間違えていたものね。

また聞きたいかと言われると。

んー。

よくわからない。

それほど、この曲ってすごくて、難しくて、

客席でだって聞いていて、力が入ると思うのだ。


本当に良かったなあ。

また、麻乃さんのステージが観たいです。

ええ、ファンです。

うっとりのまま終わります。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
発見。
2018-03-20 Tue 23:38




さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。

順番が曖昧なのですが、ベルサイユのばらの歌を、

出演者が少しのフレーズを歌いついで行って。

美しく~咲け~いつまでも~♪

の歌。

今日の出演者のみなさまの顔を、この時に覚えたりして。


そして、どこで入ったか忘れたけれど。

この赤いお衣装のとき。

毬穂さんの歌声が好きになったのだ。


赤いお衣装で、あああ~♪と、ソロの歌声。

すごーく高い、綺麗な声。

このシーンのこの歌のこの歌声。

公演ごとにされていると思うので、

何回も聞いているんだけれど、今日はとっても心地よくて印象に残って。


ベルサイユのばらのお芝居もすごく楽しんでしておられたし。

モンゼット婦人の「悶絶しそう」も楽しかったわ。

客席に降りてこられたときも、すごく丁寧で優しくてね。

エリザベートの「夜のボート」も情感たっぷりで、

すごくうまかったわー。

と、まーちゃんを追いかけて、新たに好きになる人を発見するのも、

とても楽しみなもので。


と、書いていたら、舞台の上にはマリーアントワネット登場!


麻乃佳世様ーーーーーーーーーーーーーー!


めっちゃ、綺麗。

ものすごい細いウエスト!

と、舞台が終わってから、まーちゃんファンのお姉ちゃんに興奮して話していたら。


「あの声、まーちゃんだったよね」


まじ?

気がつかなかった・・・・。


と、書いて今日はここでおしまい。


しまった。

殿のおなーりー。

みたいな声。

アントワネット様のおなーりー。

と、セリフは違うけれど、その声で麻乃佳世様のマリーアントワネット様が舞台の上に登場して。

娘役さん、まーちゃん以外、ステージにいたから、

まーちゃんの声で間違い無いのだ。

あーあーあー。

気がつかなかったよ。

もっと、集中しなければダメねえと。

麻乃佳世様のウィキペディアを読みながら。

なんと、本公演では、マリーアントワネットを演じていなかったのか!

あんなに美しい、オーラばっしばしのアントワネット様だったのに。

なんと、ロザリーですと?

と、驚いて。

多分、軍服やロザリーの衣装外は、

みなさんの自前の衣装だろうなあと思い。

そして福岡では、二人のロザリーがいたんだなあと。

それもこれまた興味深いと思うのでした。

ごらんなさい♪


別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ごらんなさい♪
2018-03-19 Mon 23:32



さてさて。

今日も始める、福岡公演備忘録。



第二部。

宝塚のOGさんによるステージ。

濃厚。

めちゃくちゃ濃厚でした。

大満足の時間でございました。



と、個人の感情で書くよりも、

数字に示した方がわかりやすいかな。

時間にして1時間40分ほどありました。

休憩無しのノンストップ。

いっぱい、ステージの山場があって、

いつ終わるのかわからなかったほど。


大阪であった熊本の公演のときの詰め込み方とはまた違って。

あれは、開演が説明も無く30分以上遅れたし、

それぞれの出演者が多すぎて、終電に乗り遅れそうで、

ステージを最後まで観ることが出来ずに、途中で帰ったものね。

その時とは、また違った濃厚さ。

私は大満足。

長いと思ったほど。

幸せの時間でございました。


このアレキサンドライトさん主催の大きなステージは、

全部観ていることになるのかな。


桂由美さんのファッションショー。

東京の薔薇とシンフォニー。

大阪であった熊本の公演。

それを、全部まとめたような福岡のステージでした。



宝塚OGステージの幕開き。

音楽は重厚な、愛~それは~♪が聞こえてきて、

始まる―と、ワクワクしていたら、

幕が、スーッと左右に開いて、

笑顔で立つ、まーちゃんと椿さんの姿が!


おおーーー!!

赤いバラのような、綺麗なドレス。

と、私も会場も拍手をして。

綺麗だ―、綺麗だわ。

美しい、そして、可愛い!

キャー!

来て良かった―!

と、喜んでいたら、急に曲調が変わって。

ポップな可愛い、曲調に。



「ごらんなさい♪ごらんなさい♪」



と、まーちゃんと椿さんの大人びた小公女と小公子。

やだー、可愛い!綺麗!軽やか!

幕開き。

さっそく、まーちゃんのお姿を観ることができるなんてね。

ハッピーハッピー。


と、観ていると、お二人が前に突き出たエプロンステージまで出ていらして。

近くで、まーちゃんを観た時に。

おや、お化粧が濃いわ。

なんて。



と、書いて今日はおしまい。



目の上の赤いシャドー部分だけ、すごく濃くてね。

出演者の誰よりも濃かったわ。

でも、ステージが進んでいくと気にならなくなって。

なんだったのかしら?

ライトの加減?


エプロンステージで、ごらんなさい♪と可愛く歌われながら、

前に出て来られたあとは、

早速、お二人とも客席に降りて来られて。

きゃーー、まーちゃん逆ー!

ファン除けセンサー発動。

と、下手側に座っていたので、まーちゃんは上手側に行かれましたが。

椿さんも美しいわ。

時が止まっているようで、フィギュアみたいな方ね。

本当に綺麗。

と、ステージに戻って行くお二人の背中を観ながら。

早速冒頭から魂を抜かれて。

夢見心地になるのでした。

好きなとこだけ、備忘録していきますー。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
んー。
2018-03-18 Sun 23:29







さてさて。

今日から始める、福岡公演備忘録。


福岡、めちゃくちゃ寒かった!

そして、めちゃくちゃ都会。

その辺りもまた記録するとして。




ポスターの写真。

moblog_b136be32.jpg


司会の未央さんが出ていらして。


最初にベルサイユのばらの抜粋シーンをすると言うと、

会場からおぉ~っと。

行ったのは、千穐楽なんですけど、

客席の反応良かったなあ。

末央さんが何をしても、盛り上がったりして。



私のように、千穐楽が初めてこの公演を観る人もいただろうし。

宝塚を初めて観る方もいただろうなあと言う感じで。

ワクワクするんだけれど、始めに否定的なことを書くと。



「ベルサイユのばらのお芝居の抜粋シーンは、いらなかった」



と、思ってしまったり。

ぎゃ。

初めてご覧になった方は、あの抜粋で何かわかったのだろうかと。

アンドレ出て来なくて、フェルゼンだったよ。

フェルゼンって、そこまで名が通っているんだろうか。

ベルサイユのばらで。



「エリザベート」の抜粋は、とっても良かったのです。

名曲の抜粋で、

この日歌った方、誰ひとり本公演でその役をしていないのに。

それでも、あれだけ素晴らしいショーを魅せていただいた。

だからこそ、ベルサイユのばらの芝居のシーンが残念に思えて。



榛名さんが初代オスカルで、一時代を築いて、

宝塚を牽引してきた重鎮だということは、充分承知しているのですが。

あのシーン抜粋の仕方では、違和感しか無かった。

榛名さんオスカルと、舞台にいる人たちと違いすぎるのです。

セリフ回しもたたずまいも何もかも。

オスカルを称えるセリフも辛いのです。



でも、ひとたび歌いだせば、ずんと心に響いてくる。

誰にもあの歌声は、出せない。

なぜ、その出演の仕方ではダメだったのだろうかなあと。



別に、榛名さんのシーンにだけ否定的では無いよ。

まーちゃんも、ロザリーのシーンをされました。

いきなり出てきて、ベルナールと口論のシーン。

ズドーン!と、大砲の音がなって、

あら、オスカル様が戦場に向かうダンスするのかしら?

と、思ったら、ベルサイユのばらのコーナーは暗転して終わり。

まじで?

と、何一つ、ベルばらの良いシーンが無かったわけですよ。

あんなロザリー観たい?

なんなら、無くて良かったよ。

ロザリーのシーン。



お衣装もなあ。

ベルサイユのばらのシーン、全てのお衣装が安っぽかった。

まーちゃんのロザリーだって、おかしかったよ。

そこまでして、なんでして芝居シーンをしたんだろうかと。

いや、する意味は、あったと思いますよ。

ただ、抜粋シーンがそこじゃない。

違うなあ。

と、観ていて。



と、ここまで書いて今日はおしまい。



あら。

最初から、否定だらけになってしまった。


でも、否定ばかりじゃないよ。

この公演のショーの一番最後の最後。

榛名さんが、歌われた「ひとかけらの勇気」。

ジーンと胸に響きました。

どんなOGが束になったって、榛名さんの歌声には敵わない。

榛名さんも、震災の経験者。

だから、客席に語りかけるように歌う歌声が、

一層と優しく聞こえて。



すみません、どうもチャリティ公演というものに、

斜めに構えてしまうので。

私の性格が歪んだのも、阪神淡路大震災のせいねえ。


明日からは、楽しい記録。

ベルサイユのばらも、好きなところだけ記録。

幕が開いて、一番最初が、まーちゃんと椿さんという幸せ!

備忘録しないでなるものかと。

勝手に思うのでした。

ごらんなさい♪

別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
最高でした!
2018-03-17 Sat 23:58


さてさて。

福岡のチャリティ公演に行ってまいりました。


福岡。

遠いです。

福岡。

約20年ぶりです。

期待値、そりゃーあがります。

そして、観たステージがどうだったかというと。


めちゃくちゃ良かったーーーーーーーーーーー!


       麻乃佳世 様ーーーーーーーーーーーーーーー!


という感じです。

終わってすぐに、隣に座っていたまーちゃんファンのお姉ちゃんに、

福岡まで来て良かった!

なんて言ったものねえ。

興奮しすぎです。

あは。


ちなみに、まーちゃんが「アヴェマリア」を歌われたと、

つぶやいている方がいますが、歌われたのは麻乃さんです。

絵も上手なんですが、顔が麻乃さんで衣装がまーちゃん。

完全に混同されていますが、本当に麻乃さんの歌に感動されたんだなあというご印象。

本当にめちゃくちゃよかったの!

また、しっかりと備忘録いたします。


もちろん、もちろん。

まーちゃんもすごく素敵でしたの。

初めて歌われた(私が聞いた)曲も、すごくよかったわー。

うっとりしました。

これもまた、しっかりと明日から備忘録です。


今は、とにかく疲れました。

観光でめちゃくちゃ歩いたので。

足が既に筋肉痛です。

しかし、本当に良い公演だったなあ。

もちろん、こうして欲しいな、という部分もありますが。

またのんびり備忘録です。

ごらんなさい♪


別窓    福岡復興チャリティーボンズ コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
また今度ね。
2018-03-15 Thu 23:46


さてさて。

今日も始めるホテル若水ライヴショー備忘録。

今日で終わりかな。

本当に楽しい二日間。

観光も美味しいものも食べたので、

しっかりと記録。


ということで、ルマンのタマゴサンドどーん!

感涙。

初めての出来立てを食べました。

めちゃくちゃ美味しかったです。

moblog_f8078930.jpg

そして、まーちゃんファンのお姉ちゃんおすすめのお店でパスタを食べて。

このお店に来ると。

この川、何川?

「武庫川!」

の会話を思い出します。

あは。

(写真失敗…泣)

そして、チーズフォンデュも食べ。

いつぶりだろう?

めちゃ美味しかった。

P1000619.jpg

と、書いていて食べてばかりだなあと。

ちゃんと、宝塚と神戸の観光もしましたのよ。


神戸は、とりあえず、私の地元。

異人館に行くなら、やっぱり、風見鶏の館とうろこの家かなと思い。

P1000624.jpg

P1000712.jpg


サターンの家の近くに来たときの会話が面白くて。

だいぶ、はしょるけど。

サターンの家には、座ると願いが叶う椅子があるよ。

「本当に叶うの?」

んー。

私が今、こんな感じ。


「じゃあ、今回はいいかな」


が、面白くてね。


だいぶ、話を短くしているのでちょっと違うけどね。

もう、日もくれて来たのもあったのよ。

やっぱり、心底信じていないとダメなのよ。

きっと。

神戸観光大使に就任失敗です。

おほほ。


じゃあ、間違いないのはやっぱりご飯!

名前を忘れたけど、美味しかったセットどーん!

にしむら珈琲本店に初めて来ました。

めちゃ美味しかったです。

P1000717.jpg


食べてばかりだねー。

どれも美味しかったし、どれも素敵な思い出。

これも、全部まーちゃんファンのお姉ちゃんのおかげ。

話してたんだけど、

人生で一番まーちゃんファンのお姉ちゃんと旅行をしているのよね。

一日や二日間のお話なので、人生のトータルで考えたら、

一番過ごした時間が短い友達かもしれないのに。

お互い、干渉しないのがいいのよね。

最低限のルールを守って、あとは自由。

後悔は、また私が寝落ちしてしまったことかな。

今度は、ちゃんとおやすみなさいを言えるようにがんばろう。

本当に本当に、まーちゃんファンのお姉ちゃんありがとう。

私が、楽しく観劇できるのも、

あなたのおかげです。



さてさて。

長くなったホテル若水ライヴ備忘録も終わり、

本当に最高の二日間でした。

お世話になりましたすべての皆様、

ありがとうございました。

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
贅沢な時間。
2018-03-14 Wed 23:58



福岡の公演は、二日目。

色々と、出演者の方がブログなどをアップして下さっています。

どんなステージなのかなあと想像しながら、

私はまだホテル若水さんのお話。


ということで、ホテル若水さんのの朝食!

美味しかったー。

moblog_46985978.jpg

moblog_c108ada4.jpg


違う席では、アンパンマン♪と聞こえて来たり。

思い出の朝食になりそうです。

moblog_871f9ab5.jpg


朝食のあとは、チェックアウトまでのんびりと。

ずっと、ホテルからの景色を眺めていたりね。

最近、どんどんと昔の記憶が薄れて行くのを感じていて。

いつか、この思い出も薄れて行くのかなあと寂しくなりながら。

moblog_12044620.jpg


だから、備忘録をしっかりしなくちゃ!



と、武庫川に誓い今日はここでおしまい。


本当に、ホテルでゆったりとした贅沢な時間を過ごしました。

たまには、こうやってご褒美をあげないとねえなんて。

お世話して下さった、お若い仲居さんからいただいたお手紙に、

とても嬉しくなるのでした。

moblog_1dd8925b.jpg


ホテル若水でお世話になりました皆様。

本当にありがとうございました!

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
てんてん。
2018-03-13 Tue 23:30






今日は、福岡の公演の初日。

鳴海さんのツイッターで、出演者の方の笑顔が見られるよ

さすが、鳴海さん。

鳴海さん、いつ寝ていらっしゃるのかしらーというくらい多忙に見えますが、

SNS発信もしっかりしてくださって凄いなあ。

ありがとうございます。

初日公演の幕開け、おめでとうございます。

まーちゃん、あむろちゃんだよー(まだ言う)。



さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。

素敵なホテルの記録もしっかりと。


ホテルで、ゆーーっくりとゆったりとした贅沢な時間を過ごしまして。

浴衣も可愛いものをまーちゃんファンのお姉ちゃんと選んだりして。

まーちゃんファンのお姉ちゃんは、着付けが出来るので、

私も着せてーなんて、両手を広げてお願いするまま。

そうすると、なんだか私の浴衣は、テンテンの丈だったという。

手も足も丈が短い。

あは。

それも思い出でございます。


そして、素敵な浴衣に着替えて頂くお部屋食は、最高!

しっかり、写真を撮りました。

おおー。

見た目からワクワクします。

moblog_510742aa.jpg

moblog_fcf7611d.jpg

moblog_c980dd8f.jpg

moblog_c5e406b8.jpg

お食事の用意をして下さった仲居さんが、きっと20代なんでしょうけれど、

とても話しやすい良い方で。

今の宝塚のお話を教えて下さったり、楽しい時間を過ごすことができました。

本当に、ありがとうございました。


そしてそして。

神戸牛どーーーーーん!

人生で、3回目かなあ。

やっぱり、美味しいのです。

P1000518.jpg

P1000521.jpg

すき焼きのお肉も神戸牛ですのよ。

P1000523.jpg

と、しっかりデザートまで頂いて。

moblog_20f7752e.jpg


もう、動けないほどの満腹感。

ごちそうさまでした。

最高に幸せだったけれど、何しに来たっけ?

はっ!まーちゃんとみわっちさんのライヴショーよ!

と。

慌てて準備するのでした。

お食事に、2時間くらいかけてたのかなあ。

そんな時間の経過を忘れるくらい、

最高のひと時でございました。

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
ふたつ。
2018-03-12 Mon 23:29






さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。


その前に。

まーちゃんが先生をされているスクールのブログに、

まーちゃんが登場だよ。



おお。

指導者の顔。

カッコいいなあと見ていて。

これが、七五三の話と段取りを間違えて帰ろうとした方かあと思うと、

ものすごいギャップだわ。

そこがいいのよねー。


しかし、まーちゃんもハードスケジュールだなあ。

若水のライヴショーがあって、宝塚受験の生徒さんの指導があって、

もう、福岡に現地しているみたいだし。

3月にライヴやステージのお仕事って発表があった時に、

ちょっと、びっくりしたものねえ。

ほんと、お忙しそう。

でも、鳴海さんのブログでは素敵な笑顔

楽しみしております。




さてさて。

ホテル若水のステージの上では、ランベスウォーク、へい♪

と、歌い終えて、まーちゃんとみわっちさんがステージを降りられました。


会場からは、アンコールの拍手。

なみえ、なみえ♪

違う、違う。

会場も暗くなり、普通にお二人を拍手で呼びます。

すると、聞こえてきたイントロ、フォーエバー宝塚。

調べてみたら、これって副題なのね。

本当の曲名は、「この愛よ永遠に -TAKARAZUKA FOREVER-」だそうで。

てっきり、フォエバータカラヅカが題名かと。

勉強します。

この曲を聞くと、ああ、終わりなんだなと思います。




前にも書いたけれど。

もう、終わりだと思うこの曲を作った人がすごいのか。

よく、ショーの終わりに使われている曲だから、

終わりだと思うのか。

学校の授業で習った、良い建物は、道案内が無くても、

お手洗いの場所がどこかわかる建物。

なんて、先生の言葉を思い出して。

まったく、関係ないけどね。

トークもショーも、時間配分も全て完璧。

お二人の笑顔を観ながら、やっぱりプロだなあと思うのでした。




と、書いて今日はここでおしまい。



フォーエバータカラヅカの時は、お二人とも羽根を手に持って、

歌っておられました。

客席に降りて来られたかなあ。

そこは、忘れちゃったけれど。


あれは、自前の羽根なのか。

それとも、劇団の物なのか。

それとも、ホテル若水さんの物なのか。


現役時代、ホテル若水さんで、よく宴会をされたそうで。

それは、絶対に絶対に、誰にも見せられないんだって。

当日の準備だったり、何もかもホテル若水さん女性スタッフさんがしてくださるそうで。

男性スタッフさんは、会場に入らないんだって。

そういう、気遣いも聞いていたので、

本当に、ホテル若水さんの羽根だったりしてなんて思ったり。

最高のホテルですもの。

ありえそうだわ。

なんて。

ちょっと、そのジェンヌさんの宴会も見たかったけれど。

お二人の最高の歌声、最高の笑顔で、ライヴショーは終わりました。



いやー。

本当に、あっという間の楽しい、素晴らしい時間でした。

終わった瞬間に、テーブルのマダム達とおしゃべり。

みなさん、興奮していらっしゃるようで。

あんまり、ここまで機関銃トークってないかもーと。

それほど、良かったのさーなんて思いながら。

やっぱり、宝塚っていいなあと思うのでした。

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
アンパンマン♪
2018-03-11 Sun 23:32





さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。

帰るのをみわっちさんに引きとめられて、まーちゃんは照れながら。

まーちゃんとみわっちさんが、舞台の上でこれから歌う曲のレクチャーをしてくださいます。

歌って下さるのは、ミー&マイガールより「ランベスウォーク」。

盛り上がる曲でございます。




確か、この部分で合っていると思うのですが。



ぐるぐるぐるぐる ㌧ へい♪



と、みわっちさんが教えて下さっている時に、

ちょうど聞こえてきた、小さな子供の声。

すかさず、聞き返すみわっちさん。



「あんぱんまん?」



なんて。

みわっちさん、よく聞き取れたなあと。

私には、わからなかったよ。

子供ちゃんが、あんぱんまーん♪と、声を上げていました。


もうそこから、会場が可愛い可愛いと全体的になり。

まーちゃんも、こぶしを空に突き上げて、



「アンパンマン!」



なんて、おっしゃったり。


このアンパンマンちゃんが可愛くてね。

子供用の浴衣を着て、とてもおりこうさんでライヴを観ていて。

愛想の良くて、可愛い子。

アンパンマンと言ったタイミングも、絶妙だったわ。

みわっちさんのお子さんと、ちょうど同じくらいの歳だそう。

だから、聞き取れたのかなあなんて思いながら。




きっと、覚えたての言葉がアンパンマンなのね。

次の日に、朝の食事のお部屋でも、アンパンマン♪と言っていて。

他のお客様にも話しかけられたり、

お風呂でも、アンパンマンちゃんだと、私が勝手に思ったり。

とても、可愛らしいアンパンマンちゃんでした。


このランベスウォークでは、会場をまーちゃんとみわっちさんは、

グルグル回って下さいました。

アンパンマンちゃんの近くに行った時は、お二人はどのような感じだったのかなあ。

私の席からは、ちょっと見えなくて。

きっと、優しいお顔をしていらしたんだろうなー。

私の席の近くに来ていた時には、

きっと、私はあほみたいな顔をしていただろうなー。

まーちゃんは、素敵な笑顔で、超可愛くて、超細くて。

指で㌧㌧♪

一生の思い出になりそうです。



と、書いて今日はここでおしまい。




余談ではございますが、

お見送りをして下さったときにもまーちゃんは、

アンパンマンちゃんに、



「アンパンマン♪、アンパンマン♪」



と、話しかけて、お子さんが好きなんだろうなーという感じのまーちゃん。

優しい笑顔でございました。


しかし。

アンパンマンって、すごいよねえ。

みんなが笑顔になれる。

これまた余談ではございますが、

神戸のハーバーランドのアンパンマンミュージアムに行くまでの道に、

アンパンマンの顔が、地面に埋め込んであります。

それを道しるべに、見つける度に喜ぶ子供ちゃんたち。

大人だって、その顔の上を踏む人は少なくて。

閑散としていたハーバーランドも、

今では、たくさんの家族連れで賑わっております。

アンパンマンさまさまでございます。

私は、アンパンマンを見る度に、

まーちゃんとみわっちさんの優しい笑顔と、

ホテル若水のライヴを思い出しそうです。

アンパンマン、へい♪

別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
可愛いお人。
2018-03-10 Sat 23:48

さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。

続いてお二人が歌ってくださるのは、

アラジンより「A Whole New World」。

こちらも、まーちゃんのライヴでお馴染みの曲です。


歌い始め、みわっちさんが歌うパートで。

綺麗な歌声、うまいなあと聞いていて、

浮かんでくるのは、長崎の公演のとき。


長崎のときもこの歌を歌われて。

急にキーを、ガクン!と下げて歌われた記憶。

違う。

絶対、みわっちさんは、元のキーで歌えるのに。

と、思ったことが蘇る。


そして今日は、どのように歌われるのかなと。

ドキドキと聞いていて。

その部分のパートに来たとき。


そのままのキーで歌われた!


やった!

こっちの方が好き!


なんて、聞いていたら。

まーちゃんが、キーを下げられたーーーー。


と、書いて今日はここでおしまい。


あー。

ここから勝手な空想です。


長崎の公演では、みわっちさんがキーを下げてこの曲を歌っていて。

男性と歌った時には、男性が少しキツそうに歌っていて、

ああ、この曲って難しいいんだと気がつき。

先日の京樹さんとのライヴでは、

お二人ともキーを下げて、アコースティックバージョンのように、

歌われておりました。

それは、それで新鮮で面白いなあと聞いていて。

二人共、下げるのなら、調整しているんだなーと聞けるんだけど。

どちらかが下げると、なんでや?

と、思ってしまう、素人の私。


この歌は、もちろん好き。

まーちゃんの伸びやかな歌声が好きで、

まーちゃんが会場を見る表情が、本当に空から客席を見ているようで。

実際は、私のぶっさいくな顔も見えているだろうにね。

だから、それを聞きたいのに。


下げると、調子悪いのなかーとか思ったり、

なんでだろうと思う、私の素人耳が違和感を感じて。

ハーモニーの曲だから、相手があることだから、

その時のお相手と、一番良い歌い方をされているとは思うんだけれど。

聞きたいのは、伸びやかな歌声なんだもの。

そして、出来る(←言葉が浮かばない)お二人なんだもの。

そこまでして、なんでこの曲を歌うのかなあと。


他にもいっぱいあるのになあ。

京樹さんと歌われた、「Beauty and the Beast」とか。

京樹さんと歌われた、「エメ」とか。

京樹さんと歌われた、あの日のライヴの曲全部とか!


↑ そのライヴの備忘録のときも書いたけれど。

本当に、すごく良かったライヴだったのです。

また、今年も開催してください。


なんて書いていたら。

舞台上のまーちゃんが、この歌を歌い終えて、お辞儀をして。

舞台を終えて、帰ろうとしたら。


「まーさん!まだ帰らないで!」


と、マイクで話しをながら、まーちゃんの腕を掴んで、

降りていくまーちゃんを止めたみわっちさん。

会場、大爆笑。


いやー。

まーちゃんのステージを、なんどか拝見させていただいてますが。

客席まで大きくわかるミスは、初めてじゃないでしょうか。

まだまだ、段取りがあるのに、

ひとりで勝手に帰ろうとする、まーちゃん。

もう、面白くて、恐縮するまーちゃんが可愛くて。

最初に、司会の方が読み上げた、まーちゃんのすごい経歴とのギャップ。

最高でございました。

みわっちさんも、可愛い可愛い、天然さんと笑っていて。

客席の方たちも、温かだったなあ。

まーちゃん、歌声は素晴らしくて最高でしたが。

意外と、さっきの七五三の話が、ダメージ が残っていたのかなあなんて思ったり。

なんか、歌について難しく考えるのも、まあええか。

そんな風に思ってしまう、まーちゃんの可愛らしさでした。

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
綺麗し可愛いし天然さん。
2018-03-09 Fri 23:38



さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。

続いてお二人が歌ってくださるのは、「愛あればこそ」。


宝塚を観に来たなら、やっぱりこの有名な曲がインパクトが一番あるでしょうか。

宝塚を観たたことない友達でも、なんだか歌えるものね。

なんだか、こんなイベントがあるようですわよ

宝塚のベルサイユのばらのイベント。

どんなイベントになるのかなーと思いながら。


と、お二人のベルサイユのばらの歌を書こうとして。

なんだか、この曲の記憶が結構飛んでいて。

あ、みわっちさんが衣装チェンジされたのがこの曲だったと思うわ。

最初の登場は、黒?紺?の軍服のようなお衣装で。

そして、この曲で白のオスカル様になられたわ。


なんで、この曲が記憶が曖昧なんだろう?

聞き惚れていたのかしら?

よく、会場を歩いてくださったので、

その姿を目で追いかけていて、忘れてしまっているのかなあ。

だって、お二人共しっかり顔を見てくださるんだもの。

ぽーっとなるわよ。

綺麗だし、可愛いし、かっこいいし、優しそうだし、やっぱりタカラジェンさんのオーラすごいし。


でも、この曲で会場を歩いてくださったのかしら?

さてはて。

よし。

次からは、どの曲で会場を歩いてくださったかも、

ちゃんと記憶に止めよう。


と、書いて今日はここでおしまい。


↑ すっごい曖昧な備忘録。


じゃあ、面白かったトークの話を書いてみよう。



何かひな祭りの思い出とかありますか?

と、まーちゃんにたずねる、みわっちさん。

あるわよーと、まーちゃんが話初めて。


「2歳下にね、妹がいてね」


「うんうん」


「私が3歳の時にね、妹が何もわからないぐでーっとした感じで連れて行かれてね」


「うんうん」


「次に私が5歳だったから、違うけとね」


「うんうん」


「妹が3歳の時に・・・ってこれって七五三よね?」


と、自分で気がつてい会場に聞くまーちゃん。

うなずく、会場のみなさん。

大爆笑でございました。


↑ 私の書き方が面白くないんだけどね。

ホント、すごく笑いが起きて。

座り込んで恥ずかしそうに笑う、まーちゃん。

フォローしながらも、可愛いと笑うみわっちさん。

まーちゃん、最後の方、泣き笑いしていたよ。

年齢が、細かく出だした頃から、ん?と思ったけれど。

ご自身で気がついてよかった。

どうやら、「千歳飴」のお話をしたかったそうで。

そもそも、スタートが間違っていたのねえ。

ひな祭りは、ひなあられか。

まだまだ、面白い話があるのよね。

それもまた備忘録です。


ずっと、優しく話を、うんうんと聞いていたみわっちさん。

ツッコミも優しいわと、思うのでした。

やっぱり、まーちゃんは可愛い天然さんです。

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
聞かせてよー。
2018-03-08 Thu 23:30






さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴ備忘録。



そうそう。

会場のテーブルの上には、まーちゃんが出演される、

5月のシャンソンのチラシがありました。

見ていると、4月にはみわっちさんも出演されるようだ。


おー。

と、見ていて。

同じ日に出演されるわけではないのね。

残念。



ということで、

ステージの上ではお二人のシャンソンの歌を聞くことができました。

このライヴに行く前。

どんな歌を歌われるのかなーと、勝手に想像をしていたのですが。

シャンソンと来たかー、なるほどー。

と、チラシを見ながら思い。

素敵なお二人の歌声に、ほわーんとした気持ちになりました。



でも、シャンソンの歌は全然知らなくて。

これから、勉強予定ですが、

まだ手もつけておらずー。



みわっちさん

  ↓

まーちゃん

  ↓

みわっちさん

  ↓

まーちゃん


の順に歌われ。




みわっちさん  ラヴィーアンローズ♪

  ↓

まーちゃん   きーかせてよー ♪

  ↓

みわっちさん  鐘がーなるー、鐘がーなるー♪

  ↓

まーちゃん   アマポーラ~♪




と言う感じで、メモを書いていた私。


曲名が直ぐにはピンと来ないのねえ。

後で、検索すればいいかとも思い。


でも、ライヴが終わった後。

ずっと、頭をグルグルしていたのは、



きーかせーてよー、にゃにゃにゃにゃーにゃーにゃーにゃー♪



の、まーちゃんの歌声だったりして。

歌詞を覚えよう。



アマポーラ♪



の間奏の時には、会場の中央で、

大きくお二人が踊ってくださりましたわよー。


みわっちさんが、まーちゃんの腰を支えて、

ちょっと、まーちゃんが体を反って、

スチャッとポーズ(なんていうの?)。

を、されていたわ。

美しい、ポーズでございます。



と、書いて今日はここで終わり。



でも、曖昧なのも嫌なので。



みわっちさん 「La Vie en rose(バラ色の人生)」

  ↓

まーちゃん 「聞かせてよ愛の言葉を」

  ↓

みわっちさん 「パリの屋根の下」

  ↓

まーちゃん 「アマポーラ」



と、書いていて。

長崎で聞いたメドレーと同じだわね。

シャンソンって、バチッ!とお気に入りの歌声の方が歌う曲と出会えれば、

好きになるかも。

聞いている時は、ふんわりといい気分になったし。

会場を後にしても、グルグル頭を周っていたし、

口ずさんでいたものね。


最後、ステージの上で、

歌いあげたまーちゃんの歌声が耳に残っています。

5月も楽しみにしています。

家にあるCDは、ジュリエット・グレコさんのものだけれど。

他の方も聞いてみようと思うのでした。

まーちゃんのCDも欲しいぞ。

アマーポーラー、アンパンマン♪

別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
好きな歌。
2018-03-07 Wed 23:40





さてさて。


今日も始める、ホテル若水ライヴショー。


まーちゃんとみわっちさんの今日のこの日の挨拶があったりしたのですが、

トーク部分は、また今度書くとして。

めっちゃ面白かったからね。

しっかり、備忘録したいわ。




ということで、続いて歌って下さるのは、

みわっちさんがお一人で、「Night and Day」。

ないたんでー♪



歌がうまいなあと。

こんなに近くで、みわっちさんの歌声を聞けるなんてね。

宝塚退団後、千葉・長崎、そして今回の兵庫と(行きすぎ)、

みわっちさんの歌声を聞きましたが、

やっぱり大好き。

甘くて優しくて、うまいのでございます。


髪形とかもじっくり見たりしてね。

長い髪の毛から、男役の姿に変わるには、

こうやって髪をまとめるんだーとか。

変に冷静になったり。

ふわふわしたり、落ち着いたり。

不思議な気持ちでございました。




引き続いて、まーちゃんが歌ってくださるのは、

クイズドレミファドン、「Part of Your World」。

リトルマーメイドの歌、まーちゃんのお好きな歌です。


イントロで早押しクイズができると、まーちゃんファンのお姉ちゃん。

それほど、まーちゃんファンにとっては聞き慣れた歌で。

私も客席で聞いていた、おっ来た。

と思うくらい、もう安心の曲。


なので、いつも髪形を見たり、表情を見たり。

「20個も持ってるの」と「足」の部分は、

今日はどうされるのかなーとか思ったりね。

定番の曲なんですが、ご本人が好きな歌だと、

何度聞いても、本当に好きなんだなーと、

こちらも嬉しくなるもので。

でもなー。

たまには、違う曲も聞きたいと思うファン心。

「Colors of the Wind」とかもよかったもの。

退団後、一発目のライヴで、地声であの歌声を聞いてから、

まーちゃん追っかけライフが始まったもの。

確か、いつぞやのブログにも書いたわ。

なんて、ちょっとわがままも思ったり。



あむろちゃんも(また挟む)、

よく、「Say the word」をライヴで歌われるのですが、

好きなのかなー、くらいの気持ちで聞いていたのですが、

息子さんへ向けた歌詞だと知って、なるほどなと。

作詞は、あむろちゃんですもの。

ますます、私も好きな歌になったという。



と、書いて今日はおしまい。



ほめすぎ?

まとまっていない、ぐるぐるファン心。

でも、後日、真逆のことも書くつもりで。

複雑な、生意気な、贅沢なファン心理です。



いつか、聞いてみたいなあ。

先日のライヴで、「封印していた」とおっしゃっていたリトルマーメイド。

封印を解いたのは、なぜですか?

やはり、大好きな歌なのですか?

まーちゃんは、舞台のリトルマーメイドをご覧になりましたか?

まーちゃんのおかげで、好きなディズニー映画になりましたよ。

私のイチオシは、悪役のアースラですけどね。

やっと、関西にリトルマーメイドがやってきます。

観に行くつもりです。

まだまだ備忘録は、続くよー。

アンパンマン♪

別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
危険な毒。
2018-03-06 Tue 23:24







さてさて。



今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。

会場では、まーちゃんの歌声が春の訪れを予感させるよ。

でも、まーちゃんが帰ってしまったせいか、

今、めっちゃ寒い。

ライヴショーを思い出して、暖まろう、温まろう。



まーちゃんの歌う、ふんわりピンク色が見える「すみれの花咲く頃」。

たまに、数字や音符に色が見える方がいらっしゃるそうですが、

こういうことかしら?とか思いながら。




ちなみにすみれの花は、部位によっては毒があるらしい。

兵庫県民やし、宝塚観に行っとこ。

で。

まーちゃんの毒にかかって、何年かしら?

笑顔でニコニコ。

まーちゃんの歌う優しい雰囲気に、酔いしれていて。

こんな毒なら自らかかるよ。

処方箋は、まだまだいらないわ。



これまたちなみに、あむろちゃんが歌うすみれの歌もあるのですわよ。

紫の危険なソースとか言う英語が出てくる、

ダークな歌でございます。

やっぱり、すみれの花はこれもまた毒だわと思っていると。




ばばーん!



と、みわっちさんが、会場の中央の扉から登場!

きゃーきゃー!

予想外♪

一気に視線が、みわっちさんに集まり、

やっぱり、スターさんだわー。

みわっちさんが歌う曲は、引き続き「すみれの花の咲く頃」。

リズムは、ジャズっぽく。

ちょっと、音楽のリズムの種類がよくわからないので、

これまた今度勉強しよう。

とにかく、カッコいいのです。



そして、男役の姿の時を可愛いと表現すると怒られたりするのかしら。

でも、優しい笑顔で客席のお客様を見る時の表情が、

ふんわりしていて、可愛らしいの。

すごくいっぱい、客席も通ってくれたのよ。

近くで見るたびに可愛いなあ。

優しそうだなあと。

これまた、みわっちさんの毒にひたり。

いや、言葉が悪いわね。

みわっちさんの魅力にやられたわよ。



と、書いて今日はここでおしまい。



みわっちさんが歌って、会場を回っていらっしゃる時は、

まーちゃんは、居なくて。

ステージに戻られると、2人で曲に合わせて踊って下さいました。


それを観た瞬間に、きゃーきゃー♪と。

まさか、踊って下さるとは思っていなかったので。

すごいヒールで踊っていらっしゃるなあとか。

身長差もいい感じで、息もぴったり。

宝塚っていいなあ。

やっぱり、猛毒だわ。


なんて。

踊り終えたお二人に、心から拍手をするのでした。

まだまだ続くよー。

アンパンマン♪

別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
キーワード。
2018-03-05 Mon 23:23





さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。



司会の方のお二人の経歴紹介が終わり、

静かになった会場に流れる音楽は、

すみれの花咲く頃。

音楽と共に、まーちゃんが舞台上に登場!



白いドレスのまーちゃん、可愛い!細い!

と、すごく嬉しくなって。

綺麗だなー、可愛いなーと。

まーちゃんの纏う、柔らかい雰囲気を観ていて。


段々と、落ち着いて観られるようになってきたら、

フッと浮かんだあのお方。

あ、あむろちゃん♪

Say the Word♪

なんてワードが浮かんだり。



真ん中で髪の毛を分けて。

後ろにグッとひっつめる髪形をしていらしたので、

いつもより、まーちゃんの目の形もグッと後ろに引っ張られているように感じて。

まーちゃんのお目目と言えば、ニコニコ可愛いアーチを描いている印象だったので。

その髪形と、目の感じから、勝手にあむろちゃんヘアーと思ったりして。



ええ、全然違います。

まーちゃんとあむろちゃんは、全く似ていません。


でも、最近、あむろちゃんの引退が近づいてきて。

ことあるごとに、なんだか連想するというか。

ひっつめ、ツインテール風。

まーちゃんの歌声に舞い上がりながらも、

ちょっと、余裕があったのかしら。

そんなことを思ったりして。



と、書いて今日はここでおしまい。



くだらないことを書いて全く進まなかった備忘録。

まーちゃんの歌声は、素晴らしかったわ。


声も伸びやかで、聞いていて、春の訪れを、

まーちゃんが知らせてくれるのだなーと。


小さくスイング出来そうなテンポの「すみれの花咲く頃」に思い。

一瞬で会場が、宝塚ワールド。

すごいものです。


まーちゃんの歌声って好きだなー。

やわらかーい、気持になるの。

お風邪の方も大丈夫そう。

マヌカハニーだっけ?

そんなキーワードもフッと浮かぶのでした。

アンパンマン♪




別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
風と共に。
2018-03-04 Sun 23:24





さてさて。

今日も始める、ホテル若水ライヴショー備忘録。


ホテルで過ごす時間が、本当に心地よくて。

到着してすぐに、こんなお抹茶もいただきましたの。

幸せでございます。

P1000452.jpg


こんなにゆったりとした、素敵な時間を過ごして。

何しに来たっけ?

と、ちょっと錯覚するほど。


いかんいかん。

ということで、ライヴチケットどーん!

素敵なライヴチケットです。

P1000449.jpg

エレベーターにも、会場にもポスターがあって。

次第に、今日はまーちゃんの歌声が聞けるんだなあと。

少し、実感してきたりして。

まだ疑っているのよ。

だって、こんな素敵なホテルに泊まることができるなんてー。

と、会場に到着。

この写真は、下見の時のもの。

ホテルで迷子になったら嫌だものね。

まーちゃんの名前、発見でございます。

P1000499.jpg


ショーがいよいよ始まるという頃。

開場は、満員でございました。

しばらく、立ち見の方がいらしたくらい。

可愛い、可愛いお客様もいたりして。

ガッツリ前の方に居るのは、宝塚ファンでしょう。

なんだか安心です。


司会の方が、簡単にまーちゃんとみわっちさんの経歴を読みあげて。

お二人とも、経歴がすごいわよね。

誰が、あの文章を考えているんだろうと思いながら。


さあ、会場のライトが消えて。

始まる、始まるわよーー。

曲のイントロが聞こえて、まーちゃんが白いドレスで登場!

あむろちゃーーーん!



と、意味のわからないことを吠えて、今日はここでおしまい。


いやー。

ショーを見てから、まだ会社に出社していないので、

まだ、余韻いっぱいの中に居ます。

このショーから帰って来て、一気に暖かくなりました。

まーちゃんが、関西に来ると春の嵐が来て。

去っていくと、暖かくなるという。

名前の通りですな。

とか、無理やりこじつけて。

まだまだ、備忘録は続くよー。

梅の花がちらほら。

この時期になると、ホテル若水で過ごしたことを思い出しそうです。

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
宝塚に来た。
2018-03-03 Sat 23:07



さてさて。

今日から備忘録をしていく、ホテル若水ライヴショー備忘録。

でも、いつものようにマイペースで記録。


ということで、宝塚大劇場どーん!

この角度から見上げる劇場は、初めてだなあと思いながら。

P1000432.jpg

しっかり、阪急電車との写真も撮り。

P1000437.jpg

ホテル若水さんに到着。

P1000602.jpg

タモリさんがご覧になっていた、宝塚温泉発祥の地も見たよ。

P1000603.jpg

チェックインをして、こんなお茶をいただけるなんて、思いもよらず、

めちゃくちゃ喜んで。

P1000452.jpg

お部屋からの眺めもすごい!

武庫川ビューだよ、ビュー!

と、テンションも上がり。

P1000589.jpg

と、書いて今日はここでおしまい。


私の脳みそが、年齢を感じ始めたので、

早く記録しなくちゃいけないんだけれど。

でも、いっぱい記録したいこともあって。

それもちゃんと書いていこう。


ロビーにあった、ショーの告知。

いい写真だわー。

P1000491.jpg

と。

ずっと、宝塚についてから、ワクワクしっぱなしの二日間なのでした。

アンパンマン♪


別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
最高の二日間。
2018-03-02 Fri 23:33

楽しかった二日間。

無事に、宝塚より戻ってまいりました。


いやー。

まーちゃんファンのお姉ちゃんと過ごす、

最高の二日間でございました。

ホテルも最高だったし、料理も最高だったし、

なにより、まーちゃんとみわっちさんのショーも最高でございました。


まあ。


ファンである私が、最高と書いても伝わらないかしら。

ならば、同じテーブルになった女性のお話。


すごく長く宝塚を観劇されているようで、

まーちゃんのこともとても詳しくて。


まーちゃんのことも好きであると前置きをしながらも。

現役時代は、あまり歌がうまくなかったやら。

あの役は、最悪だったやら(何度も書いているが私はあの役が好きだ!)。

かすみ草のイメージなんか無い。

本当は、黒いんだやらなんやら。


最初、違う人のことを、勘違いされているのかしらと思っていましたが。

まあ、イヤミの無いさらっとした機関銃トークで。

聞いていて、ああ、ファンのフィルター目線が無いと、

その様に見えるのかと、逆に感心したりして。


でもでも。

ショーが終わった第一声が、


良かったわ!まーちゃん、歌がうまい!


ですもの。


そうよー。

まーちゃん、歌も上手いのよー。

退団されて、さらにうまさに磨きがかかったのよー。

なんて、ほれみてみーなんて思ったり。


そのマダム。


早くいらっしゃい!!


なんて。

お見送りをしてくださっているお二人の場所へ、

私たちを手招きして呼んだりね。

ステージ中、ちょっといじられて喜んでたりね。

面倒見の良さそうなマダム。

満喫されたようなマダム。

じゃないと、東京から来ないわよね。

とても楽しまれたご様子でした。



ね。

すごく良かったのですよ。

たっぷり踊ってくださったしね。

歌もよかったしね。

トークも面白かったしね。

また、ゆっくり備忘録をしていきます。


みわっちさんのブログで、そのショーの様子がわかるよ。

まーちゃんが登場された瞬間に、

あ、あむろちゃん♪

なんてお思ったり。

この意見は、まーちゃんファンのお姉ちゃんの共感を得られていませんが。

また、そのことも書いてみようと思います。

絶対、共感の得られない、私の変わった直感です。



本当に楽しかったー。

今も余韻が一杯。

しっかり、記憶をしていきます。

アンパンマン♪




別窓    若水ライヴショー コメント:0 トラックバック:0 ∧top under∨
 HOME